本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



(プレスリリース)【2024年3月28日(木)ハコベルウェビナー開催】伝統と変革・挑戦〜Mizkanは新時代の物流をどう切り拓くのか
- 物流の見える化を進め、改善の歩みを続ける -<br /><br />物流プラットフォーム「ハコベル」を展開するハコベル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長CEO:狭間 健志、以下:ハコベル)は2024年3月28日(木)に、株式会社 Mizkan 生産物流本部 物流...
別窓で開く

(プレスリリース)“TNFD*1簡易診断サービス”の販売を開始
〜生物多様性・自然資本の情報開示に向けたスモールスタートを後押し〜<br /><br />株式会社建設環境研究所(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:浦川 雅太、以下 建設環境研究所)は、企業のESG*2に対応する“TNFD簡易診断サービス”の販売を開始します。...
別窓で開く

(プレスリリース)米国カリフォルニア州で自動車専用船からの排気ガスを回収・処理
2025年からの規制拡大に対応<br /><br />当社は、米国の船舶向け排気ガス処理事業会社STAX Engineering Pty Ltd.(スタックスエンジニアリング、以下「スタックス社」)と、船舶からの排気ガスを回収・処理する技術(以下「同技術」)の利用契約を締結し...
別窓で開く

(プレスリリース)花王、アジアおよび日本で唯一18年連続で「World’s Most Ethical Companies(R)」 (世界で最も倫理的な企業)に選定
花王株式会社(社長・長谷部佳宏)は、米国のシンクタンクEthisphere Institute(エシスフィア・インスティテュート)が発表した「World’s Most Ethical Companies 2024」(世界で最も倫理的な企業)に選定されました。花王は、2007年に同賞が創設されて以来、...
別窓で開く

(プレスリリース)一般消費者を対象とした製造・販売事業者として初めてプラ新法のプラスチック包装容器の回収における「製造・販売事業者等による自主回収認定」を取得
花王の茅場町事業場に設置している回収ボックス花王株式会社(社長・長谷部佳宏)およびグループ会社の花王ロジスティクス株式会社は、2024年3月に経済産業省、環境省より、花王の事業場および鎌倉市で実施しているプラスチック包装容器の回収において、「製造・販売事業者等による自主回収認定」を取得しました。...
別窓で開く

製品毎のサプライチェーン全体での排出量データの管理を促進し、低炭素社会の実現に寄与<br /><br />アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下、アクセンチュア)は、温室効果ガス(GHG)排出量の算定・可視化によるカーボンフットプリント対応...
別窓で開く

(プレスリリース)「ゴッホ・アライブ」福岡展
今夏、ついに 九州初上陸!!世界 100 都市を巡回し 900 万人以上を感動させた”新感覚の没入型展覧会”が、いよいよ福岡三越 9 階「三越ギャラリー」で開催決定!! <br /><br />(C)RB Create全世界 900 万人が感動した五感で体感する没入型展覧会九...
別窓で開く

(プレスリリース)歩行者が好んで選択する道順を可視化 —ジオテクノロジーズ、 街のウォーカビリティを測る指標「街歩きインデックス」を開発
計測が難しかった街全体の「歩きやすさ」を示すことで、空間整備の効果測定を可能に<br /><br />ESGメタバースカンパニーのジオテクノロジーズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長 CEO:杉原 博茂、以下「ジオテクノロジーズ」)は、当社が保有する人流データを活用...
別窓で開く

(プレスリリース)CO2排出量見える化・削減・報告クラウド「アスエネ」が、世界三大デザイン賞のひとつ「iF DESIGN AWARD 2024」を受賞
CO2見える化クラウドで世界初、国際的に権威あるデザイン賞で評価<br /><br />アスエネ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:西和田 浩平、以下「当社」)が運営するCO2排出量見える化・削減・報告クラウドサービス「アスエネ」はiF International ...
別窓で開く

(プレスリリース)【IR・SR/広報/経営企画担当者様必見!】ホワイトペーパー『これからの海外投資家に刺さる、ESGメッセージとは』を無料で公開中
IR翻訳に多数の実績を誇る翻訳大手の株式会社サン・フレア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:笹井紘幸)は、近年多くの企業や世界の投資家が注目をしているESGについてのホワイトペーパーを無料公開いたしました。<br /><br />英文開示が義務化され、ますます企業に対し海外...
別窓で開く