本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ネタバレサイト」にもメス——運営者ら2人を書類送検 ほか【中島由弘の「いま知っておくべき5つのニュース」2022/6/9〜6/16】
eHrach/Shutterstock.com 1. 「ネタバレサイト」にもメス——運営者ら2人を書類送検  すでに「漫画村」に代表されるようなコミック作品を無断...
別窓で開く

Emotet(エモテット)とは|対策と感染したらとるべき対処法を解説
パソコンの安全性を脅かすマルウェアにはさまざまな種類がありますが、近年は「エモテット」の存在が目立っています。エモテットの感染経路は巧妙で、対策をしていないと知らない間に感染する危険性が高く、エモテットに感染すると個人情報や機密情報が盗まれる可能性が高いので、あらかじめ対策しておきましょう。...
別窓で開く

「au/au PAY」「Amazon」「えきねっと」の3ブランドをかたるフィッシングが全体の約半数に。5月の報告数はやや減少も、引き続き注意を フィッシング対策協議会が5月の月次報告を発表
フィッシング報告件数(2021年6月〜2022年5月)  フィッシング対策協議会は、2022年5月のフィッシング報告状況を発表した。5月のフィッシング報告件数は8万8132件で、前月...
別窓で開く

サイバー攻撃を受けた日本企業、ここ1か月以内で3割! ロシアの逆襲か?【ウクライナ侵攻】
ウクライナを侵攻したロシアへの世界的な経済制裁包囲網に対する「逆襲」が始まったのだろうか。日本企業の「サーバー攻撃」の被害が急増していることが、帝国データバンクが2022年3月15日に発表したリポート「サイバー攻撃が多くなっています 1カ月以内に攻撃を受けた企業、約3割に!」のなかで、3割近くの企業...
別窓で開く

Emotet (エモテット)が再流行!恐怖のマルウェア対策は?
みなさんは、エモテットをご存知でしょうか?以前日本を騒がせていたコンピューターウイルスで、2021年1月に終息宣言があったのですが、最近になり復活しはじめています。エモテットに感染してしまうにはどうなるか?感染してしまったら?スマホは感染するの?感染しないための対策は?などエモテットに関する疑問点や...
別窓で開く

ピコ太郎も騒然の普段メールでやりがちな「PPAP全面禁止」とは何か
やや前になりますが、2021年1月下旬に「PPAP全面禁止」がTwitterトレンド入りしました。代表曲が同じく「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」であるピコ太郎氏がそれに反応して、PPAP全面禁止を発表したと報じられた日立製作所の「この木なんの木」の替え歌を披露し、こちらも話題になりました...
別窓で開く

ツイッター警部が教える年末年始の防犯あれこれ
 警視庁の犯罪抑止対策本部公式Twitterを「甲」として担当していた経験から、いつもなら「年末年始、こんな犯罪や事故が増えますよ!」というお話をしたいところです。ところが新型コロナウイルスの大流行で、2020年〜2021年の年末年始は今までと大きく違うものになってしまいました。それでも、気をつける...
別窓で開く


<前へ1次へ>