本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロケッツのウォールに今季全休の可能性が浮上。開幕前からトレードを模索も高額契約がネックに<DUNKSHOOT>
ヒューストン・ロケッツのジョン・ウォールが、今シーズンを全休する可能性が浮上している。 現地時間11月10日、デトロイト・ピストンズ対ロケッツ戦の中継に出演した『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は、ウォールについて「(今季プレーしない可能性は)ますます高まっている」とレポートした。...
別窓で開く

ウォールと良好な関係を築くグリーンが“兄貴”の復帰を熱望「コートに戻ってきてほしいね」<DUNKSHOOT>
2021−22レギュラーシーズンが開幕して約1週間。ヒューストン・ロケッツは戦前の予想通り、1勝4敗と大きく負け越している。 ロースターにはビッグマンのクリスチャン・ウッドやベテランのエリック・ゴードン、新人ジェイレン・グリーンに若手のケビン・ポーターJr.といった選手たちがいるものの、戦力不足なの...
別窓で開く

ルーキー時代のカリーの”背中を押した”ロケッツHCが当時を回顧「彼は教わることを喜んでいた」<DUNKSHOOT>
現地時間9月24日(日本時間25日、日付は以下同)。ヒューストン・ロケッツは公式YouTubeチャンネルでスティーブン・サイラス・ヘッドコーチ(HC)のドキュメンタリーを公開した。 元HCのポールを父に持つスティーブンは、2000−01シーズンにアシスタントコーチ(AC)としてシャーロット・ホーネッ...
別窓で開く

パーキンスが移籍先を探すウォールにシクサーズ行きを推奨!「シモンズとエンビードのコンビより良い」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズとヒューストン・ロケッツのジョン・ウォールは、どちらも移籍の噂が出ている。オールスター出場も経験している両者の実力は誰もが認めるところだが、元NBA選手のケンドリック・パーキンスは、シクサーズの大黒柱であるジョエル・エンビードと組ませるなら、ウォ...
別窓で開く

大補強のレイカーズが上位を席巻!主要スタッツ3部門の現役通算ランキングTOP10<DUNKSHOOT>
今年のオフシーズンも選手の移籍が相次いだNBAだが、話題の中心は実績あるベテランを次々と獲得したロサンゼルス・レイカーズにほかならない。 もともとレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスを擁した布陣に、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドらを補強。...
別窓で開く

豪州時代のコーチと“二人三脚”でロケッツの主力に!昨季のサプライズ新人となったジャイショーン・タイト<DUNKSHOOT>
昨季のヒューストン・ロケッツはワシントン・ウィザーズからジョン・ウォール、デトロイト・ピストンズからクリスチャン・ウッド、元オールスターセンターのデマーカス・カズンズの獲得に成功した。 ただ、ゼネラルマネージャー(GM)のダリル・モーリー、ヘッドコーチ(HC)のマイク・ダントーニがチームを離れ、新G...
別窓で開く

現代なら「平均40点は余裕」ジョーダンを敬愛するアイバーソンが断言!「いつだって史上最強」<DUNKSHOOT>
8月26日、1990年代後半から2000年代にNBAで活躍したアレン・アイバーソンが、シャノン・シャープの番組「CLUB SHAY SHAY」に出演した。 アイバーソンはNBA史上最も小柄な得点王と評されたレジェンド。...
別窓で開く

2013年の“ドラ1”はイスラエルへ。明暗分かれるNBA過去20年のドラフト1位選手を総チェック<DUNKSHOOT>
8月25日(日本時間26日)、元NBAドラフト1位のアンソニー・ベネットがイスラエルのプロクラブ、ハポエル・エルサレムと契約したことが明らかとなった。 カナダ出身で現在28歳のベネットは、2013年のドラフトでクリーブランド・キャバリアーズから1位指名を受けてNBA入り。...
別窓で開く

「見事にチームを導いた」バックスのレジェンドOBがアデトクンボを称賛!リーグ唯一の対抗馬にも言及<DUNKSHOOT>
1971年以来50年ぶりのNBAチャンピオンとなったミルウォーキー・バックスが7月22日(日本時間23日)、ウィスコンシン州ミルウォーキーで優勝パレードを行なった。 フェニックス・サンズとのシリーズで平均35.2点(フィールドゴール成功率61.8%)、13.2リバウンド、5.0アシスト、1.17ステ...
別窓で開く

名スコアラーのビール、魔術師ウィリアムズ、万能戦士ホーフォードを輩出したフロリダ大の最強メンバーは?<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターをNBAに送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別...
別窓で開く



<前へ123次へ>