本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カメラ、折り畳み、ゲームetc. スマホは“機能特化型”に注目【令和の新殿堂入り傑作モノ】
【令和の新殿堂入り傑作モノ】進化し続けて現在は成熟市場となりつつあるスマートフォン。現在はどのモデルも多機能化が進み、付加価値を高めるための尖った機能が搭載され始めている。そんな次世代を担うスマホを紹介。*  *  *この10年もっとも進化したモノのひとつがスマートフォンといえるだろう。...
別窓で開く

ミルスペックなBRIEFING×ROOT CO.コラボケースで大事なiPhone 14を保護!
大幅性能アップしたカメラ機能、インカメラと連動する新たなUI“Dynamic Island”の登場など話題豊富な最新iPhoneことiPhone14ですが、もう一点、良くも悪くも話題となったのがその価格。折からの円高で仕方がない面もあるけれど、もはや冗談抜きでPC1台買えてしまう値段です。...
別窓で開く

「iPhone 14」日本でも売れてない 変化目立たず値下げした「13」へ流れる
米アップルが「iPhone 14」の増産計画を断念——2022年9月28日、米ブルームバーグがこう報じた。「期待していたほど需要が伸びないこと」が理由という。今後最大600万台の増産を計画していたとのことだ。記事は、26日付の米ジェフリーズ証券の報告を紹介。...
別窓で開く

【発売開始】iPhone 14発表!新機能やカラー、発売日など最新情報まとめ
日本時間2022年9月8日午前2時からのAppleイベント「Far Out」にて、iPhone 14シリーズが発表!新モデルや新しい機能、スペック向上などさまざまな発表がありました。今回はiPhone 14シリーズのスペックや特徴をご紹介していきます。...
別窓で開く

「iPhone 14」にはない機能が付いた「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」は買いか?
早い人なら既にiPhone 14シリーズを入手している頃でしょうが、今年は円安の影響もあって、慎重に見定めている人も多いことでしょう。ここでは、iPhone 14シリーズのうち、ハードウエア面の改良が多かった「iPhone 14 Pro/14 Pro Max」に焦点を合わせ、使用感をレビューしたいと...
別窓で開く

アップルは同社の主力商品である新型スマートフォン、iPhone 14シリーズを発売する。4モデルのうち、iPhone 14 Plusを除く3モデルが、2022年9月16日に販売開始となる。今回の新製品の価格と特徴を以下にまとめた。・ iPhone 14 11万9800円〜。6.1インチディスプレーと...
別窓で開く

iPhone 14シリーズ発表! 予約前に確認したいポイントをチェック
Appleから「iPhone 14」シリーズが発表されました。iPhone 14およびiPhone 14 Plusでは、A15 Bionicチップを採用し、1200万画素の広角と超広角カメラを搭載します。衛星通信機能など新機能も搭載されますが、日本では未対応です。...
別窓で開く

子育てあるあるに共感 「息子の撮影による床969枚を削除」
 大人たちが触っているからかなのか、小さい子どもはスマホが大好き。置いたまま席を外すと、戻ってきたときには子どもがスマホを手に取って、ゲームをしたり動画を見たりしている、というのは子育て中のパパママであれば誰しも一度は経験があるはず。 中にはカメラを起動して、家の中のあらゆる場所をパシャパシャと撮影...
別窓で開く

「聞き取りにくいんですけど…」をノイキャンで防いで会話はスムーズに!
自宅でのオンライン会議中に、隣の部屋から掃除機の音がブオォォーン! これでは会議どころじゃないし、かといって掃除を中断させてしまうとちょっとギクシャク…。それならノイズキャンセリングで周りの雑音をカットしちゃいましょう!クリエイティブメディアから発売されているハイレゾ対応USB DAC「Sound ...
別窓で開く

あと何%?残量表示付きモバイルバッテリーで充電忘れを防ごう
ちょっとした旅行や出張など、スマホと一緒に携帯することも多いモバイルバッテリー。しかし、いざ使おうと思ったら充電の残量が分からない、そもそも充電していたか分からないなんてことはありませんか?日程が決まっている旅行なら準備できますが、急な出張だとモバイルバッテリーの残量も気になるところ。...
別窓で開く


<前へ1次へ>