本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「彼は責任を取らないといけない」レイカーズOBがデローザン獲得をパスしたレブロンを批判<DUNKSHOOT>
昨夏、ロサンゼルス・レイカーズはカイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレルと将来のドラフト指名権をワシントン・ウィザーズに放出し、万能ポイントガードのラッセル・ウエストブルックを獲得。 さらにフリーエージェント市場では、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジ...
別窓で開く

ウォリアーズの王座奪還、9位レイカーズの大逆転はあるか?米メディアが今季のプレーオフオッズを発表!【ウエスト編】<DUNKSHOOT>
昨年10月に開幕したNBAの2021−22シーズンは、オールスターゲームが終了し終盤戦に突入。今後プレーオフのシード争いや最終スポット争いなど、さらに熾烈さを増していくだろう。 そんななか『ESPN』がレギュラーシーズンの最終成績予想とプレーオフオッズを発表。ポストシーズン進出、そして優勝の可能性が...
別窓で開く

ウエストブルックは“被害者”?アリナスがレイカーズの問題点を指摘「シュートを打たない奴がいる」<DUNKSHOOT>
シーズン後半戦に突入した今なお調子が上がらず、26勝29敗でウエスタン・カンファレンス9位とプレーイン・トーナメント圏内に甘んじているロサンゼルス・レイカーズ。レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板がそれぞれケガで長期離脱した影響も大きいが、元NBA選手のギルバート・アリナス(元ワシン...
別窓で開く

シャックがヒート時代のボッシュを「ロールプレーヤー」と一刀両断!「ビッグ3として称賛されただけ」<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAには、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドを擁するロサンゼルス・レイカーズと、ケビン・デュラント、カイリー・アービング、ジェームズ・ハーデン、ブレイク・グリフィン、ラマーカス・...
別窓で開く

「コビーは敗戦後、フレンドリーに接しない」元ドラ1が今季のレイカーズを批判「リーダーシップが欠けている」<DUNKSHOOT>
現地時間12月10日、ロサンゼルス・レイカーズはオクラホマシティ・サンダー相手に最大29点差をつけて116−95で快勝した。 この試合、レイカーズはここまで平均24.0点、10.2リバウンド、3.0アシスト、1.3スティール、2.2ブロックをマークしていたアンソニー・デイビスが左ヒザを痛めて欠場も、...
別窓で開く

レイカーズの不振はカルーソ退団が原因?識者が指摘「彼のような選手を手放すのはひどい決断」<DUNKSHOOT>
レブロン・ジェームズやアンソニー・デイビスといったスター選手を多く擁するロサンゼルス・レイカーズが6勝5敗と開幕から波に乗り切れないのに対し、ザック・ラビーンとデマー・デローザンの2枚看板体制となったシカゴ・ブルズは7勝3敗と好スタートを切った。 前者になくて、後者にあるもの——。それが今季フリーエ...
別窓で開く

“期待外れ”のレイカーズに周囲の評価は? 「依然として優勝候補」「欠陥だらけ」と賛否両論<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは2021-22シーズンの開幕10試合を、5勝5敗という成績で終えた。今夏にラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドといった経験豊富なオールスタープレーヤーの加入を考えれば、物足りない結果だろう。...
別窓で開く

「良い選手だが、ロールプレーヤー」不振のウエストブルックにシャックが忠告「レブロンが1番手、ADが2番手、そしてラスだ」<DUNKSHOOT>
10月24日(現地時間)、ロサンゼルス・レイカーズはメンフィス・グリズリーズ戦で121-118と接戦を制し、今季3戦目にしてシーズン初白星を掴んだ。巨大戦力を誇りながら手探りのスタートとなっている名門に、殿堂入りセンターのシャキール・オニールは、厳しい見解を突きつけている。とりわけ新加入のラッセル・...
別窓で開く

レブロン、カリー、デュラントと共闘したジャベール・マギーの「キャリアを助けてくれた」選手とは?<DUNKSHOOT>
NBAキャリア13シーズンを終えたジャベール・マギーは、今夏ケビン・ラブ(クリーブランド・キャバリアーズ)の出場辞退により、急遽アメリカ代表に招集され、東京オリンピックに参加。 213㎝・122㎏のセンターは、ローテーションには入れなかったものの、出場4試合で平均6.3点、1.3リバウンド、フィール...
別窓で開く

“ご意見番”パーキンスが現役ビッグマンTOP5を選出! 「俺の中ではMVP」と称賛した選手とは?<DUNKSHOOT>
ケンドリック・パーキンスは現役時代、守備専門のロールプレーヤー型センターだったが、世界最高峰のNBAで14シーズンを戦い、2008年にはボストン・セルティックスでポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンの“ビッグ3”とともにリーグ優勝を経験した。...
別窓で開く


<前へ12次へ>