本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「どうして私が入っていないんだ?」75周年チームから漏れたレジェンドが「傷ついた」胸中を吐露<DUNKSHOOT>
10月19日から21日(いずれも現地時間)にかけて、NBAは創設75シーズン目を祝して記念チームを発表。創設50周年の1996-97シーズンに選ばれた最も偉大な50選手に加え、新たに26選手(最後は得票数が並んだことで、計76選手が選出)が名誉あるリストに仲間入りを果たした。...
別窓で開く

ブルズの主軸デローザン&ヴュチェビッチを輩出! サザンカリフォルニア大の歴代ベストメンバーは?<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとって“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを世界最高峰の舞台に送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に...
別窓で開く

“キング”レブロンが「ベスト5」から陥落。各チームのGMが選んだ各ポジションの最強プレーヤーは?<DUNKSHOOT>
現地時間10月5日(日本時間6日)、今年の「GMサーベイ」の結果が『NBA.com』で公開された。これは全30チームのGMが様々な項目に答え、それを集計しランキング化した毎年恒例の企画だ。  ここでは2021−22シーズンの予想、選手編を見ていこう(チーム名は略称、カッコ内の数字は得票率)。...
別窓で開く

【NBA歴代平均得点差ランキング】トップ3はすべて伝説のチーム。今季のレイカーズとネッツは記録更新なるか?<DUNKSHOOT>
現地10月19日に開幕を迎えるNBA2021−22シーズン。今季はブルックリン・ネッツとロサンゼルス・レイカーズの東西2大パワーハウスが、優勝に向けて戦力をアップさせ、話題をさらっている。 どちらもイースト、ウエスト両カンファレンスを制し、NBAファイナルでの対決が期待されているが、その前にまずは約...
別窓で開く

優勝を阻まれた“仇敵3人”の加入にバトラーの反応は?「なんだか信じられないね」<DUNKSHOOT>
「考えてみると、彼らは皆、この3年間のプレーオフで俺を倒してきた相手だったんだ。なんだか信じられないね」 現地時間9月27日(日本時間28日)のメディアデーで、マイアミ・ヒートの闘将ジミー・バトラーは新加入選手たちについてそう評した。 それもそのはず、今夏ヒートが獲得したカイル・ラウリー、マーキーフ...
別窓で開く

NBAのご意見番が現役SFトップ5を発表!“キング”を抑えて1位に立ったのは?<DUNKSHOOT>
元NBA選手のケンドリック・パーキンスは現役時代、フィジカルに長けたビッグマンとして14年間にわたってプレー。2008年にはポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレンのビッグ3を支え、ボストン・セルティックスの22年ぶりの優勝に貢献した。 現在36歳のパーキンスはキャリアで多くのスター選手と...
別窓で開く

サンズの2年連続のファイナル進出にOBが否定的な意見「昨年は好条件が揃っていた」<DUNKSHOOT>
昨季のフェニックス・サンズは名司令塔クリス・ポールの獲得によって、シーズンではウエスタン・カンファレンス2位の51勝21敗(勝率70.8%)と好成績をマーク。2010年以来のプレーオフでは1回戦で前年王者のロサンゼルス・レイカーズを撃破すると、その後も破竹の勢いで勝ち上がり、28年ぶりのNBAファイ...
別窓で開く

米メディアが25歳未満のプレーヤーランキングを発表!11〜25位には“ポスト・レナード”らがランクイン【Part.1】<DUNKSHOOT>
現地時間9月17日(日本時間18日、日付は以下同)、米メディアの『Bleacher Report』が、25歳未満のプレーヤーランキングトップ25を発表した。 2021−22シーズンの開幕時点で24歳以下の選手が対象で、今年のドラフトで指名されたルーキーは除外。選手としての実績と伸びしろを考慮しランキ...
別窓で開く

首脳陣とエースの間に亀裂!? シアカムが悩める胸中を吐露「『僕のチームだ』と感じたことは一度もない」<DUNKSHOOT>
2018-19シーズンの覇者トロント・ラプターズが、変革を迫られている。 当時の優勝の原動力となったカワイ・レナード(現ロサンゼルス・クリッパーズ)とダニー・グリーン(現フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)は、直後のオフに揃ってチームを退団。...
別窓で開く

アービングが再び衝撃発言!? 現地記者が代理人の言葉を紹介「ネッツがトレードしたら、NBAから引退する」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、現役屈指のポイントガードであると同時に、歯に衣着せぬ物言いや奔放な行動でたびたび波紋を呼ぶ“問題児”としても知られる。そして今回は、自身がトレードに出された場合は、現役を引退するという発言で周囲を驚かせている。...
別窓で開く


[ dunkshoot レナード ] の関連キーワード

dunkshoot part レナード レブロン バトラ
ブルズ キング nba

<前へ123456次へ>