本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ブランドン・ロイが“同い年”レブロン、“憧れ”コビーとの思い出を語る「最終的に私の2番目になった」<DUNKSHOOT>
NBAで太く短いキャリアを送ったブランドン・ロイ。抜群のオールラウンド能力を備えながら、両ヒザのケガに悩まされ、実働6シーズンでNBAの舞台を去った“ガラスの天才”が、自身のお気に入りの選手について語った。...
別窓で開く

恐れ知らずの新人王が“ラメロ節”全開で質問に回答!「No.1パサーは俺」「ジョーダンのプレーは見たことない」<DUNKSHOOT>
NBAで昨季の新人王に輝いたラメロ・ボールが、アメリカのファッション誌『GQ』のYouTube企画「Actually Me(アクチュアリーミー)」シリーズに登場。各種SNSに寄せられたファンからの質問に、“ラメロ節”全開で答えた。...
別窓で開く

ブルズのラビーンが勝負のシーズンへ不退転の決意「皆にとってもの凄く重要なものになる」<DUNKSHOOT>
今夏の東京オリンピックで大会4連覇を成し遂げたアメリカ代表で、シカゴ・ブルズのザック・ラビーンは攻守のつなぎ役を務め上げ、金メダル獲得に大きく貢献した。 キャリア7年目の昨季、ラビーンは平均27.4点、5.0リバウンド、4.9アシストにフィールドゴール成功率50.7%、3ポイント成功率41.9%(平...
別窓で開く

東京五輪を経験した八村塁へ期待を寄せるシェパードGM「ウィザーズではもう少し楽にプレーできる」<DUNKSHOOT>
現地時間9月23日、ワシントン・ウィザーズのトミー・シェパードGM(ゼネラルマネージャー)が、新シーズンに向けた記者会見を行なった。 シェパードGMは冒頭、28日から始まるトレーニングキャンプについて「すごく楽しみだ」とコメント。今夏に多くの新戦力が加わった新布陣を「各ポジションの層が厚くなった。...
別窓で開く

東京五輪が最後の舞台に。アルゼンチンの生ける伝説ルイス・スコラが示した“ベテランの美しき去り際”と“セカンドキャリア”<DUNKSHOOT>
8月3日、さいたまスーパーアリーナで行なわれた東京オリンピックの男子バスケットボール、アルゼンチン対オーストラリアの準々決勝でのワンシーンは、大会史に残る感動的な場面のひとつとなった。 オーストラリアが92−56と大きくリードし、準決勝進出を確実にした第4クォーター残り51.4秒、ルイス・スコラの交...
別窓で開く

ネッツがビッグ3全員と延長契約を結ぶ意向。ナッシュHCは新戦力の2人へ期待「我々を助けてくれる」<DUNKSHOOT>
現地9月21日(日本時間22日)、ブルックリン・ネッツのショーン・マークスGM(ゼネラルマネージャー)とスティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)が新シーズンに向けた会見を行なった。 ネッツは今夏、ブレイク・グリフィンに加え、今年4月に一度は引退したラマーカス・オルドリッジと再契約。...
別窓で開く

ウルブズが開幕前に異例のGM解任!後任候補には現シクサーズのブランドの名も<DUNKSHOOT>
現地9月22日、ミネソタ・ティンバーウルブズはバスケットボール運営部門代表を務めるガーソン・ロサスを解任したと発表した。プレスリリースで「私たちのファンや市が誇りに思えるような勝てるチームを作ることに引き続きコミットしている」と声明を発表したが、2019年5月に就任したばかりの同氏を解任した理由につ...
別窓で開く

現役引退のレディックは2部門でトップ20入り。NBA3ポイント成功数&成功率ランキングを発表<DUNKSHOOT>
現地時間9月21日、ダラス・マーベリックスのJJ・レディックが現役引退を発表した。 2006年に名門デューク大で全米最優秀選手に輝いたレディックは、同年のドラフト全体11位でオーランド・マジックに入団。NBA屈指の3ポイントシューターとして頭角を現わし、ロサンゼルス・クリッパーズ時代の2015−16...
別窓で開く

元ドラ1のマーティンが現役時代を回想!「守るのがタフな選手」と「止められなかった相手」を明かす<DUNKSHOOT>
2000年にニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)へ入団し、NBAで15年間プレーしたケニョン・マーティンが現役時代を振り返り、「守るのがタフだった選手」、そして「止められなかった選手」を明かしている。 00年のドラフト1位指名でNBA入りしたマーティンは、類まれな身体能力を武器にアスレ...
別窓で開く

「その時が来た」ピュアシューターのレディックが現役引退を発表「すべてに感謝」<DUNKSHOOT>
現地9月21日(日本時間22日)、2010年代のNBAを代表するピュアシューターの1人だったJJ・レディックが現役引退を発表した。 37歳のレディックは自身のポッドキャスト番組で「その時が来たことを実感している。父親になる時が来た。これまでを振り返って、立ち止まり、人生の次のステップに突入する準備を...
別窓で開く