本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「僕らは“レブロン・ジェームズ時代”を生きている」名手ウェイドが“不滅の記録超え”間近の親友を語る<DUNKSHOOT>
現地時間12月13日、ロサンゼルス・レイカーズは宿敵ボストン・セルティックス相手に延長の末118−122で敗戦。今季戦績は11勝16敗(勝率40.7%)でウエスタン・カンファレンス12位、依然としてプレーイン・トーナメント進出圏外に沈んでいる。...
別窓で開く

体重超過で減給のザイオン、減量でボーナス支給のディーオウ——NBA選手たちの特殊な契約形態<DUNKSHOOT>
先日、ニューオリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが延長契約を締結。内容は5年で1億9300万ドルのMAX契約だが、ここに今季オールNBAチーム入り、あるいはMVP、最優秀守備選手賞に選ばれれば、金額が2億3100万ドルに跳ね上がることが話題になった。 ただしこの契約には条項が盛り込まれてい...
別窓で開く

ウェイド、ピッペン、ガーネットらレジェンド揃い!NBAの歴代ベスト“ドラフト5位チーム”を選定<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は過去4回に続き、「ドラフト5位指名」の最強チー...
別窓で開く

レブロン、マジック、ジャバー…NBAの歴代ベスト“ドラフト1位チーム”を識者が選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、なかでも毎年注目されるのが、その年のNo.1プレーヤーと目される「ドラフト1位選手」だ。...
別窓で開く

ネッツがディアンドレ・ジョーダンを放出、レイカーズ入りが濃厚か<DUNKSHOOT>
遡ること2年前、2019年夏。ブルックリン・ネッツはケビン・デュラント、カイリー・アービング、ディアンドレ・ジョーダンとの契約を発表し、一躍オールスター軍団と化した。 2016年夏のリオデジャネイロ五輪でアメリカ代表として共闘し、金メダルを獲得した3選手をロースターに加えて優勝候補に名乗りを上げたの...
別窓で開く

【NBA秘話】リーグに隆盛をもたらしたデイビッド・スターン——“最後の晴れ舞台”で起きたサプライズ<DUNKSHOOT>
2020年1月1日、前NBAコミッショナーのデイビッド・スターンが不帰の人となった。 好き嫌いはあるにせよ、彼なくして現在のNBAの隆盛はなかった、それだけは確かな事実である。今回は追悼企画として、この名物コミッショナーの秘話をお届けする。スターンはドラフトで毎年激しいブーイングを浴びせられていたが...
別窓で開く

コビーが「初代ドリームチームに勝てる」と豪語。数々の新記録を樹立したロンドン五輪アメリカ代表の軌跡【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
2004年のアテネ五輪で惨敗し、失墜したアメリカのプライドを取り戻したのが“リディームチーム”だった。2008年の北京五輪で頂点に返り咲くと、2012年のロンドン五輪にもアメリカはオールスターキャストで参戦。コビー・ブライアント曰く「ドリームチームに勝てる」ほどの豪華メンバー...
別窓で開く

クリス、ソーントン、リーブス…米メディアが発表した“通算勝率の低い選手”ワースト30は?【Part.2】〈DUNKSHOOT〉
NBAプレーヤーたるもの、キャリアで1度はチャンピオンになりたいと思うもの。しかし、なかにはチームの勝利に恵まれず、優勝はおろかプレーオフにも進めないまま現役生活を終えた者もいる。ここでは『Hoopshype』が取り上げた通算勝率が低い30選手を紹介する。 Part.2は15〜1位まで一気に見ていこ...
別窓で開く

アメリカ選手権のメンバーが発表!元オールスターのトーマスとジョンソンがアメリカ代表に〈DUNKSHOOT〉
2月2日(日本時間3日、日付は以下同)、今月18〜22日にプエルトリコで開催されるFIBAアメリカップ(アメリカ選手権)予選のアメリカ代表ロースターが発表された。 メンバーは以下の通り(カッコ内はポジションと年齢)。...
別窓で開く


<前へ1次へ>