本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ここ数年、ゲリラ豪雨などの局地的な大雨や台風による大きな被害が多発している。高速道路も例外ではなく、土砂崩れや地すべりなどにより、通行止めや事故を招く事例が増えている。また、北国などを通る高速道路では、冬季になると大雪の影響で、通行止めや本線内での立ち往生といった事象も増えてくるだろう。これら災害な...
別窓で開く

最新ITの展示会であるCEATEC 2022が、10月18日から21日までの4日間、千葉市幕張の幕張メッセで開催される。過去2年間は完全オンライン開催で、幕張メッセで開催されるのは3年ぶりだ。10月1日〜31日の期間はオンライン展示ブースを開設しており、コンファレンスへのオンデマンド配信での参加が可...
別窓で開く

メタバース特集には約30の企業が参加 3年ぶり「リアル開催」CEATEC、目立った展示は?
IT(情報技術)見本市として知られる「CEATEC(シーテック)」が2022年10月18日に千葉・幕張メッセで開幕するのを前に、展示の一部が17日に報道陣に公開された。コロナ禍の影響で20、21年とオンライン開催が続き、対面での開催は3年ぶり。10月1日にはオンライン会場がオープンしており、初のハイ...
別窓で開く

モーターショーとCEATEC……今後の展開は?
「報道部畑中デスクの独り言」(第294回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、「東京モーターショー」と「CEATEC」について—近年の注目は最先端のつながる技術自動車の祭典である東京モーターショーと、IT技術とエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC(シーテック)」…...
別窓で開く

OKI、フルカラーのモノリシック型マイクロLEDを開発
− 独自の3D-EFB技術で実現へ − OKI(沖電気工業)は、独自のエピフィルムボンディング(Epi Film Bonding=EFB)技術を用いた3DマイクロLEDディスプレー技術を開発した。10月23日まで開催されたIT技術とエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC 2020 ONLINE」...
別窓で開く

中国で「卓球ロボット」が誕生! 「日本では7年前に開発されていたとは・・・」=中国報道
 ものづくりに強い日本はロボット分野でも世界に先駆けているが、中国メディアの新浪網は6日、中国が開発したという「卓球ロボット」について紹介する記事を掲載した。卓球強国の中国ではようやく今になって開発されたが、日本ではすでに7年前に開発されていたと驚きとともに紹介している。...
別窓で開く


<前へ1次へ>