本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カナダのナッシュにアルゼンチンのジノビリ…アメリカ&ヨーロッパ出身以外のNBAベストチームを選定!<DUNKSHOOT>
近年は様々な国からトップ選手が集まり、国際化が著しいNBA。そのなかで、海外出身選手に限定して歴代ベストメンバー選出した場合、どういった顔ぶれが並ぶのだろうか。 ヨーロッパ出身のベストチームを選んだ前回に続き、今回は“アメリカ&ヨーロッパ以外の出身者”から成るNBAのベストチ...
別窓で開く

ラッセル、ハーデン、ロビンソンにジノビリ…NBA“ベストレフティチーム”を選定!<DUNKSHOOT>
今季NBAでプレーした558人のうち、左利きの選手は1割に満たない50人。リーグの歴史を振り返っても稀少性の高いサウスポープレーヤーだが、そんな彼らのなかでベストチームを組んだら、どのような顔ぶれが並ぶのか。『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、NBAの&ldquo...
別窓で開く

「今までで最も動きが重い」ミラーがドンチッチの調整不足を指摘「もっとスリムにならないと」<DUNKSHOOT>
ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチは、4年目の今季も20試合に出場して平均25.7点、7.9リバウンド、8.6アシストと相変わらずのオールラウンダーぶりを見せている。しかし、チームは12勝12敗で勝率5割と波に乗れておらず、現役時代に名シューターとして鳴らしたレジー・ミラーは、ドンチッチの&l...
別窓で開く

レブロンとカリーの選出は確実も、アデトクンボとドンチッチは微妙?「NBA75周年記念チーム」のメンバーを予想<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日、日付は以下同)、NBAコミッショナーのアダム・シルバーはリーグ創設75周年目となる2021−22シーズンに向けて「我々は選手たちとチーム、過去と現在において世界中のファンの皆様を魅了してきたその双方を称えることを楽しみにしています」と語った。...
別窓で開く

コビーが「初代ドリームチームに勝てる」と豪語。数々の新記録を樹立したロンドン五輪アメリカ代表の軌跡【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
2004年のアテネ五輪で惨敗し、失墜したアメリカのプライドを取り戻したのが“リディームチーム”だった。2008年の北京五輪で頂点に返り咲くと、2012年のロンドン五輪にもアメリカはオールスターキャストで参戦。コビー・ブライアント曰く「ドリームチームに勝てる」ほどの豪華メンバー...
別窓で開く

五輪4連覇を狙うアメリカ代表の“懸念材料” 。12人中11人がオールスター経験者も…<DUNKSHOOT>
現地時間6月28日、東京五輪に臨むアメリカ代表チームのメンバー12人が発表された。 レブロン・ジェームズ、ステフィン・カリー、カワイ・レナード、アンソニー・デイビス、カイリー・アービング、ジェームズ・ハーデンなどは不参加で、“ドリームチーム”とまでは呼べないメンバー構成ではあ...
別窓で開く

日本の相手はドンチッチのスロベニアかサボニスのリトアニアか、それとも…【五輪最終予選プレビュー|PART. 3】 <DUNKSHOOT>
6月29日から7月4日にかけて、カナダのビクトリア、クロアチアのスプリト、リトアニアのカウナス、そしてセルビアのベオグラードの4都市で、東京オリンピックの男子バスケットボール最終予選が行なわれる。 オリンピックの出場枠は全部で12。ホスト国の日本と、2019年のFIBAワールドカップ(W杯)から7か...
別窓で開く

シュルーダーらNBA組参加のドイツより、母国開催のクロアチアが優勢?【五輪最終予選プレビュー|PART. 2】<DUNKSHOOT>
6月29日から7月4日にかけて、カナダのビクトリア、クロアチアのスプリト、リトアニアのカウナス、そしてセルビアのベオグラードの4都市で、東京オリンピックの男子バスケットボール最終予選が行なわれる。 オリンピックの出場枠は全部で12。ホスト国の日本と、2019年のFIBAワールドカップ(W杯)から7か...
別窓で開く

東京五輪のアメリカ代表メンバーはどうなる?カリーの出場は五分五分、レブロン&デイビスは……<DUNKSHOOT>
6月6日(日本時間7日、日付は以下同)。プレーオフ・ファーストラウンドでロサンゼルス・クリッパーズがダラス・マーベリックスを下し、シリーズ4勝目(3敗)をあげたことで、今季の優勝チームは8に絞られた。 今後プレーオフは各カンファレンスの準決勝、決勝が行なわれ、NBAファイナルを経て今季のチャンピオン...
別窓で開く

「我々の期待を上回っている」新人王筆頭のボールをMJが高評価!ボーレゴHCはジノビリを引き合いに出して称賛〈DUNKSHOOT〉
ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)が左ヒザの骨挫傷で戦線離脱、レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)も3月20日(日本時間21日、日付は以下同)のアトランタ・ホークス戦で重度の右足首捻挫を負い無期限の戦線離脱となったことで、混沌としてきた今季のMVP争い。...
別窓で開く


<前へ12次へ>