本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「自分のために、家族のためにやろう」——阪神が泥沼から立ち直った主因は“発想の転換”を施したブルペン改革にあり
約4か月前、悪夢の幕開けから長く暗いトンネルを彷徨い続けた猛虎が、美しいまでの上昇曲線を描いてその「強さ」を取り戻した。 前半戦のラストゲームとなった7月24日の横浜DeNAベイスターズ戦。最終回を迎えて1-0とリードはわずか1点。それでも甲子園球場に同点、逆転を憂う空気は微塵も感じられなかった。...
別窓で開く

村上宗隆、“王貞治”超え史上最年少40本塁打なるか? 相性のいい?敵地”広島戦、記録達成へ追い風の予感
偉大な王貞治超えの記録に期待が膨らむ。 8月9日に行なわれる広島-ヤクルトで、今季39号を記録し本塁打ランキング首位を走る村上宗隆(ヤクルト)が相性抜群のマツダスタジアムにてアーチを描けるかどうか、ファンから熱視線が注がれている。...
別窓で開く

オリジナルクラフトビールも! 女性ファンも急増中、“夏のナイター”の楽しみ方
今、球場のグルメやイベントがどんどん進化して、女性ファンも増えているのだとか。ビールが美味しい夏のナイター観戦レポをご紹介します。詳しくなくても大丈夫! 広がる球場での楽しみ方。球場での観戦の魅力を語ってくれたのは、野球好きのおふたり。「球場は、気軽に非日常感を味わえるところ。...
別窓で開く

若宮和男さんは、女性向けのサービスに特化したITベンチャー「uni’que(ユニック)」の代表を務める起業家だ。大企業や中央省庁が主催するセミナーで、起業や新規事業、アートなどに関する講演をすることも多いが「だいたいいつも、キャップ姿、時にはTシャツに短パン。それには理由があるんです」という——。(...
別窓で開く

「嘘だろ…」村上宗隆、5打席連続アーチ!日本新記録に驚きの声「もうこの男は手が付けらない」
ヤクルト主砲の勢いが止まらない。 8月2日、本拠地で行なわれた中日戦に「4番・三塁」としてスタメン出場した村上宗隆(ヤクルト)が初回から2打席連続アーチを放ち、プロ野球新記録となる5打席連続本塁打の快挙を達成した。【動画】「もうこの男は手が付けらない」5打席連発とした村上の39号をチェック 7月31...
別窓で開く

7月、国土交通省が8月に開催する公務員向けのまちづくりに関するオンラインスクールについて、講師25人全員が男性だとしてSNSなどで批判が集まりました。2年前に「今後は登壇者のジェンダーバランスが取れていないイベントへの登壇はしない」と宣言して話題になった、起業家の若宮和男さんは「誰もが評価軸をアップ...
別窓で開く

「なんて怪物的シーズンなんだ」村上宗隆の“3打席連発”にMLB記者も「逆方向にこのパワーとは」と感銘!
“村上様”と呼ばれるのも、当然と言える活躍かもしれない。 7月31日、甲子園で行なわれた阪神戦に「4番・三塁」で先発出場した村上宗隆(ヤクルト)は、プロ初となる35号、36号ソロ、37号2ランの3打席連続本塁打を放ち、チームの逆転勝利の原動力となった。 まず一発目が飛び出した...
別窓で開く

村上宗隆が3打席連続弾を披露!“村神様”の異次元パフォーマンスに「勝負してはいけなかった」と反省の声も
燕の主砲が異彩を放った。 7月31日、敵地で行なわれた阪神戦に「4番・三塁」で先発出場した村上宗隆(ヤクルト)は、5打数3安打3本塁打4打点の大活躍。ヤクルトは4対2で逆転勝利を収めた。 まず一発目が飛び出したのは、0対2で迎えた7回の第3打席だ。相手2番手で登場した左腕・渡邉雄大の外角高めに入った...
別窓で開く

「令和初の三冠王」へ ヤクルト・村上に求められる「具体的条件」
話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は「令和初の三冠王」が期待される東京ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手にまつわるエピソードと、三冠達成に必要な“条件”を紹介する。...
別窓で開く

【データで見る「後半戦要注目選手】セ・リーグ編】虎ケラーの投球はサファテ級! 中日・京田の不振の原因は“不運”?<SLUGGER>
プロ野球は前半戦が終了。大記録が飛び交った2022年前半戦だが、期待を裏切ってしまった選手もいる。今回は後半戦の巻き返しが期待できるセ・リーグの3選手をピックアップした。●上茶谷大河(DeNA)10登板 50.2イニング 2勝6敗 防御率5.15 上茶谷は2勝6敗、防御率5.15で前半戦を終えた。...
別窓で開く


[ dena キング ] の関連キーワード

slugger セ・リーグ ヤクルト ケラー

<前へ123456789次へ>