本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「第4クォーターに入ると得意なスポットへ行ってしまう」守備の名手プリンスが語るレブロンとコビーの特徴<DUNKSHOOT>
現地時間8月7日に公開された『Late Night Lake Show』に、テイショーン・プリンス(元デトロイト・ピストンズほか)がゲスト出演した。 2002年のドラフト1巡目23位でピストンズから指名されたプリンスは、206㎝・96㎏と細身の体格ながら218㎝を超えるウィングスパンを生かし、名ディ...
別窓で開く

レブロンは「数字を追い求めたことがない唯一のスター」。元選手のアリナスが主張「自分のことだけに集中したら平均40点は軽い」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、昨季にプレーオフ進出を逃すもどかしいシーズンを過ごしたなかで、37歳にしてキャリアで2番目に高い平均30.3点(リーグ2位相当)を叩き出した。 いまだ衰えを感じさせない“キング”だが、元NBA選手のギルバート・アリナスは、仮に...
別窓で開く

体重超過で減給のザイオン、減量でボーナス支給のディーオウ——NBA選手たちの特殊な契約形態<DUNKSHOOT>
先日、ニューオリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが延長契約を締結。内容は5年で1億9300万ドルのMAX契約だが、ここに今季オールNBAチーム入り、あるいはMVP、最優秀守備選手賞に選ばれれば、金額が2億3100万ドルに跳ね上がることが話題になった。 ただしこの契約には条項が盛り込まれてい...
別窓で開く

大谷翔平の移籍はバスケ界では“レブロン級”の衝撃? NBA2000年以降MVP受賞者の移籍を振り返る<DUNKSHOOT>
大谷翔平の去就問題が大きな話題を集めたメジャーリーグ。現地時間8月2日のデッドラインまでに多くのトレードが実現したなかで、二刀流戦士は今季中の残留が決まった。だが、依然として来オフの移籍の可能性を残している。 トレード期限間近に移籍が頻発するのは、同じ米国のバスケットボールリーグ、NBAも同様だ。...
別窓で開く

誰もが認めた天賦の才??“レインマン”ショーン・ケンプのキャリアはどこで狂ったか【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
■大学バスケ未経験でNBA入り。KG、コビー、レブロンの大先輩 1995年のドラフト5位でミネソタ・ティンバーウルブズに入団したケビン・ガーネット以来、コビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)、ドワイト・ハワード(無所属)ら、高卒でスターになった選手は何...
別窓で開く

雪辱に燃えるレイカーズ・ビッグ3が新シーズンに向けて“意気投合”?レブロンは「100%健康体だ」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズは昨季ウエスタン・カンファレンス11位の33勝49敗(勝率40.2%)でプレーオフ進出を逃し、失意のシーズンを送った。 レギュラーシーズン終了後、チームはフランク・ヴォーゲルHC(ヘッドコーチ)を解任し、ミルウォーキー・バックスのAC(アシスタントコーチ)だったダービン・ハム...
別窓で開く

カルーソが“スター寄せ集め”の古巣レイカーズにチクリ「ただ優れた選手をコートに出せばいいと思ってる」<DUNKSHOOT>
昨夏にFA(フリーエージェント)としてロサンゼルス・レイカーズからシカゴ・ブルズへ移籍したアレックス・カルーソ。新天地1年目は足首やハムストリング、手首のケガなどで計41試合を欠場したものの、コートに立てば平均28.0分のプレータイムで7.4点、3.6リバウンド、4.0アシスト、1.7スティールをマ...
別窓で開く

名手オリーが“仲良しこよし”の現代NBAに苦言「良好な関係を築きたいなら引退後にやればいい」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、FA市場解禁直前にチームにトレードを要求してリーグを揺るがせた。この行動に対して様々な批判が寄せられているなかで、レジェンドのロバート・オリーは現代の“仲良しこよし”の傾向に釘を刺している。...
別窓で開く

名物コメンテーターが早くもウォリアーズの連覇を予想!「ステフはレブロンを超え、コビーやダンカンに並ぶ」<DUNKSHOOT>
NBAファイナルでボストン・セルティックスをシリーズ成績4勝2敗で下し、2021−22シーズンのチャンピオンに輝いたゴールデンステイト・ウォリアーズ。過去8シーズンでファイナル進出6回、タイトル獲得4回を成し遂げているなか、名物コメンテーターのスティーブン・A・スミス氏は、早くも来季の2連覇を予測し...
別窓で開く

カリーが初のファイナルMVP獲得!平均31.2点&3P成功率43.7%の活躍に史上6人目の偉業も<DUNKSHOOT>
現地時間6月16日、マサチューセッツ州のTDガーデンでボストン・セルティックス対ゴールデンステイト・ウォリアーズのNBAファイナル第6戦が行なわれ、ウォリアーズが103−90で勝利。4勝2敗で、2018年以来4年ぶり7回目の優勝を果たした。...
別窓で開く


[ dunkshoot レブロン ブライアント ] の関連キーワード

dunkshoot レジェンド ダンカン レブロン nba
ケンプ