本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スタークス、ビッグベン、ヴァンブリート…苦境から這い上がった“ドラフト外最強チーム”!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌1947年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

1980年代後半の世界最高センターはアマチュア選手。“ドリームチームの生みの親”アルビダス・サボニス【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
プロバスケットボールの最高峰であるNBAには、世界中から最も優秀な選手が集まってくる。だが、1980年代後半における世界最高のセンターは、NBAの選手でなかっただけでなく、プロですらなかった。 当時のソビエト連邦(以下ソ連)代表として、アマチュア資格でプレーしたアルビダス・サボニス。...
別窓で開く

ラッセル、ハーデン、ロビンソンにジノビリ…NBA“ベストレフティチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
今季NBAでプレーした558人のうち、左利きの選手は1割に満たない50人。リーグの歴史を振り返っても稀少性の高いサウスポープレーヤーだが、そんな彼らのなかでベストチームを組んだら、どのような顔ぶれが並ぶのか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの&ldquo...
別窓で開く

渦中のピッペンが“当てつけ”?ジョーダン不在の「94、95年の途中までが最も楽しかった」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズで2度の3連覇(1991〜93年、96〜98年)を果たし、黄金時代を築いた1人であるスコッティ・ピッペンは、現地時間11月9日(日本時間10日)に自身初の自伝『Unguarded』を発売。その内容が波紋を呼んでいる。 本の中では、「史上最高デュオ」としてコンビを組んだ相棒マイケル・ジョ...
別窓で開く

「選手の個性が強烈でいつも楽しかった」元アメリカ代表のヒルが1996年の五輪を回想<DUNKSHOOT>
今年4月、USAバスケットボールは東京オリンピック開幕の3か月以上も前に、ジェリー・コランジェロの後任として、マネージングディレクターにNBAレジェンドのグラント・ヒル(元デトロイト・ピストンズほか)が就任することを発表していた。 1994年のドラフト3位でピストンズから指名されたヒルは、デューク大...
別窓で開く

“怪物“シャックでさえも「対戦時に恐怖を感じた」と明かした4人のレジェンドとは?<DUNKSHOOT>
かつてロサンゼルス・レイカーズやオーランド・マジックなどで活躍し、恵まれた体格と圧倒的なパワー、そしてスピードを武器に1990〜2000年代のリーグを席巻したレジェンドセンター、シャキール・オニール。そんな歴代最高クラスのビッグマンにも、恐れていた選手がいたという。...
別窓で開く

レジェンドたちがNBA“黄金の90年代“について白熱議論!「優勝していない」ベストチームはスパーズだった?〈DUNKSHOOT〉
NBAにとって、1990年代は“全盛期”のひとつだ。2度の3連覇を果たした“神様”マイケル・ジョーダン擁するシカゴ・ブルズ、史上4チーム目の2連覇を達成したヒューストン・ロケッツ、“バッドボーイズ”の異名を取ったデトロイト・ピス...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】デュマース、ウェバーらが袖を通した背番号4。職人タイプやダンク王も多く着用〈DUNKSHOOT〉
■職人肌や仕事人のほか、ダンク王も多く着用 日本のバスケ界で4番と言えば、キャプテンが着けるものという印象が強いが、NBAでは誰でも自由に選択できる番号だ。これまで職人や仕事人と呼ばれたプレーヤーが多く着用し、永久欠番になった選手たちも多くがこのタイプに分類される。...
別窓で開く

薄給に喘いだ時代を乗り越え高年俸を手にしたピッペン。10年前のレブロンのサラリーは意外にも…【NBAサラリーランキング・SF番外編】〈DUNKSHOOT〉
2019−20シーズンにおけるNBA選手の平均年俸は、1人あたり約832万ドル(約8億6271万円)。これは、全世界のスポーツにおいて最も高額なサラリーであり、同じ北米4大スポーツのMLB(約403万ドル/4億1796万円)やNFL(約326万ドル/3億3810万円)、NHL(約269万ドル/2億7...
別窓で開く


<前へ1次へ>