本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



レブロンにとっての“GOAT”だったカルーソ。ドラフト指名漏れした男がリーグ有数の名脇役になるまで<DUNKSHOOT>
NBAで日常的に話題をさらうのはスター選手たちだが、そんな彼らも「名脇役」がいてこそ輝ける。 その中の1人が、ガードのアレックス・カルーソだ。 2020年にロサンゼルス・レイカーズでチャンピオンを獲得したメンバーである彼は、今季入団したシカゴ・ブルズでもめきめきとプレータイムを伸ばし、得意のスティー...
別窓で開く

絶好調ウォリアーズの“強さの秘密”。「僕らのアイデンティティはディフェンス」とカリーも自信<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズは今季、ここまで1試合を除いて不動の先発陣で試合に臨んでおり、11選手が平均14.0分以上のプレータイムを記録する層の厚いチームと化している。 平均2桁得点はステフィン・カリー(平均28.2点)、アンドリュー・ウィギンズ(同19.1点)、ジョーダン・プール(同18.3...
別窓で開く

リラードの復調とともに調子を上げるブレイザーズ。試合を締める“陰の立役者”とは<DUNKSHOOT>
開幕12試合で5勝7敗と出遅れていたポートランド・トレイルブレイザーズが、徐々に調子を上げてきている。 現地時間11月20日(日本時間21日、日付は以下同)にはホームのモーダ・センターでフィラデルフィア・セブンティシクサーズを迎え撃ち、試合の大部分でリードを奪って118−111で勝利。...
別窓で開く

代表格はレジェンドのアリジンと現役のラウリー!ビラノバ大の歴代ベストメンバーを選定<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターをNBAに送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別...
別窓で開く

「本当にタフだった」新型コロナから回復したケビン・ラブが隔離中に“一番辛かったこと”を明かす<DUNKSHOOT>
ケビン・ラブはキャリア14年目の今季、クリーブランド・キャバリアーズ最古参の選手として開幕からまずまずのプレーを見せていた。 ジャレット・アレン、エバン・モーブリーという若きツインタワーをベンチから支え、豊富な経験と熟練のスキルでチームの好スタートに貢献。 ところが、11月に入って新型コロナウイルス...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】初の欠番は巨人ムトンボ!魔術師J-Willを筆頭に、着用者の約1割がウィリアムズ姓の55番<DUNKSHOOT>
カレッジバスケットボールでは背番号に関するルールが様々あり、現在では審判がコールする際の都合を考え、6から9までの数字は着用できないと定められている。そのため、大学では55番が最も大きな背番号となっている。プロではそうした制限こそないものの、これより大きな番号をつけている選手は数えるほどしかいない。...
別窓で開く

セルティックスのGMがブラウンとシモンズのトレードの噂を否定。愛弟子へ送った言葉を明かす<DUNKSHOOT>
NBA史上最多タイとなる17度の優勝を誇るボストン・セルティックス。昨季まで7年連続でプレーオフへ進出し、長くイースタン・カンファレンスの強豪として君臨してきたが、今季は苦戦を強いれらている。 直近4戦で3勝と調子を上げているとはいえ、現地時間11月11日(日本時間12日、日付は以下同)時点で5勝6...
別窓で開く

「俺は入らないとわかっていた」75周年記念チームに落選したハワードが胸中を吐露「もう忘れよう」<DUNKSHOOT>
現地時間11月9日(日本時間10日)、ロサンゼルス・レイカーズのドワイト・ハワードが『Bleacher Report』のテイラー・ルックスとのインタビューに登場した。 その中で、10月下旬に発表されたNBAの75周年記念チームに落選したことについて言及した。「俺は入らないと分かっていた。(理由は)政...
別窓で開く

ザイオンとイングラムの離脱で1勝10敗のリーグ最下位に沈むペリカンズ。それでもチームの雰囲気が明るい理由<DUNKSHOOT>
現地時間11月5日(日本時間6日、日付は以下同)、開幕10戦目のゴールデンステイト・ウォリアーズ戦に41点差で大敗。8日のダラス・マーベリックス戦にも16点差で敗れ、1勝10敗のリーグ最下位に沈んでいるニューオリンズ・ペリカンズ。 エースのザイオン・ウィリアムソンが今夏に右足を骨折し、開幕に間に合わ...
別窓で開く

「ケミストリーがここ数年とは段違い」エンビードが今季のチームに自信も新型コロナ陽性で離脱<DUNKSHOOT>
オールスターガードのベン・シモンズ不在のまま今季を迎えたフィラデルフィア・セブンティシクサーズは、開幕4試合を終えて2勝2敗も、そこから6連勝を飾りイースタン・カンファレンス首位の8勝2敗(勝率80.0%)とした。...
別窓で開く


[ dunkshoot シクサーズ ] の関連キーワード

dunkshoot ウィリアムズ レブロン ハワード goat
ビード nba ケビン