本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアのウクライナ侵攻で日本の防衛力強化が叫ばれる中、沖縄の辺野古新基地を巡って国の“非人道的な計画”が問題化している。ノンフィクションライターの古木杜恵さんは「第二次大戦後77年を経た今も糸満市などから沖縄戦戦没者の遺骨が見つかる。国は遺骨収集を推進する責務があるにもかかわらず、戦没者の遺骨が眠る...
別窓で開く

台湾のミサイル、「北京を射程圏内」と立法院長、上海に届く巡航ミサイルも
台湾の游錫?・立法院長(国会議長)が「われわれには北京を射程圏に収めるミサイルがある」と明らかにした。台湾メディアが報じた。台湾には上海にも届く巡航ミサイルを配備する計画があるとされ、発言は軍事的圧力を強める中国をけん制する狙いがあるとみられる。台湾の自由時報や連合報によると、游立法院長は12日、台...
別窓で開く

中国3隻目の空母が進水間近 異常な軍事力増強に「すでに米軍以上」の声も
■異常なペースで海軍の力を増強 中国で民主化を訴える学生らが人民解放軍に虐殺された「天安門事件」から33年を迎えた6月4日、香港では追悼式に参加した6人が逮捕された。民主化への道がさらに遠のく一方、軍事力は目覚ましい発展を見せており、既に一部の分野では「米軍以上」との声もあるのだ。...
別窓で開く

“息切れした4泊5日”…米韓、日米首脳会談、何が違っていたのか=韓国報道
米国のジョー・バイデン米大統領が韓国と日本を順に訪問する4泊5日間の日程を終えた。バイデン大統領就任後初のアジア歴訪であり、韓国と日本の現政権が発足して以来、米国との初の対面首脳会談が開かれただけに、多くの関心が集まった。バイデン大統領の今回の歴訪日程を見れば、韓国と日本での行動が明確に区分される。...
別窓で開く

米メモリアル・デーに北朝鮮が武力挑発の可能性「高い」=米CSIS韓国部長
北朝鮮が今月末、米国のメモリアル・デー期間に武力挑発を行う可能性があるとの見通しが報じられた。米政府は、今月中に北朝鮮が核実験を行う可能性もあると警告してきた。ビクター・チャ米国戦略国際問題研究所(CSIS)韓国部長は23日(現地時間)、オンラインで行われたCSIS米韓首脳会談関連討論会で「われわれ...
別窓で開く

世界でたった2か国の「ワクチン未接種国」北朝鮮とエリトリア…「北朝鮮内のオミクロン株は一層危険だ」
国際保健専門家たちは、新型コロナウイルスによる感染者の発生事実を初めて認め「最大非常防疫体系」に突入した北朝鮮に対し、強い懸念を示した。新型コロナワクチンが全くないためである。12日(現地時間)米ワシントンポスト(WP)によると、北朝鮮はアフリカのエリトリアとともに世界でたった2か国の「新型コロナワ...
別窓で開く

<パキスタン政権交代>対中関係は一層緊密化か、米露の動きも急=国際情勢の新たな波乱要因に
パキスタンの政権交代を受け米国、中国、ロシアがそれぞれ、新政権との関係構築に向け動き出しており、国際情勢への影響が注目される。◆前首相の「米国陰謀」説には疑問4月上旬、パキスタン下院は野党勢力が提出したカーン首相に対する不信任決議案を可決し、同首相は失職。新首相には最大野党「パキスタン・イスラム教徒...
別窓で開く

<日中100人 生の声>コロナとともに生きる—林千野 日中交流団体役員
コロナ禍に揺れたこの1年半を振り返ると、新型コロナウイルスが私たちの日常生活にもたらした様々な変化を実感する。その最も大きな変化の一つは「移動の制限」だろう。グローバル化の進展とともに活発化した国を跨ぐ人的往来は、コロナ禍により激減、日本国内においても人々の行動に多くの制約が課されることとなった。...
別窓で開く

宇への大量供給で米「ジャベリン」物量が急減… 戦争遂行に今後支障の見方
米国がウクライナに大量の武器を支援している中、「ジャベリン」(対戦車ミサイル)など一部武器の米国内備蓄物量が急激に減少して懸念が生んでいるとニュースウィーク日本版が27日に伝えた。報道によると、米シンクタンク国際戦略問題研究所(CSIS)は今月中旬、公式Twitterを通じて「ウクライナに数千機のジ...
別窓で開く

露が戦車2年分、航空機1年分を失う 「数年は戦争できない」英紙
ロシアがウクライナ戦争で兵器をあまりにも多く失い、次の戦争を準備するには数年かかるという分析が出ている。英タイムズによると、米有力シンクタンクCSIS(戦略国際問題研究所)のマーク・カンシアン選任顧問は、ウクライナ軍が過去2ヶ月間に破壊したロシアの戦車と航空機がそれぞれ2年分と1年分の生産量に相当す...
別窓で開く


[ csis ] の関連キーワード

エリトリア ジャベリン パキスタン 北朝鮮

<前へ1234567次へ>