本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「若い子たちのキャリアは短くなっている」王者ウォリアーズが大ベテランのイグダーラと再契約を結んだ理由<DUNKSHOOT>
昨シーズンの覇者ゴールデンステイト・ウォリアーズは、さいたまスーパーアリーナでワシントン・ウィザーズとの「NBAジャパンゲームズ2022」に臨んで2連勝を飾った。【NBA JAPAN GAMES PHOTO】八村&カリー!ファンの歓声に包まれた興奮のドリームマッチ!! 9月28日夜に日本へ到着後、チ...
別窓で開く

「俺は最も支配的な選手、彼は史上最高になることに取り憑かれていた」シャックが元相棒コビーとの関係を回想<DUNKSHOOT>
現地時間9月13日に公開されたポッドキャスト番組『Patrick Bet-David Podcast』へ、シャックことシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)がゲスト出演した。 シャックは216㎝・147㎏という巨体を武器にNBAで19シーズンをプレーしてキャリア平均23.7点、10....
別窓で開く

「あなたはMVPトロフィーをコビーに返す必要がある」アービングがナッシュHCへ爆弾発言?元選手が衝撃告白<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは2枚看板であるケビン・デュラント&カイリー・アービングの残留が決まり、2022−23シーズンにリーグ優勝を目指す体制はひとまず整った。 しかし、スティーブ・ナッシュ・ヘッドコーチ(HC)が抱える問題は解消されていないと、元NBA選手のオルデン・ポリニスが指摘している。...
別窓で開く

「ADとレブロンと組ませたらすぐにコンテンダーだ」名手ローズがレイカーズへアービング獲得を猛プッシュ!<DUNKSHOOT>
昨年夏に大型トレードでラッセル・ウエストブルック、FA(フリーエージェント)でカーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードらオールスター選手を補強し、優勝候補に挙げられていたロサンゼルス・レイカーズ。 しかし、2枚看板のレブロン・ジェームズ&アンソニー・デイビスとウエストブルックの噛み合わせの悪さ、レブ...
別窓で開く

レイカーズのレジェンドがカリーを絶賛「彼をダンカン、コビー、シャックと同じカテゴリーに入れる」<DUNKSHOOT>
現地時間8月15日、米専門メディア『Inside The Warriors』にNBA制覇5回を誇るデレック・フィッシャー(元ロサンゼルス・レイカーズほか)のインタビューが公開された。 フィッシャーはキャリア18年のうち、レイカーズで12年半をプレーしたポイントガード。...
別窓で開く

「私はレブロンを外す」シャックの“レイカー・トップ5”にジェファーソンが異論「一貫したレベルじゃないんだ」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、コビー・ブライアント(元レイカーズ)とともに、“NBA史上最高の選手”の1人に挙げられるスーパースターだ。 しかし、「レイカーズの選手」という条件で見たらどうか。...
別窓で開く

「第4クォーターに入ると得意なスポットへ行ってしまう」守備の名手プリンスが語るレブロンとコビーの特徴<DUNKSHOOT>
現地時間8月7日に公開された『Late Night Lake Show』に、テイショーン・プリンス(元デトロイト・ピストンズほか)がゲスト出演した。 2002年のドラフト1巡目23位でピストンズから指名されたプリンスは、206㎝・96㎏と細身の体格ながら218㎝を超えるウィングスパンを生かし、名ディ...
別窓で開く

レブロンは「数字を追い求めたことがない唯一のスター」。元選手のアリナスが主張「自分のことだけに集中したら平均40点は軽い」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、昨季にプレーオフ進出を逃すもどかしいシーズンを過ごしたなかで、37歳にしてキャリアで2番目に高い平均30.3点(リーグ2位相当)を叩き出した。 いまだ衰えを感じさせない“キング”だが、元NBA選手のギルバート・アリナスは、仮に...
別窓で開く

体重超過で減給のザイオン、減量でボーナス支給のディーオウ——NBA選手たちの特殊な契約形態<DUNKSHOOT>
先日、ニューオリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが延長契約を締結。内容は5年で1億9300万ドルのMAX契約だが、ここに今季オールNBAチーム入り、あるいはMVP、最優秀守備選手賞に選ばれれば、金額が2億3100万ドルに跳ね上がることが話題になった。 ただしこの契約には条項が盛り込まれてい...
別窓で開く

大谷翔平の移籍はバスケ界では“レブロン級”の衝撃? NBA2000年以降MVP受賞者の移籍を振り返る<DUNKSHOOT>
大谷翔平の去就問題が大きな話題を集めたメジャーリーグ。現地時間8月2日のデッドラインまでに多くのトレードが実現したなかで、二刀流戦士は今季中の残留が決まった。だが、依然として来オフの移籍の可能性を残している。 トレード期限間近に移籍が頻発するのは、同じ米国のバスケットボールリーグ、NBAも同様だ。...
別窓で開く


[ dunkshoot レブロン ブライアント nba ] の関連キーワード

dunkshoot ジェファーソン レブロン ダンカン ナッシュ
ローズ nba mvp