本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



サル痘非常事態宣言のカリフォルニア 検査拡大にスタートアップ参画
サル痘の感染拡大を受け非常事態が宣言されたアメリカ。感染者は世界で最も多く1万人を超えています。西部カリフォルニア州では、保健当局と企業が連携し検査体制の強化の動きが進んでいます。記者「現在午前7時半です。サル痘のワクチン接種を希望する人たちが長い列を作っています」カリフォルニア州、サンフランシスコ...
別窓で開く

米CDC 新型コロナウイルス対策緩和「感染者との接触者の隔離はワクチン接種回数にかかわらず一律不要」
アメリカのCDC=疾病対策センターは、新型コロナウイルス対策の指針を改定し、これまで推奨してきた隔離や検査について緩和する内容を発表しました。CDCが11日に発表した新たな指針では、新型コロナのワクチン接種が必要との立場を示す一方、感染者と接触した人の隔離についてはワクチンの接種回数にかかわらず一律...
別窓で開く

サル痘拡大で非常事態宣言のアメリカ 感染者1万人超える
サル痘の感染拡大を受け、非常事態を宣言したアメリカで感染者が1万人を超えました。西部カリフォルニア州では、検査体制強化の動きが進んでいます。アメリカのCDC=疾病対策センターによりますと、アメリカのサル痘感染者は10日発表の時点で1万人を超えました。国内で2番目に感染者が多いカリフォルニア州では。記...
別窓で開く

米CDCがコロナ対策緩和、濃厚接触者の自主隔離を撤廃…「無症状者の検査は推奨しない」
 【ワシントン=冨山優介】米疾病対策センター(CDC)は11日、新型コロナウイルスに関する対策の指針を緩和した。濃厚接触者に求めていた自主隔離を撤廃し、学校での定期的な集団検査の推奨も取りやめる。新型コロナのリスクが低下したと判断し、市民の生活や経済活動の正常化を...
別窓で開く

米CDC、コロナ指針緩和=濃厚接触者の隔離不要に
 【ニューヨーク時事】米疾病対策センター(CDC)は11日、新型コロナウイルス対策の行動指針を緩和した。ワクチン接種の有無にかかわらず、濃厚接触者となった場合の自主隔離や、学校での定期的な感染検査を不要とした。 従来はワクチン未接種の濃厚接触者は、5日間の隔離が推奨されていた。...
別窓で開く

サル痘拡大のアメリカ 感染者1万人超える
サル痘の感染拡大が続き先週、公衆衛生の非常事態を宣言したアメリカで感染者が1万人を超えました。アメリカのCDC=疾病対策センターによりますと、アメリカ国内のサル痘の感染者は10日時点で1万392人となり、1万人を超えました。前日からは1391人増え、1日の増加数は過去最多です。...
別窓で開く

新型コロナが日本の「長寿神話」を打ち破る?—華字メディア
華字メディアの日本華僑報は9日、「新型コロナウイルスは日本の長寿神話を打ち破ったのか?」と題した論評記事を掲載した。著者は在日中国人弁護士の顔丹丹氏。記事は、「高齢化は常に日本のレッテルだが、日本が『長寿の国』として名実共にあることも証明している」とし、「国際共通の計算方式では、ある国・地域が総人口...
別窓で開く

新型コロナ対策、見直し急務=賛否割れる安倍氏国葬—政府・内閣改造
 内閣改造後の岸田政権が直面するのは、新型コロナウイルス感染の「第7波」対応や、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)をめぐる問題だ。9月27日に控える故安倍晋三元首相の国葬にも世論の反対が根強い。岸田文雄首相の説明不足を指摘する声も上がっており、対応を誤れば政権に打撃となる。 第7波では新規感染者数が...
別窓で開く

子どものコロナ後遺症「肺血栓・心筋炎」リスクが2倍に…米CDCが公表した報告書の中身
(子どもの後遺症はまだまだ分かっていないことも多い。「コロナはただの風邪」と過小評価は禁物(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ)〈コロナはただの風邪〉──。新型コロナウイルス第7波の感染拡大が続く中、こんな“陰謀論”がSNS上で勢いづいている。子どもの感染や後遺症リスクを考えれば、過小評価は禁物だ...
別窓で開く

「トップガン」大ヒットの裏で歴史的な兵員不足に直面する米軍 最大の原因は“ファーストフード”か
「トップガン マーヴェリック」の国内興行収入が大ヒットの目安とされる100億円を突破した。洋画では2019年以来3年ぶりとなる。世界各国でも大ヒットしており、興行収入は10億ドルを超えた。 トップガンは米軍のエリートパイロット養成校を舞台とするアクション映画だ。1986年に公開された前作同様、主役は...
別窓で開く


[ cdc ] の関連キーワード

カリフォルニア トップガン アメリカ