本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「優勝争いはできるけど、俺たちは倒せない」レブロン&アービング再結成が噂されるレイカーズに王者グリーンが先制攻撃<DUNKSHOOT>
現地時間6月23日(日本時間24日、日付は以下同)に開催されたドラフトを終え、現在のNBAは7月のFA(フリーエージェント)戦線に向けてさまざまな噂が飛び交っている。 なかでも注目を集めているのは、カイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ)の去就だろう。...
別窓で開く

ウォリアーズのグリーンが頂上決戦で4度対戦したレブロンの凄みを語る「彼こそが史上最もスマートな選手だ」<DUNKSHOOT>
現在、自身通算6度目となるNBAファイナルを戦っているゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、ここまでのシリーズ5試合で平均35.2分に出場し、5.0点、7.2リバウンド、5.8アシスト、1.6スティールを残している。 一方でボストン・セルティックスの前に冷静さを欠くシーンも目立...
別窓で開く

「KD加入でステフは救われた」活性化する“カリーorデュラント論争”。名物コメンテーターはレブロン&ウェイドを引き合いに出し自論を展開<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、現在行なわれているNBAファイナルで最も注目を集めている選手の1人だ。 もし、今年優勝すれば、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)がいた2017−18シーズン以来、自身4度目のタイトル獲得となる。...
別窓で開く

カリーが“GOAT”論争に入らないのはなぜ?元得点王が見解「チームの功績をどう評価するかが難しい」<DUNKSHOOT>
自身4回目のリーグ優勝を目指してNBAファイナルを戦っているゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー。レギュラーシーズンとプレーオフの通算3ポイント成功数でともに歴代トップに立つなど、“史上最高のシューター”と称されるその実力に疑いの余地はないが、ファイナルMVP...
別窓で開く

「故障に堪えてプレーするのは自己犠牲」満身創痍のイグダーラが“ファイナルで戦う意義”を語る<DUNKSHOOT>
今季3シーズンぶりにゴールデンステイト・ウォリアーズへ復帰したアンドレ・イグダーラは、首の故障でプレーオフのファーストラウンド第5戦以降を欠場。だが、現地時間6月2日に行なわれたボストン・セルティックスとのNBAファイナル第1戦で復帰すると、12分1秒のプレータイムでダンクや3ポイントを含む7得点に...
別窓で開く

「自分の全てを持ち込んでみせる」。セルティックスのテイタムが初のファイナルへ意気込み「あとはこの瞬間を楽しむだけ」<DUNKSHOOT>
現地時間6月1日、今年のNBAファイナルに出場するボストン・セルティックス、ゴールデンステイト・ウォリアーズの選手たちと両ヘッドコーチが前日会見に臨んだ。 2010年以来、12年ぶりのファイナルへ駒を進めたセルティックスを牽引するジェイソン・テイタムは、初の頂上決戦を前に「不思議な感覚」と心境を語っ...
別窓で開く

自身初のファイナル進出へ王手をかけたセルティックスのテイタム「2勝3敗で追い込まれているつもりで戦う」<DUNKSHOOT>
現地時間5月26日、ゴールデンステイト・ウォリアーズが本拠地チェイス・センターでダラス・マーベリックスを120−110で撃破。ウエスタン・カンファレンス・ファイナルを4勝1敗で制し、2019年以来、3年ぶりにNBAファイナルの舞台に駒を進めた。 今年のチャンピオンを決めるファイナルは6月2日に幕を開...
別窓で開く

「ルカはネクスト・レブロンにはなれない」ドンチッチを巡る世論にキングの元同僚が物申す「同じレベルはあり得ない」<DUNKSHOOT>
ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、NBA4年目にして“リーグの顔”の1人となっている。23歳のスロベニア人はポイントフォワード的な役割を担い、トリプルダブルを量産するなど、活躍ぶりは目覚ましい。 2018年のドラフト全体3位指名でNBA入りしたドンチッチは、ルーキー...
別窓で開く

最大55点差で惨敗したウォリアーズにかつてのライバルたちが辛辣なコメント「もうあの時と同じチームじゃない」<DUNKSHOOT>
現地時間5月11日、ゴールデンステイト・ウォリアーズが3勝1敗と王手をかけて迎えたメンフィス・グリズリーズとのウエスタン・カンファレンス・セミファイナル第5戦は、予想外の一方的な展開となった。 グリズリーズはシリーズ平均38.3点、6.7リバウンド、8.3アシスト、3.0スティールを記録していたジャ...
別窓で開く

ジョーダン、レブロン、シャック——NBAスターたちのシーズン最多敗戦数を紹介【Part.2】<DUNKSHOOT>
今年のプレーオフでは、NBAの“キング”レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)が不出場、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは1回戦敗退と、リーグを代表するスターの2人が早々に姿を消した。 ただ、そのレブロンや、バスケットボール選手の“神様&ldqu...
別窓で開く


[ dunkshoot レブロン クリーブランド ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン アービング goat part
レブロン nba カリー