本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



マブズを11年ぶりの1回戦突破に導いたキッドHC。自身の在籍当時と重ね「今年の状況は似ている」<DUNKSHOOT>
現地時間4月28日に行なわれたダラス・マーベリックスとユタ・ジャズによるプレーオフ1回戦第6戦。マブズの2点リードで迎えた最終盤、ジャズは左ウイングのボーヤン・ボグダノビッチにボールを託すと、スペンサー・ディンウィディーをポンプフェイクで交わし、ワイドオープンの3ポイントを放った。「しまった&hel...
別窓で開く

独特なシュートフォームをSNSでネタにされたマリオンが反論「俺はジャンプシューターとして一貫していた」<DUNKSHOOT>
フェニックス・サンズの勢いが止まらない。 現地時間3月24日、サンズは敵地でデンバー・ナゲッツを下して7連勝。今季60勝に到達するとともに、球団史上3度目のリーグ最高成績も確定させた。 そんななか、2000年代にサンズの中心選手として活躍したショーン・マリオンが、先日Twitterのスペース内で自身...
別窓で開く

サンズ強し!60勝到達でリーグ最高成績確定、球団新記録まであと「3」。ブッカーが49得点&復帰のポールが13アシスト<DUNKSHOOT>
現地時間3月24日、フェニックス・サンズが敵地ボール・アリーナで行なわれたデンバー・ナゲッツとの一戦を140−130で制し、7連勝を飾った。 第3クォーターを終えて104−106とナゲッツに2点リードを許すなか、サンズは最終クォーターにギアを上げて鮮やかな逆転勝ち。...
別窓で開く

マブズのキッドHCがチームとしての“理想型”を語る。古巣レイカーズへのエールも「健康体を取り戻した時ジャッジすべき」<DUNKSHOOT>
3シーズン連続のプレーオフ進出を狙うダラス・マーベリックスが、年明け以降調子を上げている。 1月はウエスタン・カンファレンス2位タイの12勝4敗(勝率75.0%)、2月もウエスト4位の7勝3敗(勝率70.0%)で終え、現地時間3月3日(日本時間4日)終了時点で38勝25敗(勝率60.3%)のウエスト...
別窓で開く

ドンチッチ、モラント、ボール。進境著しい若手PGで元オールスターガードの“お気に入り”は?<DUNKSHOOT>
現在のNBAでは、開幕直後にMVP候補にも挙がったジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ/22歳)をはじめ、ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス/22歳)、ラメロ・ボール(シャーロット・ホーネッツ/20歳)、トレイ・ヤング(アトランタ・ホークス/23歳)ら、若手ポイントガードが存在感を示してい...
別窓で開く

「信じられない可能性を秘めている」有望株クミンガをカリーも絶賛!カーHCはオールスター選手とも比較<DUNKSHOOT>
今季開幕20試合で18勝2敗(勝率90.0%)と駆け抜けたゴールデンステイト・ウォリアーズ。しかしドレイモンド・グリーン(左ふくらはぎ)が戦線離脱、ジェームズ・ワイズマン(ヒザ)も手術明けということもあって欠場が続くなど、戦力が揃わず徐々に黒星が増えてきている。 とはいえ、現地時間1月14日(日本時...
別窓で開く

マリオン、LJ、ライダー…曲者揃いの人材が集うUNLVの歴代ベストメンバーを選定<DUNKSHOOT>
1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターをNBAに送り出してきた。 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】ミラー、テリー、マリオンらが着用も…背番号31は“ドラフトを巡る負の記憶”のイメージが<DUNKSHOOT>
背番号31は、ドラフトを巡るドラマに欠かせない番号である。ただ残念なのは、それは悪い意味で記憶に残る選手が多い番号だということだ。 1984年のドラフトは、全体1位でヒューストン・ロケッツがアキーム・オラジュワンを指名。...
別窓で開く

ノビツキーとウェイドは当確も、ジョンソンは微妙?将来の殿堂入り候補を現地メディアが予想!<DUNKSHOOT>
現地9月11日(日本時間12日)の殿堂入り式典で、ポール・ピアース(元ボストン・セルティックスほか)やクリス・ボッシュ(元トロント・ラプターズほか)、ベン・ウォーレス(元デトロイト・ピストンズほか)、クリス・ウェバー(元サクラメント・キングスほか)といった元選手たちが歴史に名を刻んだ。...
別窓で開く

レイカーズファンを歓喜に誘った全盛期コビーの劇的ブザービーター【コビー・ブライアント名勝負:Part.6】〈DUNKSHOOT〉
2020年1月26日、世界中が悲しみに暮れたロサンゼルス・レイカーズのレジェンド、コビー・ブライアントの事故死。あれから約1年……。コビーの肉体は滅びたが、その勇姿はファンの心に永遠に刻み付けられている。ここでは彼の20年の激闘譜のなかから、後世に語り継ぐべき名勝負を紹介...
別窓で開く


<前へ1次へ>