本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ジョーダンは最高チームを倒してない」グリーンが“史上最強選手”にレブロンを推挙「MJに彼のパスは絶対できない」<DUNKSHOOT>
現地時間12月2日、米メディア『UNINTERRUPTED』の番組『Throwing Bones』がYouTubeに公開され、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンが元同僚のファン・トスカノ・アンダーソン(ロサンゼルス・レイカーズ)、俳優兼モデル、ミュージシャンのローム・フリンとの...
別窓で開く

アシスト数1位のストックトン、リバウンドに執念を燃やしたロッドマン…NBA歴代“職人チーム”を選定!<DUNKSHOOT>
シュートスキルやディフェンス、複数のポジションをカバーできる能力など、オールラウンドな力が必要とされる現代のNBAだが、なかには一芸に特化したスペシャリストとしてリーグを生き抜く者も少なくない。 『THE DIGEST』の当シリーズでは、これまで様々なカテゴリー別にベスト5を選出してきたが...
別窓で開く

「心の中では悩んだし、傷ついた」アイバーソンが“五輪代表”に召集されなかった過去への心境を吐露<DUNKSHOOT>
現在、『Netflix』で配信されているバスケットボールのドキュメンタリー映画『リディームチーム:王座奪還への道』。2002年の世界選手権(現ワールドカップ)でまさかの6位に沈んだことから始まり、2004年のアテネ五輪で銅メダル、さらに06年に日本で開催された世界選手権でも3位に終わったアメリカ男子...
別窓で開く

ドクターJ&マローン——1960〜70年代に存在したNBAのライバルリーグ、ABAスターの共闘物語【デュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
■ABAが誇る花形スター、ジュリアス・アービング オールスターウィークエンドの華であるスラムダンク・コンテスト、プレーオフなどで数々の劇的なシーンを生み出してきた3ポイントシュート。いずれも現在のNBAになくてはならないものだが、そのルーツはNBAではなく、1960〜70年代に9年間だけ存在したライ...
別窓で開く

「コビーと連絡を取ることよりも重要なことはなかった」名手シャックが語る最大の後悔「俺は先延ばしにした」<DUNKSHOOT>
シャキール・オニールとコビー・ブライアントと言えば、マイケル・ジョーダン&スコッティ・ピッペン、カール・マローン&ジョン・ストックトンらと並び、NBA史上最高のデュオのひとつに数えられる名タッグだった。 両者の間には確執があったことも周知の事実だが、2020年1月26日にヘリコプター墜落事故で急逝し...
別窓で開く

「コビーは強化されたジョーダン」サンダーの主砲が“GOAT論”を語る「コビーが1位、ブロンが2位、マイクが3位だ」<DUNKSHOOT>
NBA5年目の今季、オクラホマシティ・サンダーのシェイ・ギルジャス・アレキサンダーはエースとしてさらなる成長を遂げた。 24歳のスコアリングガードはここまで16試合の出場で、平均35.6分、31.1点、4.6リバウンド、6.0アシスト、1.8スティール、1.4ブロックにフィールドゴール52.6%、3...
別窓で開く

「コビーやジョーダンの労働倫理は周囲を凌駕する」元同僚が語る両レジェンドの凄み「毎日40時間は練習しているよう」<DUNKSHOOT>
近年のNBAはルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス/23歳)やジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ/23歳)、ラメロ・ボール(シャーロット・ホーネッツ/21歳)といった若手スターの台頭が顕著だ。 彼らがNBAで飛躍を遂げているのは、持って生まれた才能はもちろん、本人たちによる日々の鍛錬の賜物...
別窓で開く

ジェリー・ウエスト??田舎の少年がレイカーズのエース、NBAロゴのモデルとなるまで【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
ジェリー・ウエストの名前を知らない者でも、NBAのロゴは見たことがあるだろう。 ドリブルする、すらりと滑らかなシルエットこそはウエストその人なのだ。偉大なる“ザ・ロゴ”は、当時のNBAを代表するスーパースターでありながら、優勝は1度しか達成していない。しかし、引退後はGMとし...
別窓で開く

「コビーは沈むまで船を走らせた。レブロンがそうならないことを願ってる」バーンズが古巣レイカーズへエール「まだチャンスはある」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズはプレーオフ進出を逃した昨季を受けて、ダービン・ハム新ヘッドコーチ(HC)の下、2022−23シーズンに巻き返しを誓う。“キング”レブロン・ジェームズは今年12月に38歳となるなか、元NBA選手のマット・バーンズは、ある懸念を指摘している。...
別窓で開く

「偉大な存在になるにはスキル以上のものが必要」と語ったアデトクンボが持つ“1番の才能”とは?<DUNKSHOOT>
ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、歴代でも指折りのオールラウンダーだ。すでにシーズンMVP、ファイナルMVP、リーグ優勝、最優秀守備選手賞、NBA75周年記念チームに輝くなど数々の功績を残してきたが、本人は「偉大になるためにはスキル以上のものが必要」と見解を述べている。...
別窓で開く


[ dunkshoot レブロン ブライアント ジョーダン ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン レジェンド レブロン バーンズ
nba aba ジェリ

<前へ12345678次へ>