本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジョーダンとの共闘を経て成長したハミルトンが当時を回顧「GOATから学べる。最も偉大な経験だった」<DUNKSHOOT>
デトロイト・ピストンズの2004年のNBA制覇に貢献し、フランチャイズの永久欠番(32番)にもなっているリチャード・ハミルトン。現役時代、リーグ指折りのミドルレンジシューターとして名を馳せた彼が開眼した要因には、“神様”マイケル・ジョーダンの存在があったという。...
別窓で開く

レブロン、コビー、ガーネット…錚々たるメンバーが揃う“高卒出身”のベストメンバーを発表!<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとって“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを世界最高峰の舞台に送り出してきた。...
別窓で開く

「馬鹿げている」殿堂入り名手が“GOAT論争”に苦言「チームスポーツで歴代最高のプレーヤーは選べない」<DUNKSHOOT>
“GOAT論争”(GOAT=Greatest of All Time/史上最高の選手の意)は、スポーツ界には付き物だ。NBAでは、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、コビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)を中心にこれま...
別窓で開く

「ジョーダンが史上最高との意見には賛同できない」大胆発言のドラ1ルーキー・カニングハムは“GOAT”にレブロンを推挙<DUNKSHOOT>
8月20日(日本時間21日、日付は以下同)、NBAは今季レギュラーシーズンの全日程を発表。2021−22シーズンは、各チームとも従来通りの82試合が組まれることとなった。2021年10月19日から2022年4月10日の約半年間にわたって繰り広げられる公式戦は、ベテランからルーキーまで、すべてのNBA...
別窓で開く

【NBA名脇役列伝・前編】無類の勝負強さを誇った“ビッグショット・ロブ”。オリー伝説の幕開けは1994年プレーオフ<DUNKSHOOT>
選手の優秀さを論じる際に、優勝回数が根拠に挙げられることがしばしばある。いわゆる“GOAT論争”でも、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)がレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)より優れている点として、ファイナルでの戦績を根拠とする意見は少なくない。...
別窓で開く

“神様”ジョーダンと“キング”レブロンの『GOAT』論争。名手レイ・アレンの見解は?〈DUNKSHOOT〉
3ポイント通算成功数でNBA歴代トップ(2973本)に立つレイ・アレンは、“神様”マイケル・ジョーダンと“キング”レブロン・ジェームズの両者と対戦した経験を持つ数少ないプレーヤーだ。そんな殿堂入り名シューターが、“GOAT(史上最高の選手)...
別窓で開く


<前へ1次へ>