本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ナッシュ、カーター、オニール——NBAファイナル未経験のプレーオフ最多出場者ランキング【レジェンド編】<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAはゴールデンステイト・ウォリアーズが2019年以来3年ぶり、ボストン・セルティックスが2010年以来12年ぶりのファイナルに駒を進めた。 シリーズ開幕前のトピックスとして、セルティックスのアル・ホーフォードがNBA最長の141試合のプレーオフ出場を経て、ファイナルデビュ...
別窓で開く

「以前は5つの選択肢があったけど今はない」現代NBAにウォージーが見解。古巣レイカーズには「再建を拒否した」<DUNKSHOOT>
現代NBAはマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズ)やコビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)からバトンを受け取った“キング”ことレブロン・ジェームズ(レイカーズ)は37歳となり、世代交代が徐々に進んでいる。 そのなかで、NBA人気が徐々に高まっていた1980年代に...
別窓で開く

NBA創設75周年記念チームに選ばれた?意外な選手”と?落選した選手”<DUNKSHOOT>
現地10月19日から21日にかけて、NBAは創設75周年を記念して“偉大な75人”を発表した(投票結果タイにより、最終的に76人が選出)。 メディア、現役および元選手、コーチ、ゼネラルマネージャー、チーム幹部たちで構成される選考委員会によって選ばれた75人の顔ぶれは豪華そのも...
別窓で開く

“神奈川県生まれ”の新人がプレシーズンでネッツを牽引!「今はプレーしながら学んでいる」<DUNKSHOOT>
現地時間10月3日(日本時間4日、日付は以下同)にNBAのプレシーズンゲームが幕を開け、ブルックリン・ネッツが敵地ステイプルズ・センターでロサンゼルス・レイカーズと対戦した。 リーグきっての超豪華戦力を有する両チームだが、この日はプレシーズン初戦ということもあって、ネッツではケビン・デュラント、ジェ...
別窓で開く

現役引退のレディックは2部門でトップ20入り。NBA3ポイント成功数&成功率ランキングを発表<DUNKSHOOT>
現地時間9月21日、ダラス・マーベリックスのJJ・レディックが現役引退を発表した。 2006年に名門デューク大で全米最優秀選手に輝いたレディックは、同年のドラフト全体11位でオーランド・マジックに入団。NBA屈指の3ポイントシューターとして頭角を現わし、ロサンゼルス・クリッパーズ時代の2015−16...
別窓で開く

レブロン&デイビスを擁したレイカーズや2007年のヒート…米メディアがオールスター出場累計ランキングTOP30を発表!<DUNKSHOOT>
1950〜60年代に前人未到の8連覇を成し遂げたボストン・セルティックス、90年代にマイケル・ジョーダン&スコッティ・ピッペンを中心に2度の3連覇を達成したシカゴ・ブルズ、シャキール・オニール(シャック)&コビー・ブライアントのコンビで2000年から3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズなど、NB...
別窓で開く

選手年俸はどれほど高騰した?30年前はレジェンドクラスも今季の新人と同程度【NBAサラリーランキング・PG番外編】〈DUNKSHOOT〉
2019−20シーズンにおけるNBA選手の平均年俸は、1人あたり約832万ドル(約8億6271万円)。これは、全世界のスポーツにおいて最も高額なサラリーであり、同じ北米4大スポーツのMLB(約403万ドル/4億1796万円)やNFL(約326万ドル/3億3810万円)、NHL(約269万ドル/2億7...
別窓で開く


<前へ1次へ>