本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



亡き母と海に投げたメッセージボトル、24年の時を経て息子のもとに戻る(英)
イギリスに住むある男性は子供の頃、ビーチで母親と一緒にメッセージの入ったボトルを海に投げた。それから24年経った今年10月、Facebookを通じて彼のもとにそのメッセージボトルが返ってきたという。ボトルには彼が17歳の時にがんで亡くなった母親からのメッセージが残されていた。...
別窓で開く

なぜ人は気分が落ち込むのか。アリゾナ州立大学生命科学部のランドルフ・M・ネシー教授は「抑うつにも様々な役割があるという研究結果がある。例えば、相手に『自分は脅威ではない』というシグナルを送ることで、攻撃をかわすという効用がある」という??。※本稿は、ランドルフ・M・ネシー『なぜ心はこんなに脆いのか』...
別窓で開く

『万引き家族』『パラサイト』『ジョーカー』『天気の子』......「格差映画」多発現象から読み解く、現代社会の闇
テレビにラジオに執筆に、旺盛な発信を続ける映画評論家の町山智浩氏。彼の映画評をひと言で表現すると、作品を孤立させない批評、となろう。一本の作品を取り上げ、ほかの映画や文学作品との関係を教えてくれる。あるいは、それを生んだ社会との関係を。該博な知識に裏打ちされたその解説に、目から鱗(うろこ)の経験をし...
別窓で開く

『人と仕事』『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』有村架純と志尊淳が出会った“声なき仕事人”&ダニエル・クレイグが集大成を見せる!
【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1018回】(左)『人と仕事』/(右)『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。...
別窓で開く

「007」ダニエル・クレイグのボンド卒業作 これまでと明らかに違うことは?(伊藤さとり)
【伊藤さとり「シネマの出来事、シネマな人たち」】 現在、公開中の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、6代目ジェームズ・ボンドとなるダニエル・クレイグのボンド卒業作品としても話題を呼び、全国週末動員ランキング初登場第1位という大ヒットとなっています。...
別窓で開く

東京ミッドタウン日比谷で007気分を満喫!『007 /ノー・タイム・トゥ・ダイ 』 公開記念展示が期間限定開催中、5日まで!
007シリーズ最新作『007 /ノー・タイム・トゥ・ダイ 』 がいよいよ公開を迎えました。007シリーズ5作品、15年に渡ってジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグのボンドが最後ということで大きな話題にもなっていますが、その映画公開を記念して特別展示「ジェームズ・ボンドのスタイル」が開催中...
別窓で開く

『007』新ボンドガール、アナ・デ・アルマスの美しさに絶賛の声
幾度とない公開延期を乗り越えて、日本でもついに『007』シリーズの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が公開された。本作で新ボンドガールのCIA諜報員パロマを演じているのは、『ブレードランナー 2049』や『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』のアナ・デ・アルマス。彼女の美しさに世界から称...
別窓で開く

【映画コラム】ダニエル・クレイグ版ボンドシリーズの完結編『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
 コロナ禍で何度も公開が延期になった「007」シリーズ25作目の『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』が10月1日から公開された。監督は日系アメリカ人のキャリー・ジョージ・フクナガ。アメリカ人が監督をするのは「007」シリーズ初となり、日本的なシーンも登場する。...
別窓で開く

「女性はあらゆる意味で強く、最高にカッコいい」 『007』最新作、ラシャーナ・リンチ&アナ・デ・アルマスのインタビュー映像公開
ついに10月1日(金)に公開される、全世界待望の「007」シリーズの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。この度、未だヴェールに包まれた本作の特別映像が公開された。前作『007 スペクター』から実に6年の時を経て、公開される「007」シリーズ25作目。...
別窓で開く


[ cia ダニエル ] の関連キーワード

パラサイト クレイグ ダニエル 日比谷 さとり

<前へ1234次へ>