本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



(プレスリリース)RATEL所属のeスポーツキャスター「けーしん」が、Apex Legendsのコミュニティeスポーツ大会「OCS CUP」に実況として出演
2月18日にOCS e-Sportsが主催するコミュニティeスポーツ大会!!<br /><br />この度、株式会社RATEL(本社:福岡市中央区、代表:吉村 信平 https://ratel.games/ )所属のeスポーツキャスター「けーしん」が、eスポーツチーム「OCS...
別窓で開く

(プレスリリース)ITインフラの“体調”を一元監視で早期に異常検知
ダッシュボードを2月14日から無料で提供開始<br /><br />DX支援を手掛ける株式会社メタップスホールディングス(渋谷区、代表取締役社長 山崎祐一郎)は、AWS(Amazon Web Services)やその運用に必要な複数の監視SaaSデータを横断して一元監視できる...
別窓で開く

(プレスリリース)インターナショナルSOSが「リスクマップ2024」日本語版をリリース
〜世界中で増え続ける医療とセキュリティのリスクに加え、気候変動の脅威も一目瞭然に〜<br /><br />世界中で働く従業員の健康と安全を支えるインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役 マーク・アタウェイ)は、このたびリスクマップの2024年版(日本語-...
別窓で開く

(プレスリリース)【小樽洋菓子舗ルタオ】新千歳空港限定の新商品「まああるブランシェール」を2月15日より販売開始!
ルタオ(運営:株式会社ケイシイシイ)」は2024年2月15日(木)より、新千歳空港限定の新商品「まあある ブランシェール」を販売いたします。<br /><br />北海道産ミルクのコクとナッツの香ばしさが広がるクランチチョコレート北海道産全粉乳を使用した甘さ控えめのホワイトチ...
別窓で開く

100万枚超えのヒット。キットカットと"シュガーバターの木"のコラボ商品、あなたは知ってる?
「東京ばな奈」や「シュガーバターの木」などを展開するグレープストーンは、現在発売中のネスレとコラボした「キットカット ミニ シュガーバターの木味」の販売店舗を拡大しています。■お土産やバレンタインとしてもおすすめ2023年11月に発売した「キットカット ミニ シュガーバターの木味」は100万枚を突破...
別窓で開く

(プレスリリース)「けーしん」がSnapdragon Pro Series Powered by Samsung GalaxyのCall of Duty(R): Mobile Challenge Seasonに出演
けーしん、Tinproの実況解説コンビが復活!<br /><br />この度、株式会社RATEL(本社:福岡市中央区、代表:吉村 信平 https://ratel.games/ )所属のeスポーツキャスター「けーしん」がシューティングゲーム「Call of Duty(R): ...
別窓で開く

(プレスリリース)両備ホールディングスがインバウント集客をサポート 国内新サービス・中国人観光客向けJapan coupon(JP酷鵬)の日本総代理店に
2月1日(木)からサービス開始 加盟店募集中<br /><br />両備ホールディングス株式会社(本社:岡山県岡山市北区下石井二丁目10番12号 杜の街グレース オフィススクエア、代表取締役社長:松田敏之)は、JPTDI株式会社(青島優加国際旅行社・山東澎聚网??媒集団・青軟...
別窓で開く

(プレスリリース)CTCテクノロジー、AIを活用したマネージドサービスを提供
機械学習でアラートを判断し、サービス品質の更なる向上を図る<br /><br />伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守・運用サービスを手掛けるCTCテクノロジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松丸 達也、以下:C...
別窓で開く

11人の偽警察官が本物の警察官に強盗 国民ら「この国は世も末」(南ア)
警察官を装った犯罪者による家宅侵入や強盗といった事件が珍しくない南アフリカ。一向に治安改善の兆しが見えないなか、ついには偽警察官11人が本物の警察官を襲うという強盗事件が発生した。国民からは「ニセ警官が本物の警官を襲う、世も末の国」「この国では政治家ですらニセモノだ」といった怒りと嘆きの声があがって...
別窓で開く

ハイテクさが増す一方で武骨なアイテムも登場した1980年代。懐かしいダウンアイテムを紹介!
ウール全盛の時代に軽くて暖かいグースダウンを封入するという革命を起こしたアウトドアブランド 「エディー・バウアー」。そこから端を発した偉大なブランドヒストリーは、1960年代にはアンダーウエアや靴にまでバリエーションが広がり、1970年代は柄や色が進化を遂げた。続く1980年代はハイテクさが増す一方...
別窓で開く



<前へ1234次へ>