本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「あの2人と一緒は好きじゃない」元得点王マッグレディが語るウエストブルックがレイカーズで輝く“唯一の手段”<DUNKSHOOT>
2021−22シーズン開幕前、ロサンゼルス・レイカーズはブルックリン・ネッツと並ぶ優勝候補に挙げられていた。 しかし、新加入選手の多いチームは開幕から安定感を欠き、1月25日以降は借金生活に突入。3月下旬から4月上旬には泥沼の8連敗を喫するなど、最終的にウエスタン・カンファレンス11位の33勝49敗...
別窓で開く

偉大な父に続けるか?ピッペンとシャックの息子がレイカーズの一員としてサマーリーグ参戦へ!<DUNKSHOOT>
ドラフト指名選手やプロキャリアの浅い若手、ドラフト外からNBA入りを狙うプレーヤーらが腕を競うNBAサマーリーグ。過去にはレブロン・ジェームズやケビン・デュラント、ステフィン・カリーといった現役スーパースターも参加経験があり、今年は現地時間7月2、3日にカリフォルニア、5〜7日にユタ、7〜17日にラ...
別窓で開く

ウエストブルックがプレーヤーオプション行使でレイカーズ残留へ。契約最終年の来季は勝負の年に<DUNKSHOOT>
現地時間6月28日、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者がロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウエストブルックが2022−23シーズンのプレーヤーオプションを行使すると発表。これによって来季の年俸(4710万ドル/日本円で約64億560万円)保証され、今夏にトレードされない限り、来季も...
別窓で開く

「お金は最重要視していない」モンクがレイカーズ残留を希望「他へ行くよりも、レイカーでいる方が快適」<DUNKSHOOT>
今季のロサンゼルス・レイカーズは、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルックという3人のスーパースターを擁し、その周囲にはカーメロ・アンソニーやドワイト・ハワードといった実績のあるベテランも揃えていた。...
別窓で開く

「ラスは派閥を作り、KDは1人でいた」デュラントとウエストブルックの“溝”と内部事情を元同僚が明かす<DUNKSHOOT>
元NBA選手で、現在はアナリストとして活躍するケンドリック・パーキンスは、現役時代にケビン・ガーネットとポール・ピアース、ケビン・デュラント(現ブルックリン・ネッツ)、ラッセル・ウエストブルック(現ロサンゼルス・レイカーズ)、ジェームズ・ハーデン(現フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、レブロン...
別窓で開く

「優勝争いはできるけど、俺たちは倒せない」レブロン&アービング再結成が噂されるレイカーズに王者グリーンが先制攻撃<DUNKSHOOT>
現地時間6月23日(日本時間24日、日付は以下同)に開催されたドラフトを終え、現在のNBAは7月のFA(フリーエージェント)戦線に向けてさまざまな噂が飛び交っている。 なかでも注目を集めているのは、カイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ)の去就だろう。...
別窓で開く

ウォリアーズのグリーンが頂上決戦で4度対戦したレブロンの凄みを語る「彼こそが史上最もスマートな選手だ」<DUNKSHOOT>
現在、自身通算6度目となるNBAファイナルを戦っているゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、ここまでのシリーズ5試合で平均35.2分に出場し、5.0点、7.2リバウンド、5.8アシスト、1.6スティールを残している。 一方でボストン・セルティックスの前に冷静さを欠くシーンも目立...
別窓で開く

レイカーズの復権を託されたハムHCが語る“成功への近道”「選手の健康を保ち、パフォーマンスを計算していく必要がある」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは新ヘッドコーチ(HC)にダービン・ハムを迎え、2022−23シーズンにプレーオフ進出を逃した今季の巻き返しを誓う。フランチャイズの28代目指揮官となった48歳は、大黒柱レブロン・ジェームズの負担をいかに軽減させるかが、“成功への近道”だとビジョンを明...
別窓で開く

ナッシュ、カーター、オニール——NBAファイナル未経験のプレーオフ最多出場者ランキング【レジェンド編】<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAはゴールデンステイト・ウォリアーズが2019年以来3年ぶり、ボストン・セルティックスが2010年以来12年ぶりのファイナルに駒を進めた。 シリーズ開幕前のトピックスとして、セルティックスのアル・ホーフォードがNBA最長の141試合のプレーオフ出場を経て、ファイナルデビュ...
別窓で開く

新体制のレイカーズが“暴れん坊”ウォーレスをアシスタントコーチに採用?ハムHCは「ラシードは候補者の1人」<DUNKSHOOT>
昨夏にロサンゼルス・レイカーズはレブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルックやカーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードといったビッグネームを獲得。2年ぶりの優勝が期待されたが、彼らは全く機能せずウエスタン・カンファレンス11位(33勝49敗/勝率40.2%)に沈...
別窓で開く


[ dunkshoot デイビス レイカーズ ] の関連キーワード

dunkshoot アービング ナッシュ レブロン モンク
nba カータ