本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「震えながらプレーしていた」クラシコに続きバイエルンに惨敗。ビッグクラブに勝てないバルサの問題点を番記者が指摘【現地発】
 先月行われたクラシコ(マドリーが3−1で勝利)の後、レアル・マドリーの選手の間でバルセロナの守備の弱さが話題になっていた。とりわけ彼らを驚かせたが若手選手の精神状態だ。「震えながらプレーしていた。...
別窓で開く

ウブロからUEFAチャンピオンズリーグを象徴するブルーを纏った世界100本限定の「ビッグ・バン ウニコ」が登場
「ビッグ・バン ウニコ UEFAチャンピオンズリーグ」UEFAチャンピオンズリーグは、選手やファンにとって特別な存在です。最高のチームと最高の選手が集い、人々の心をひとつにし、記憶に残るエキサイティングな試合が行われます。どの地域、選手、チームを応援するかということを超えて、それぞれの試合に情熱があ...
別窓で開く

「許されるのなら11人のイニエスタを…」愛弟子ラームが恩師ペップの逸話を披露!間近で見た圧倒的な手腕とは?
 ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティは現地時間5月4日、チャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝・第2レグで、パリ・サンジェルマンと対戦。リャド・マハレズの2ゴールで快勝し、2戦合計4-1でフランス王者を一蹴した。...
別窓で開く

「エムバペとハーランドはどちらが優れているのか?」ファンもメディアも心を躍らせる新たなライバル物語【現地発】
 キリアン・エムバペとアーリング・ハーランドがリオネル・メッシとクリスチアーノ・ロナウドの後継者として名乗りを上げた。チャンピオンズリーグのラウンド・オブ16で、それぞれの所属クラブのパリ・サンジェルマンとボルシア・ドルトムントがバルセロナ、セビージャのスペイン勢を撃破する立役者となり、改めて怪物ぶ...
別窓で開く

激戦必至…“マンチェスター・ダービー”について知っておきたい7つのこと
 7日に行われるプレミアリーグ第27節では、マンチェスター・Cが本拠地『エティハド・スタジアム』にマンチェスター・Uを迎える。  現在、マンチェスター・Cはプレミアリーグで15連勝中。1月下旬にマンチェスター・Uから首位の座を奪い、トップを走り続けている。対するマンチェスター・Uは今節まで2位の座を...
別窓で開く

「プロと言えるのは13人だけ」「取り残されている」“戦力外”のビダルがバルサを痛烈批判!新天地はインテルか?
 リオネル・メッシの退団騒動で持ち切りのバルセロナだが、その裏で“戦力外”となった選手たちの新天地も決まり始めている。 まずクロアチア代表MFイバン・ラキティッチは、古巣セビージャへの復帰が確実となった。すでに合意に至っており、近日中に正式発表があると見られている。...
別窓で開く

ビダル、クーマン新体制を控えたバルサに苦言「DNAだけでは勝てない」
 バルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルは同クラブの新体制についてコメントを残している。31日にスペイン紙『マルカ』が報じた。 バルセロナは昨シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝でバイエルンに2−8の歴史的敗退を喫し、クラブの再建が必要な状況となっている。同クラブは新体制を率いるべく...
別窓で開く

フランクフルト、スポンサーの協力得て「Black Lives Matter」のロゴ入りユニ着用…SNSもモノクロに
 MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトは、10日に行われたDFBポカール準決勝バイエルン戦で、「Black Lives Matter」を胸に試合に臨んだ。同日、クラブ公式サイトでキャンペーンの詳細について紹介した。 アメリカで黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警察官に首を圧迫されて亡...
別窓で開く

バイエルンのスピードスター、19歳デイヴィスが2025年まで契約延長
 バイエルンは20日、カナダ代表MFアルフォンソ・デイヴィスとの契約を2025年まで延長したことを発表した。 2000年11月生まれで現在19歳の新星は2018年秋にカナダのバンクーバー・ホワイトキャップスからバイエルンに加入。2023年までとなっていた契約をさらに2年延長した。...
別窓で開く


<前へ1次へ>