本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



飲酒運転で民家に突っ込み住宅4棟を破壊、ガス漏れも アルコール販売の業者を訴え裁判に
昨今、飲酒をしたら運転しないことは常識となりつつあるが、海外では、今でも飲酒運転をして大惨事を招いてしまう人がいるようだ。 カナダ・オンタリオ州の住宅で、女の運転する車が民家に突っ込み、ガス管を壊して爆発が発生し、隣接する住宅を損壊させた事故で、女がお酒を提供した食品サービス会社を訴えたことが分かっ...
別窓で開く

カナダグースが秋冬シーズン最後のポップアップを新宿伊勢丹で開催。日本人のスタイルに合わせた日本限定モデルがラインアップ
カナダグース ジャパンは、2023年1月18日より伊勢丹新宿店 本館1階 プロモーションにて、ポップアップストアをオープンします。1957 年カナダ・トロントで創業以来、主要商品であるダウンパーカをカナダ国内で生産することにこだわりを持ち、職人による高度で精密な裁断・縫製技術を60年間以上継承してき...
別窓で開く

日カナダ首脳会談が、今後の国際情勢において「重要な会談」である意味
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が1月13日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理とカナダ・トルドー首相との会談について解説した。...
別窓で開く

カナダグースのアイコニックなモデルが「HUMANATURE」の哲学に沿ったサステナブルな素材でアップデート
ラグジュアリーライフスタイルブランドであるカナダグースは、サステナビリティとカナダグースの価値観に基づくイニシアチブを統合し、「この地球を冷たく、住む人々を暖かくすること」を目的としたプラットフォーム「HUMANATURE」より新たなキャンペーンをスタートします。...
別窓で開く

30年ぶりの円安で海外へ出稼ぎに出る日本人が急増している。だが、高賃金を得られる一方で生活コストがかさむリスクもある。成功の鍵は何なのか? 今回はカナダの飲食店で月50万円ほど稼いでいる日本人男性のライトさんに話を聞いてきた。彼はどうやって今の収入を手に入れたのだろうか。その秘策に迫る。▼ライトさん...
別窓で開く

アメリカ国防総省のUFOタスクフォースとカナダ軍関係者が会合、UFOに対して足並みをそろえる?
今年初め、アメリカ国防総省は未確認航空現象(UAP)の報告を追跡調査するために、新しいオフィスである「全領域異常解決局(AARO)」を開設した。今年1年で既に多くの新たなUFO関連報告が入っているほか、UFOのアメリカ国内の軍事施設に対する脅威の懸念を表明して注目を集めている。...
別窓で開く

「日本のファンは気品を見せた」コスタリカに敗れた後もゴミ拾いする姿に海外メディア称賛「勝っても負けても、やるのだ」【2022総集編】
 今年も残すところあと5日となった。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、カタール・ワールドカップでコスタリカ戦に敗れた後、日本代表のサポーターがゴミ拾いをして世界から称賛された記事を再掲する。...
別窓で開く

カナダグースがアイコニックなモデルをリサイクル素材と新たなカラーパレットで再構築した新作コレクションを発表
ラグジュアリーライフスタイルブランドであるカナダグースは、カナダの風景を象徴する長い海岸線や湖の美しい景色にインスピレーションを受け、その要素をデザインやシルエットに落とし込み、リサイクル素材と組み合わせた新たなコレクション<Regeneration>を発表しました。...
別窓で開く

「日本のファンは凄い」海外メディア&ファンが日本サポーターの影響力に感服!「真の勝者だ」【W杯】
 現地時間12月1日に行なわれたカタール・ワールドカップのグループE最終戦、日本対スペインは2−1で日本が逆転勝利を収めた。森保ジャパンは初戦でドイツを破り、続くコスタリカ戦は敗れたが、スペインからも大金星を手にして、決勝トーナメントに駒を進めた。 スタンドで声援を送ったファンも大興奮。...
別窓で開く

カナダグースがReformationとのコラボを発表! スタイルと伝統を称えた特別なアウターウエアコレクションを発売
ラグジュアリーライフスタイルブランドであるカナダグースは、サステナブルファッションブランドであるReformationとの初のコラボレーションを発表しました。斬新なプリントと鮮やかなカラーリングで、カナダグースの優れた保温性と保護性能、そしてReformationのアイコニックなヴィンテージ風のスタ...
別窓で開く