本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



音楽ジャンル別に聴き比べ!完全ワイヤレスイヤホン12モデル徹底レビュー【安くても傑作モノ】
【安くても傑作モノ】人気の完全ワイヤレスイヤホンは商品数が多く、自分に合ったイヤホンは見つけにくいもの。そこで評論家の折原一也さんに、1万円以下と1万円オーバーに分け、オススメをピックアップしてもらった。さらに実際にリスニングしてもらい、邦楽、洋楽、アニソンなど、楽曲ごとの印象や使い勝手などもチェッ...
別窓で開く

2021年は格安モデルも高機能化!6000円以下の買って損なし完全ワイヤレスイヤホン5選
【2021年人気アイテム総まとめ】いまやワイヤレスイヤホン=左右独立型の“完全ワイヤレスイヤホン”を指すようになりました。高価なモデルでは数万円クラスまで存在する完全ワイヤレスイヤホンではありますが、年々低価格化も進んでいます。昨年来、完全ワイヤレスイヤホンの低価格化を牽引していたのは海外メーカーで...
別窓で開く

ハイブリッドANC対応で7999円という驚異のハイコスパ完全ワイヤレス
人の多い都市部で生活していればどうしたって生活ノイズが多いもの。移動中に快適にプレイリストを楽しんだり、自分の仕事に集中したいと考えるなら、ワイヤレスイヤホンにANC(アクティブノイズキャンセリング)機能は必須です。そこで紹介したいのがEarFun Technologyの完全ワイヤレスイヤホン最新モ...
別窓で開く

価格以上の高機能か!? 話題の低価格ワイヤレスイヤホン9選【価格破壊なヒットモノ実力診断】
【価格破壊なヒットモノ実力診断】完全ワイヤレスイヤホンが普及する中で、最近目立つようになってきたのが低価格モデル。数千円程度でも高性能・多機能を謳うものが多いが、実際の実力はどれほどなのか? 日々さまざまなモデルを手に取るオーディオのプロにその真価を聞いた。*  *  *完全ワイヤレスイヤホンが広ま...
別窓で開く

風切り音も自動でカット!独自ANC搭載で7999円のハイコスパ完全ワイヤレス
完全ワイヤレスイヤホンは、価格帯が数千円から数万円と幅広いうえ、素人にはその差がなかなかわかりづらいもの。機能と価格帯を比較し、自分好みのリーズナブルで機能に満足できるモデルを見つけられるとうれしいものです。そんななか、EarFun Technologyより完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Ai...
別窓で開く

フタなしケースの「JBL Wave100 TWS」はイヤホンが落ちないのか!? いろいろ試してみた
【イヤホンレビュー】完全ワイヤレスイヤホンで世界的に人気を高めてるブランドが米国の老舗JBLです。最新の「JBL Wave100 TWS」は実売価格5500円と本格的にエントリー価格帯を取りにきた戦略モデルなのですが…製品パッケージを見て疑問が。パッケージ写真の充電ケースにフタがないんですよね。...
別窓で開く

1万円ちょいで強力ノイキャン&連続18時間再生!AVIOT「TE-D01t」は超高コスパ!
<イヤホンレビュー>完全ワイヤレスイヤホン市場のなかでも、日本人向けにチューニングされたサウンド、最新技術の投入、数々のアーティストコラボで独自の存在感を放つAVIOTから、ノイズキャンセル搭載の「TE-D01t」(1万890円)が6月30日に発売されました。...
別窓で開く

7000円台でこのクオリティ!もはやサブ機レベルじゃないよね!
日本人向けのサウンドと、高いコスパに定評がある国産オーディオブランド・AVIOT(アビオット)から、完全ワイヤレスイヤホンの新たなエントリーモデルとなる「TE-D01q」(7590円)が登場。この価格帯ながら、喧騒の中でもどっぷりと音楽に浸れる、本格的なノイズキャンセリング機能を搭載しています。...
別窓で開く

上質感とハイクオリティな音質が奏でる最高の音楽体験
イギリス生まれの名門オーディオブランド・Bowers & Wilkinsより、ブランド初となる完全ワイヤレスイヤホン2モデルが登場。とりわけ注目を集めているのが、フラッグシップとして位置づけられる上位機種「PI7」(実勢価格:4万4000円前後)です。同社としても「異例の長さ」という開発期間...
別窓で開く

Apple以外で初!失くしても「探す」で追える完全ワイヤレス
iPhoneユーザーだけどワイヤレスイヤホンはサードパーティー派、というみなさん、悲しいのはイヤホンを失くしてしまったときではありませんか? このときばかりは、Apple製デバイスを見つけるApple Find My機能で探せる純正イヤホンのAirPodsがうらやましいと思うでしょう。そんな声を受け...
別窓で開く


<前へ12次へ>