本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



レイカーズのレジェンドがカリーを絶賛「彼をダンカン、コビー、シャックと同じカテゴリーに入れる」<DUNKSHOOT>
現地時間8月15日、米専門メディア『Inside The Warriors』にNBA制覇5回を誇るデレック・フィッシャー(元ロサンゼルス・レイカーズほか)のインタビューが公開された。 フィッシャーはキャリア18年のうち、レイカーズで12年半をプレーしたポイントガード。...
別窓で開く

万能戦士グリーンが歴代ベスト5を選定!尊敬するダンカンとの秘話も明かす「彼はただ俺のことを見てきた」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、現地時間8月10日に公開された自身のポッドキャスト番組でファンからの質問に応じ、自身のオールタイムのベスト5を選出した。 まずグリーンが挙げたのはセンターに「シャック」ことシャキール・オニール(元ロサンゼルス・レイカーズほか)、ポイントガー...
別窓で開く

大谷翔平の移籍はバスケ界では“レブロン級”の衝撃? NBA2000年以降MVP受賞者の移籍を振り返る<DUNKSHOOT>
大谷翔平の去就問題が大きな話題を集めたメジャーリーグ。現地時間8月2日のデッドラインまでに多くのトレードが実現したなかで、二刀流戦士は今季中の残留が決まった。だが、依然として来オフの移籍の可能性を残している。 トレード期限間近に移籍が頻発するのは、同じ米国のバスケットボールリーグ、NBAも同様だ。...
別窓で開く

名手オリーが“仲良しこよし”の現代NBAに苦言「良好な関係を築きたいなら引退後にやればいい」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、FA市場解禁直前にチームにトレードを要求してリーグを揺るがせた。この行動に対して様々な批判が寄せられているなかで、レジェンドのロバート・オリーは現代の“仲良しこよし”の傾向に釘を刺している。...
別窓で開く

名物コメンテーターが早くもウォリアーズの連覇を予想!「ステフはレブロンを超え、コビーやダンカンに並ぶ」<DUNKSHOOT>
NBAファイナルでボストン・セルティックスをシリーズ成績4勝2敗で下し、2021−22シーズンのチャンピオンに輝いたゴールデンステイト・ウォリアーズ。過去8シーズンでファイナル進出6回、タイトル獲得4回を成し遂げているなか、名物コメンテーターのスティーブン・A・スミス氏は、早くも来季の2連覇を予測し...
別窓で開く

カリーが初のファイナルMVP獲得!平均31.2点&3P成功率43.7%の活躍に史上6人目の偉業も<DUNKSHOOT>
現地時間6月16日、マサチューセッツ州のTDガーデンでボストン・セルティックス対ゴールデンステイト・ウォリアーズのNBAファイナル第6戦が行なわれ、ウォリアーズが103−90で勝利。4勝2敗で、2018年以来4年ぶり7回目の優勝を果たした。...
別窓で開く

攻守万能を誇ったジョーダン、ペイトン、オラジュワン…NBA歴代“ベスト2ウェイチームを選定!<DUNKSHOOT>
バスケットボールにおいて、オフェンスだけでなくディフェンスでも一線級の役割をこなす選手は“2ウェイプレーヤー”と称される。NBAでも長い歴史の中で、攻守万能の2ウェイプレーヤーが数多く存在してきた。 今回『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、...
別窓で開く

「スーパーチームの失敗ではない」2004年レイカーズの敗因を米記者が分析「勝てなかった理由はシャック&コビー」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは今季開幕時、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニーというスター選手を揃え、「スーパーチーム」と呼ばれた。 フランチャイズの歴史を遡ると、2003−04シーズンにもシャキール・オニール(シャック)、コビー・ブライアント、ゲ...
別窓で開く

独特なシュートフォームをSNSでネタにされたマリオンが反論「俺はジャンプシューターとして一貫していた」<DUNKSHOOT>
フェニックス・サンズの勢いが止まらない。 現地時間3月24日、サンズは敵地でデンバー・ナゲッツを下して7連勝。今季60勝に到達するとともに、球団史上3度目のリーグ最高成績も確定させた。 そんななか、2000年代にサンズの中心選手として活躍したショーン・マリオンが、先日Twitterのスペース内で自身...
別窓で開く

レブロン、マジック、ジャバー…NBAの歴代ベスト“ドラフト1位チーム”を識者が選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、なかでも毎年注目されるのが、その年のNo.1プレーヤーと目される「ドラフト1位選手」だ。...
別窓で開く


[ dunkshoot レブロン ブライアント ダンカン ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン レブロン マリオン ダンカン
nba コビー

<前へ123次へ>