本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



NBAの歴代“ベストジャーニーマンチーム”を選定!MVP経験者から優勝請負人、稀代の問題児まで多彩な顔ぶれに<DUNKSHOOT>
間もなくFA市場が解禁するNBA。シーズン中のトレードも含め、選手の移籍が頻繁に起こるリーグでは、いつの時代も複数のチームを渡り歩く“ジャーニーマン”が存在する。『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが、今回は各ポジション...
別窓で開く

止まらないシャックのゴベアに対する“口撃”「彼が2億ドルを稼いで、俺がハッピーだと思うか?」<DUNKSHOOT>
2020−21シーズン開幕前に、ユタ・ジャズと5年2億500万ドルの超大型契約を締結したルディ・ゴベア。リーグ最高級のディフェンシブビッグマンが高額サラリーを得たことについて、シャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)はこれまで数々の“口撃”を仕掛けてきたが、20...
別窓で開く

デュラントがバークレーの“バスの乗客”発言を一蹴「どの選手よりも自分が優れていると感じてるよ」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントにとって、今季は不本意なシーズンとなった。 ビッグ3の一角カイリー・アービングは新型コロナウイルスに対するワクチン未接種問題によりわずか29試合の出場にとどまり、ジェームズ・ハーデンも2月のトレード・デッドライン当日にフィラデルフィア・セブンティシクサーズへ移...
別窓で開く

“ポスト・ジョーダン”からいつしか“過去の人”へ。故障にすべてを奪い去られたペニーのキャリア【レジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
■ジョーダンに代わる広告塔からいつしか“過去の人”へ 1995−96シーズンのオーランド・マジックは、大黒柱だったシャキール・オニールが開幕から故障のため6週間にわたって戦列を離脱。これによって苦戦が予想されたチームを救ったのは、アンファニー・ハーダウェイの八面六臂の活躍だっ...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く

「ウォリアーズファンが嫌い」ご意見番バークレーが放言連発!「どっちが勝とうがどうでもいい」<DUNKSHOOT>
現地時間5月22日にダラスで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとダラス・マーベリックスによるウエスタン・カンファレンス・ファイナル第3戦は、109−100でウォリアーズが制した。 マブズはルカ・ドンチッチが2戦連続の40得点超えとなる40得点に11リバウンド、2ブロック、スペンサー・ディンウ...
別窓で開く

ドラフト3位指名から“神”になったジョーダン、7位指名でNBAの頂点に立ったカリー…“ドラ1以外”のベストチームを選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれ、その年の最高の選手が1番目に名前を呼ばれてきたが、下位指名でスーパースターに成長し、最終的に1位選手以上の成功を収めた選手も少なくない。...
別窓で開く

スタークス、ビッグベン、ヴァンブリート…苦境から這い上がった“ドラフト外最強チーム”!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌1947年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

御意見番バークレーがデュラントの“優勝功績”に疑問「ウォリアーズ時代の彼は“運転手”じゃなく“乗客”だ」<DUNKSHOOT>
プレーオフ1回戦でボストン・セルティックスと対戦しているブルックリン・ネッツだが、第3戦を終えた時点でシリーズ戦績は0勝3敗。いまだ1勝もできず、このままでは今年の1回戦では東西唯一となる、屈辱のスイープ負けを喫しかねない状況に追い込まれている。 第2シードのセルティックスに対し、ネッツは第7シード...
別窓で開く

プレーオフ史上最も多く“スウィープ負け”を喫した選手は?トップには意外なレジェンド選手2人の名前が<DUNKSHOOT>
現地時間4月16日(日本時間17日、日付は以下同)に幕を開けた2021−22シーズンのNBAプレーオフは、ファーストラウンド全8カードのうち7カードが4戦まで終えた。 そのうち、まだ1勝もできていないのはブルックリン・ネッツのみ。...
別窓で開く



<前へ12345次へ>