本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



昨季の雪辱に燃えるレイカーズが始動!開幕前の低評価もデイビスは「俺たちはアンダードッグ」と意に介さず<DUNKSHOOT>
現地時間9月26日、ロサンゼルス・レイカーズがメディアデーを開き、選手たちとダービン・ハムHC(ヘッドコーチ)が写真撮影や会見に臨んだ。 昨季プレーオフ進出を逃したチームは、オフにフランク・ヴォーゲル前HCを事実上の解任とし、新たにハムを指揮官として招聘。...
別窓で開く

「優勝に向けた最高の目安になる」クリッパーズの名手ジョージが対戦を心待ちにする3チームとは?<DUNKSHOOT>
現地時間10月18日に幕を開けるNBA2022−23シーズン。注目を集めるのは、ゴールデンステイト・ウォリアーズが球団史上2度目の連覇を達成できるかどうかだろう。 昨季4年ぶりに王座を奪回したウォリアーズは、今季もステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンのビッグ3だけでなく、ア...
別窓で開く

体重超過で減給のザイオン、減量でボーナス支給のディーオウ——NBA選手たちの特殊な契約形態<DUNKSHOOT>
先日、ニューオリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが延長契約を締結。内容は5年で1億9300万ドルのMAX契約だが、ここに今季オールNBAチーム入り、あるいはMVP、最優秀守備選手賞に選ばれれば、金額が2億3100万ドルに跳ね上がることが話題になった。 ただしこの契約には条項が盛り込まれてい...
別窓で開く

ガーネットが「天才」と称したウォーレスのレイカーズ入りが破談に? 「アンソニー・デイビスには彼が必要」<DUNKSHOOT>
今夏ロサンゼルス・レイカーズはフランク・ヴォーゲル・ヘッドコーチ(HC)を解任し、ミルウォーキー・バックスでアシスタントコーチ(AC)を務めてきたダービン・ハムを新指揮官に迎え入れた。 ハムのHC就任後、彼を支えるコーチングスタッフ候補として浮上していたのがラシード・ウォーレスだ。...
別窓で開く

「バード指名の謎はいまだ話すことが許されない」1980年代のセルティックスを引き合いに、パワーハウス全盛の現代NBAを元選手が擁護<DUNKSHOOT>
目まぐるしく選手が移籍するため“スーパーチーム”誕生も珍しくはなくなった近年のNBA。昨季で言えば、レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板に、ラッセル・ウエストブルックやカーメロ・アンソニーを加えたロサンゼルス・レイカーズ、ケビン・デュラントとカイリー・アービン...
別窓で開く

アレンとロンドの不仲エピソードを元同僚が明かす「喧嘩をしてウェイトルームで殴り合いだ」<DUNKSHOOT>
ボストン・セルティックスと言えば、ロサンゼルス・レイカーズと並んで歴代最多タイの優勝17回を誇るNBA有数の名門チームだ。 最後の優勝はケビン・ガーネット、ポール・ピアース、レイ・アレンのビッグ3を擁した2007−08シーズンだが、のちにガーネットとアレンの間に確執が生まれたのは有名な話。...
別窓で開く

レジェンドのKGがデイビスに“シーズンMVP獲得”を要求「彼は自分が思っているよりもいい選手だ」<DUNKSHOOT>
アンソニー・デイビスは来季、ロサンゼルス・レイカーズに加入して4年目を迎える。過去2シーズンは故障続きで本来の実力を発揮できていないなか、殿堂入り選手のケビン・ガーネットはMVP獲得のミッションを課している。...
別窓で開く

「ラスは派閥を作り、KDは1人でいた」デュラントとウエストブルックの“溝”と内部事情を元同僚が明かす<DUNKSHOOT>
元NBA選手で、現在はアナリストとして活躍するケンドリック・パーキンスは、現役時代にケビン・ガーネットとポール・ピアース、ケビン・デュラント(現ブルックリン・ネッツ)、ラッセル・ウエストブルック(現ロサンゼルス・レイカーズ)、ジェームズ・ハーデン(現フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、レブロン...
別窓で開く

ウォリアーズのグリーンが頂上決戦で4度対戦したレブロンの凄みを語る「彼こそが史上最もスマートな選手だ」<DUNKSHOOT>
現在、自身通算6度目となるNBAファイナルを戦っているゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、ここまでのシリーズ5試合で平均35.2分に出場し、5.0点、7.2リバウンド、5.8アシスト、1.6スティールを残している。 一方でボストン・セルティックスの前に冷静さを欠くシーンも目立...
別窓で開く

ナッシュ、カーター、オニール——NBAファイナル未経験のプレーオフ最多出場者ランキング【レジェンド編】<DUNKSHOOT>
2021−22シーズンのNBAはゴールデンステイト・ウォリアーズが2019年以来3年ぶり、ボストン・セルティックスが2010年以来12年ぶりのファイナルに駒を進めた。 シリーズ開幕前のトピックスとして、セルティックスのアル・ホーフォードがNBA最長の141試合のプレーオフ出場を経て、ファイナルデビュ...
別窓で開く



<前へ12345次へ>