本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ピッペンが“真剣勝負”とは無縁の近年のオールスターに警鐘「選手は誰もそこにはいたくないと思っている」<DUNKSHOOT>
今年のNBAオールスターゲームは2月18日(日本時間19日)にインディアナポリスのゲインブリッジ・フィールドハウスで行なわれ、イーストが211−186でウエストを下して勝利した。オールスター史上初の200点超えとなったが、殿堂入り選手のスコッティ・ピッペン(元シカゴ・ブルズほか)は“真剣...
別窓で開く

「僕のマインドはアトランタに留まっている」ホークスのヤングが移籍の噂を否定。一方で「(トレードも)ゲームの一部」<DUNKSHOOT>
アトランタ・ホークスのトレイ・ヤングは、類まれなシュート力とパスセンス、そして勝負強さを兼備し、リーグ屈指の司令塔の1人として知られる。 球団OBのドミニク・ウィルキンスが「このリーグの若きスーパースターで、私たちのチームのリーダーだ」と称賛するプレーメーカーは、キャリア6年目の今季、50試合の出場...
別窓で開く

「いつも言い訳ばかり」バックスで苦戦中のリバースHCを元選手のレディックが非難「あの男には責任がない」<DUNKSHOOT>
今季、2020−21シーズン以来3年ぶりの王座奪還を狙うミルウォーキー・バックスは、ここまでイースタン・カンファレンス3位の35勝21敗(62.5%)の成績を残している。...
別窓で開く

ペイサーズ復帰説が流れるポール・ジョージを“後輩”ターナーは歓迎「大好きなチームメイト。一緒にプレーしたい」<DUNKSHOOT>
オールスター終了時点で、インディアナ・ペイサーズは31勝25敗(勝率55.4)でイースタン・カンファレンス6位。直近3シーズンはプレーオフから遠ざかっているものの、若きエースのタイリース・ハリバートンや今季途中加入のパスカル・シアカム、守護神マイルズ・ターナーらを中心に好成績を残し、低迷期から脱却し...
別窓で開く

リーグ最高勝率を残すイーストの“本命”セルティックス。現地記者が語る今季のチームの強みとは?<DUNKSHOOT>
NBAの2023−24シーズンはオールスターゲームが終わり、いよいよ後半戦を迎える。トレード期限には多くのチームが戦力補強を行なったが、それでもイースタン・カンファレンスの本命はボストン・セルティックスで変わらないだろう。 開幕から突っ走ってきたセルティックスは2月7日、メンフィス・グリズリーズから...
別窓で開く

大忙しのオールスター期間を終えた地元の英雄ハリバートン。MVPは逃すも「楽しんでプレーできた」<DUNKSHOOT>
現地時間2月18日(日本時間19日、日付は以下同)、NBAオールスター2024がインディアナポリスのゲインブリッジ・フィールドハウスで開催され、イースタン・カンファレンスが211−186と史上最高得点を奪って快勝を収めた。 このオールスター・ウィークエンド、ホストチームのインディアナ・ペイサーズに所...
別窓で開く

カーメロはレイカーズ移籍寸前だった?「ニックスのことは考えてなかった」と知られざる当時の内情を語る<DUNKSHOOT>
カーメロ・アンソニーはレブロン・ジェームズ(現ロサンゼルス・レイカーズ)と同じ2003年ドラフト組の1人であり、昨年5月に現役を引退するまでNBA史に名を残すスコアラーとして人々の記憶に刻まれた。2011年には生まれ故郷ニューヨークのチームであるニックスへ移籍したが、当初は“凱旋&rdq...
別窓で開く

ハリバートンがオールスターMVP級の活躍を見せた裏にシャックあり?「パスせず試合を支配しろ」の助言に本人は苦笑い<DUNKSHOOT>
現地時間2月18日(日本時間19日、日付は以下同)にインディアナ州インディアナポリスにあるゲインブリッジ・フィールドハウスで開催されたNBAオールスターゲームは、イースタン・カンファレンスが歴代最高得点を更新する211得点を奪い、最終スコア211−186でウエスタン・カンファレンスを下した。...
別窓で開く

「多くのことがうまくいってる」ペイサーズのターナーが今季好調のチーム状態に自信<DUNKSHOOT>
現地時間2月18日(日本時間19日、日付は以下同)、インディアナ・ペイサーズのマイルズ・ターナーのインタビューが米メディア『USA TODAY SPORTS』に公開された。 今季で在籍9年目とチーム最古参のセンターは、ここまで52試合に出場して平均17.2点、6.9リバウンド、1.3アシスト、1.8...
別窓で開く

新人王候補のホルムグレン、好調の陰に球団OBデュラントの存在あり。「素晴らしいトレーニングをさせてくれた」<DUNKSHOOT>
今季、ハイレベルなウエスタン・カンファレンスで2位と好調のオクラホマシティ・サンダー。そのチームを攻守両面で支えているのが、期待のルーキー、チェット・ホルムグレンだ。 ここまで全54試合に出場して、平均16.7点、7.6リバウンド、2.7アシスト、2.65ブロックと前評判通りの活躍を披露。...
別窓で開く