本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ルカは13歳の時から素晴らしい選手だった」レアル・マドリー時代の恩師が語るドンチッチの凄さ「どんな状況にも適応できる」<DUNKSHOOT>
NBAはカンファレンス・ファイナルの真っ最中だが、ヨーロッパでも今週末、ユーロリーグのファイナル・フォーが行われている。 5月19日のセミファイナルは、バルセロナ対レアル・マドリーのスペイン対決、そしてアナドルー・エフェス(トルコ)対オリンピアコス(ギリシャ)の両戦とも3点差の激戦に。...
別窓で開く

「必要なことは何でもする」ホークス浮上の鍵を握る“ゲームチェンジャー”ボグダン・ボグダノビッチ<DUNKSHOOT>
プレーイン最終戦で、クリーブランド・キャバリアーズを107−101で破り、イースト・カンファレンス最後のプレーオフ出場権を勝ち取ったアトランタ・ホークス。 1回戦ではカンファレンス首位のマイアミ・ヒートと対戦している。 ホークスの注目選手は、勝負強さのあるエースのトレイ・ヤングだが、彼以外に重要な鍵...
別窓で開く

カナダのナッシュにアルゼンチンのジノビリ…アメリカ&ヨーロッパ出身以外のNBAベストチームを選定!<DUNKSHOOT>
近年は様々な国からトップ選手が集まり、国際化が著しいNBA。そのなかで、海外出身選手に限定して歴代ベストメンバー選出した場合、どういった顔ぶれが並ぶのだろうか。 ヨーロッパ出身のベストチームを選んだ前回に続き、今回は“アメリカ&ヨーロッパ以外の出身者”から成るNBAのベストチ...
別窓で開く

NBA“ベストシューターチーム”を選定!カリー、アレンら名手に加え、センターには現役ビッグマンの名も<DUNKSHOOT>
近年のバスケットボールにおいて、3ポイントシュートの重要性はかつてないほど高まっている。NBAで1979−80シーズンに初めて採用された当時は、どのチームも1試合に3〜5本放って1、2本決まるか程度だったのが、今では平均試投数は30本、成功数も10本を優に超える。...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ミラー、テリー、マリオンらが着用も…背番号31は“ドラフトを巡る負の記憶”のイメージが<DUNKSHOOT>
背番号31は、ドラフトを巡るドラマに欠かせない番号である。ただ残念なのは、それは悪い意味で記憶に残る選手が多い番号だということだ。 1984年のドラフトは、全体1位でヒューストン・ロケッツがアキーム・オラジュワンを指名。...
別窓で開く

【欧州ドラフト候補生チェック】“18歳の器をはるかに超える”トルコバスケ界の逸材、アルペラン・センギュン<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日)に開催される、今年のNBAドラフト。過去2シーズンはギリシャ出身のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)が、今季もセルビア人のニコラ・ヨキッチがシーズンMVPに輝いたように、ヨーロッパ出身選手の活躍が目覚ましい近年、ドラフト候補生にも将来有望な“欧州...
別窓で開く

日本の相手はドンチッチのスロベニアかサボニスのリトアニアか、それとも…【五輪最終予選プレビュー|PART. 3】 <DUNKSHOOT>
6月29日から7月4日にかけて、カナダのビクトリア、クロアチアのスプリト、リトアニアのカウナス、そしてセルビアのベオグラードの4都市で、東京オリンピックの男子バスケットボール最終予選が行なわれる。 オリンピックの出場枠は全部で12。ホスト国の日本と、2019年のFIBAワールドカップ(W杯)から7か...
別窓で開く

シュルーダーらNBA組参加のドイツより、母国開催のクロアチアが優勢?【五輪最終予選プレビュー|PART. 2】<DUNKSHOOT>
6月29日から7月4日にかけて、カナダのビクトリア、クロアチアのスプリト、リトアニアのカウナス、そしてセルビアのベオグラードの4都市で、東京オリンピックの男子バスケットボール最終予選が行なわれる。 オリンピックの出場枠は全部で12。ホスト国の日本と、2019年のFIBAワールドカップ(W杯)から7か...
別窓で開く

ナゲッツのヨキッチが今季のMVP!センターの受賞者は2000年のシャック以来21年ぶり<DUNKSHOOT>
現地時間6月8日、NBAは今季のMVPにデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチを選出した。同賞の受賞者はナゲッツ史上初で、ヨキッチはドラフト最低順位(2巡目41位)のMVPとなった。 セルビア出身のヨキッチは2014年のドラフトでナゲッツに指名されるも入団せず、1年間は母国でプレー。...
別窓で開く

東京五輪のアメリカ代表メンバーはどうなる?カリーの出場は五分五分、レブロン&デイビスは……<DUNKSHOOT>
6月6日(日本時間7日、日付は以下同)。プレーオフ・ファーストラウンドでロサンゼルス・クリッパーズがダラス・マーベリックスを下し、シリーズ4勝目(3敗)をあげたことで、今季の優勝チームは8に絞られた。 今後プレーオフは各カンファレンスの準決勝、決勝が行なわれ、NBAファイナルを経て今季のチャンピオン...
別窓で開く


<前へ1次へ>