本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



芥川賞「推し、燃ゆ」を玉城ティナが朗読。Audibleで配信です。
 あの話題作を耳で楽しむ。 第164回芥川賞受賞を受賞した宇佐見りんさんの『推し、燃ゆ』(河出書房新社)が、オーディオブックサービス「Audible」(オーディブル)で配信されることが発表された。朗読は女優の玉城ティナさんが担当する。写真は玉城ティナさんと『推し、燃ゆ』 『推し、燃ゆ』は、炎上したア...
別窓で開く

松嶋菜々子がハリポタ作者の名作を読み聞かせたら...「今まで出したことのないような声」
 ジャンルを問わず、さまざまな名作を音声で楽しめるAmazonのaudible(以下、オーディブル)。時々、「え!あの人が読んでるの?」と思うような大物俳優や声優、アナウンサーがナレーションを担当している。 あの『ハリーポッター』シリーズの作者、J.K. ローリングさんが書き下ろした童話『イッカボッ...
別窓で開く

Coinhive事件で最高裁が「無罪」の判決 ほか【中島由弘の「いま知っておくべき5つのニュース」2022/1/20〜1/27】
eHrach/Shutterstock.com 1. TikTok日本法人にステマの疑い、再発防止策を発表  動画アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営す...
別窓で開く

北条時政は、なぜ源頼朝と政子の結婚を許した?「鎌倉殿の13人」と読みたい本。
 今年(2022年)のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の時代考証を当初引き受けていたのは、本書『頼朝と義時』(講談社新書)の著者、呉座勇一さんである。ところが、昨年舌禍事件により、降板する事態になった。一時は刊行を断念したという本書は、日本史を変えた「鎌倉殿」と「執権」という二人の政治家の実像を伝...
別窓で開く

一流大卒のお嬢様も陥る「DWD病」。自己肯定感を持てない本当の理由とは?
 我慢して仕事・家事、やりたいことができない、心が休まらない、我慢しすぎて後悔、気遣いばかりで疲れる、体調を崩しがち、わかってもらえない、頑張りすぎる......「その我慢、やめられます!」。 心療内科医・鈴木裕介さんの『我慢して生きるほど人生は長くない』(アスコム)は、我慢しすぎて辛くなってしまっ...
別窓で開く

男が考えることは世界共通。海外の青年が必死にWi-Fiを探していた理由【つかれたときに読む海外旅日記 #8】
コロナ禍の今、なかなか海外旅行に出かけることはできません。そんな今だからこそ、五箇野人さんが実際に海外で経験した心温まるエピソードの数々で、ゆる〜く海外旅行の気分を楽しんでみてはいかがでしょうか?切り出し漫画は全15回でお届けします。...
別窓で開く

声優初挑戦の堀田真由「島﨑さん、榎木さんが両側にいてくださるのは、本当に頼もしかったです」 アニメーション映画『ブルーサーマル』アフレコ現場レポート
小沢かなさん原作(新潮社バンチコミック刊)のアニメーション映画『ブルーサーマル』が2022年3月4日(金)に全国公開されますが、絶賛制作中の昨年、ガジェット通信ではアフレコ見学を敢行!主人公・都留たまきを演じる声優初挑戦の堀田真由さん、人気声優の島﨑信長さん、榎木淳弥さんが掛け合いを行なうという贅沢...
別窓で開く

【リンネル】付録はムーミン祭り! BIGブランケットとスリッパ、どっちも使いたい!
1月19日に発売された「リンネル」(宝島社)の通常号と増刊号には、それぞれムーミン柄のブランケットとスリッパが特別付録に登場する。ムーミンと一緒におうち時間をぬくぬく楽しもう。??リンネル史上最大のムーミンBIGブランケットまず、「MOOMIN(ムーミン)ムーミン谷の仲間たちあったかBIGブランケッ...
別窓で開く

小栗旬 共演NGはほぼゼロ!超絶包容力を生んだ「嫌われてもいい」の境地
「NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第3回は16.2%、前回からも1.5%アップで、かなり好調です。主人公・北条義時を演じる小栗旬(39)は収録現場にはマスクにメッセージを書いて現れるそうで、あるときは『全部、大泉のせい』と書いていたそうです。...
別窓で開く

息子の誕生日を2年連続で間違えていた母親「罪悪感でいっぱいになった」(米)
このほどアメリカに住む4児の母親が“うっかりミス”を告白し、その内容が話題となっている。母親は自分の勘違いから息子の誕生日を2年間も違う日に祝っていたという。『New York Post』『FOX News』などが伝えている。...
別窓で開く


[ book ] の関連キーワード

coinhive ブルーサーマル 芥川賞 big 菜々子
最高裁