本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「誰にも話してない」ブルックリンでは“ハッピーではない”報道にハーデンが怒り「本当にムカつく」<DUNKSHOOT>
現地時間1月25日(日本時間26日、日付は以下同)、ブルックリン・ネッツはホームのバークレイズ・センターで行なわれたロサンゼルス・レイカーズ戦を96−106で落として2連敗を喫した。 今季戦績を29勝18敗(勝率61.7%)としたネッツは、イースタン・カンファレンス3位へと転落。...
別窓で開く

「ブルズは最強の王朝」ピッペンが改めてジョーダンとの関係に言及。ただ“謀反”について「まだ彼とは話していない」<DUNKSHOOT>
昨年11月に発売した初の自伝『Unguarded』が大きな波紋を呼んでいる、シカゴ・ブルズのレジェンドであるスコッティ・ピッペン。イタリアでも今年1月に「Unguarded - La mia vita senza filtri」の題名で著書が発売され、ピッペンは改めてマイケル・ジョーダンについて語っ...
別窓で開く

「本当にムカつく!」ご意見番バークレーがレイカーズのフロント陣を痛烈批判「2人に責任をなすりつけようとしている」<DUNKSHOOT>
現地時間1月19日(日本時間20日、日付は以下同)のインディアナ・ペイサーズ戦、ロサンゼルス・レイカーズのフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)は「このチームに高い期待を抱いている。ビッグマーケットであり、勝利以外のどんなことも望んでいない」と、必勝態勢で臨んだ。...
別窓で開く

「ベストの選手だが、同時に軽視していた」識者がジョーダンとピッペンの“複雑な関係性”を明かす<DUNKSHOOT>
スコッティ・ピッペンはNBA史上屈指のオールラウンダーであり、殿堂入り選手、そしてリーグ創設75周年を記念した“偉大な75人”(投票結果タイにより最終的に76人)にもその名を刻んでいる。リーグ優勝6回の経験を含めてそのキャリアは栄光に彩られているが、『The Athletic...
別窓で開く

ラッセル、ハーデン、ロビンソンにジノビリ…NBA“ベストレフティチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
今季NBAでプレーした558人のうち、左利きの選手は1割に満たない50人。リーグの歴史を振り返っても稀少性の高いサウスポープレーヤーだが、そんな彼らのなかでベストチームを組んだら、どのような顔ぶれが並ぶのか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの&ldquo...
別窓で開く

スーパーチームを嫌うバークレーがビッグ3を結成したロケッツ時代について“弁明”「あの頃は全員年老いていた」<DUNKSHOOT>
“辛口解説者”として人気を博すチャールズ・バークレーは、現役時代に通算2万点、1万リバウンド以上をマークし、1993年にはマイケル・ジョーダンを抑えてシーズンMVPを受賞した歴代屈指のパワーフォワードだ。ただ、その輝かしいキャリアに唯一足りなかったのがチャンピオンリングだろう...
別窓で開く

偉業達成間近も「カリーの3ポイント記録は100%破られる」とグリーンが語る理由とは<DUNKSHOOT>
ここまで21勝4敗(勝率84.0%)という好成績を残し、リーグ首位に君臨しているゴールデンステイト・ウォリアーズ。その原動力が、シーズンMVP級のパフォーマンスを披露しているステフィン・カリーであることは間違いない。 2016年以来、6シーズンぶり3度目のMVP受賞も期待されているカリーだが、もうひ...
別窓で開く

「バスケットボールを学ぶ生徒のようだった」ピッペンが“一緒にプレーしてみたかった選手”を明かす<DUNKSHOOT>
1990年代にNBAを支配したシカゴ・ブルズの主力で、殿堂入り選手のスコッティ・ピッペンは、赤裸々に思いを綴った自身初の自伝『Unguarded』で史上最高のデュオとも呼ばれた名相棒のマイケル・ジョーダンを辛辣に批判して波紋を呼んでいる。そのなかで、“一緒にプレーしてみたかった選手&rd...
別窓で開く

渦中のピッペンが“当てつけ”?ジョーダン不在の「94、95年の途中までが最も楽しかった」<DUNKSHOOT>
シカゴ・ブルズで2度の3連覇(1991〜93年、96〜98年)を果たし、黄金時代を築いた1人であるスコッティ・ピッペンは、現地時間11月9日(日本時間10日)に自身初の自伝『Unguarded』を発売。その内容が波紋を呼んでいる。 本の中では、「史上最高デュオ」としてコンビを組んだ相棒マイケル・ジョ...
別窓で開く

“仮想ファイナル”を制したウォリアーズ。指揮官はデュラントを封じたグリーンを称賛!「あれ以上の仕事はできない」<DUNKSHOOT>
11月16日(日本時間17日、日付は以下同)にバークレイズ・センターで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとブルックリン・ネッツによる大注目の一戦は、117-99でウォリアーズに軍配が上がった。 ネッツはジェームズ・ハーデンが24得点、4アシストを残すも、今季平均28.9点でリーグトップを誇る...
別窓で開く



<前へ12345678次へ>