本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2年連続ファイナル4MVPのミチッチ、点取り屋のラーキンーー今夏にNBA行きが期待される欧州選手【Part.1】<DUNKSHOOT>
欧州バスケットボール情報において高い評価を誇る『EUROHOOPS』。同サイトが今オフに、NBA行きの噂がある欧州で活躍中の選手10人をピックアップしている。 考慮されたのは「能力面」においてプレーが可能かという点ではなく、すでにドラフトされている、過去にNBAでプレー経験があるなど、現実的に移籍が...
別窓で開く

【NBAドラフト候補】フランスの大器ウスマン・ジェン。欧州発、NBL経由で目指す世界最高峰の舞台<DUNKSHOOT>
来週23日にニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで開催される2022年のNBAドラフトには、NCAA在籍中の選手を除く、14人のインターナショナル選手(アメリカ国籍外の選手)がアーリーエントリーしている。 そのなかで、最高位での指名が期待されているのが、フランス出身の19歳、ウスマン・...
別窓で開く

欧米では“陰謀説”も…。モスクワ勾留中の“世界最高女子バスケ選手”ブリトニー・グライナーの今<DUNKSHOOT>
アメリカと日本が対戦した、昨年の東京五輪女子バスケットボール決勝戦で、ゲームハイの30得点をマークしてアメリカを優勝に導いた、センターのブリトニー・グライナー。身長162cmの日本のガード町田瑠唯と、203cmのサイズを誇るグライナーの、41cm差のマッチアップも話題となった。...
別窓で開く

“デンマーク史上最高の選手”ルンドベリ。ロシアチームとの契約を自ら買い取り、サンズと契約した男のキャリア<DUNKSHOOT>
人生は、何が起こるかわからない。 先日、ロシアによるウクライナへの軍事侵略の影響を受けて、ロシアの球団から外国籍の選手が続々離脱している旨をお伝えしたが、その中の1人、家族と母国デンマークへと退避していたCSKAモスクワのガード、ガブリエル・ルンドベリが、フェニックス・サンズと今シーズン残り期間の2...
別窓で開く

得点製造機デュラント、名司令塔トーマス、守備職人ペイトン…NBAの歴代ベスト“ドラフト2位チーム”を選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は“ドラフト2位指名”の...
別窓で開く

ロシアのウクライナ侵攻がバスケ界にも飛び火。揺れるユーロリーグは「軍事侵略国のクラブと一緒にプレーしたくない」との声も<DUNKSHOOT>
2月24日、ロシアがウクライナに軍事侵攻したことで、現在両国の間で戦闘が続いている。これを受けてユーロリーグでは、同日の夜に予定されていたバイエルン対CSKAモスクワ戦、バスコニア対UNICSカザン戦をティップオフ直前に中止。25日のゼニト・サンクトペテルブルク対バルセロナ戦も延期となった。...
別窓で開く

1980年代後半の世界最高センターはアマチュア選手。“ドリームチームの生みの親”アルビダス・サボニス【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
プロバスケットボールの最高峰であるNBAには、世界中から最も優秀な選手が集まってくる。だが、1980年代後半における世界最高のセンターは、NBAの選手でなかっただけでなく、プロですらなかった。 当時のソビエト連邦(以下ソ連)代表として、アマチュア資格でプレーしたアルビダス・サボニス。...
別窓で開く

NBAに次ぐ世界2位のユーロリーグの“金銭事情”は?欧州メディアがサラリーランキングTOP10を発表!<DUNKSHOOT>
ユーロリーグのパートナーメディア『Eurohoops』が、毎年恒例のサラリーランキングTOP10を発表した。顔触れは以下の通りだ。...
別窓で開く

アデトクンボ弟、メッリ、ダニエルズ…NBAからユーロリーグへ旅立った選手たち&新シーズンの注目チームを紹介<DUNKSHOOT>
東京オリンピックも終わり、9月30日のユーロリーグ開幕に向けて、ヨーロッパのクラブもトレーニングキャンプを開始した。 各チームともロースターも整いつつあるところで、この夏の目立った補強をピックアップしていこう。 まず、積極補強を敢行したのがオリンピア・ミラノだ。...
別窓で開く

消えない傷を負ったモスクワ五輪の“幻のアメリカ代表”「スポーツと政治は無関係」の理念が踏みにじられる大会に【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>
新型コロナウイルスの蔓延で2020年に開催予定だった東京五輪は1年後に延期となったが、過去には政治的な問題で大会に出場できなかった悲運の選手たちもいた。1980年、モスクワ五輪の“幻のアメリカ代表”。メンバーの1人が「今も傷は癒えていない」と語ったように、彼らは他国同士の無関...
別窓で開く


<前へ12次へ>