本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ブロックチェーン技術を使って急速に拡大する暗号資産(仮想通貨)だが、中央集権型のデジタル化とは相容れないなど、多くの課題が見えてきた。この先、暗号資産(仮想通貨)に活路はあるのか。『決済インフラ入門【2025年版】』等の著書があり、金融行政にも詳しい宿輪純一氏が、暗号資産(仮想通貨)の課題と可能性に...
別窓で開く

最近よく聞く「メタバース」をわかりやすく解説! メタバースでこれからの社会はどう変わる?
■「メタバース」とは何か? 2021年10月、Facebook社は社名をメタ・プラットフォームズ(Meta)に変更しました。これは今後成長が見込まれるメタバースを事業の中核とすることを意図したものです。これによってメタバースという言葉がより注目されるようになりました。...
別窓で開く

急速に注目が集まっている一方で、まだ発展途上にある「メタバース」や「Web3.0(web3)」などの概念について理解している人は多くありません。VRとブロックチェーンの領域でビジネスを手がけてきた國光宏尚氏の著書『メタバースとWeb3』より一部抜粋・再構成して、これからの新しい組織の形と目されるDA...
別窓で開く

話題のNFTはどこで買える? 豊富なイラストで解説!NFTビジネス全体像
デジタルデータを資産に変えるものとして、2021年ごろから、にわかに注目されるようになったNFT。「Non-Fungible Token」の略で、非代替性トークンを意味する。多くの入門書が出ているが、本書「NFTビジネス見るだけノート」(宝島社)は、豊富なイラストでNFTビジネスの全体像をわかりやす...
別窓で開く

「Web3」の将来像は、まだ確立しているわけではない。投機的な期待感が先行する様子には眉をひそめる人も多い。マイクロソフトやグーグルでエンジニアとして活躍し、複数の企業で技術顧問を務める及川卓也氏が、前回の記事に引き続き、Web3で実際に何が期待できるのか、どのように広がっていく可能性があるのかを考...
別窓で開く

明大、イーサリアム売却が奏功! 買いのタイミング計る職業大、ビットコインに賭ける同志社大(第26節)【暗号通貨バトル Aグループ】
今週(2021年11月15日週)のビットコインは過去最高値を更新した後に急落。これを、明治大学の城正人さんは「下落は一つの調整局面としてうまく機能したように感じます」と冷静。それもそのはずで、乱高下したイーサリアムに影響されず、先週の売却が功を奏したからだ。激しい相場の動きに、今週は静観した。...
別窓で開く

メタバース銘柄高騰も影響なし イーサリアムの明大は微増、同志社大はビットコインを継続保有(第23節)【暗号通貨バトル Aグループ】
今週(2021年10月27日週)はメタバース系のディセントラランド(MANA)などに注目が集まり、資金流入が見られたが、ビットコインやイーサリアムはあまり大きな変動は見られなかった。明治大学の城正人さんは「フェーズが変わってきたのか、と少し警戒しています」という。イーサリアムの含み益でプラス。...
別窓で開く


<前へ1次へ>