本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【コミカルで、ちょっと泣ける極上ミステリー】『名探偵モンク』キャストまとめ【あの人は今】
2009年にシーズン8で幕を閉じた『名探偵モンク』。数々の神経症を抱える名探偵が難事件解決に挑む一話完結のミステリードラマで、エミー賞・ゴールデン・グローブ賞をはじめとする数々のテレビ賞を受賞する名作ドラマです。今回は、メインキャストを中心に出演者の情報をまとめてみました!5分で分かる(かもしれない...
別窓で開く

ニューイヤー・ロックフェス第3弾出演アーティスト発表 the LOW—ATUSら登場
 2019年に死去したロック歌手内田裕也さんが主催し、今年50周年を迎える年越しライブ「ニューイヤー・ロックフェスティバル」(12月31日開催、東京ガーデンシアター)の第3弾出演アーティストが発表された。 「ロックによる恒久平和」を掲げて、裕也さんが1973年に立ち上げた同フェス。...
別窓で開く

“人喰い”の若者を描く純愛ホラー ルカ・グァダニーノ監督×ティモシー・シャラメ主演『ボーンズ アンド オール』2月公開[ホラー通信]
『君の名前で僕を呼んで』『サスペリア』(18)のルカ・グァダニーノ監督による最新作『ボーンズ アンド オール』(原題:『BONES AND ALL』)が2023年2月17日(金)より日本公開されることが決定した。本作は、“人喰い”の若者をめぐる純愛ホラー。...
別窓で開く

ティモシー・シャラメ主演の問題作『ボーンズ アンド オール』公開決定
ティモシー・シャラメが主演を務めるルカ・グァダニーノ監督最新作『ボーンズ アンド オール』(原題:『BONES AND ALL』)が、2023年2月17日(金) より日本公開されることが決定した。『ボーンズ アンド オール』は、17歳と24歳の青年の生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描き、アカデミー賞...
別窓で開く

『君の名前で僕を呼んで』ティモシー・シャラメ&ルカ・グァダニーノ監督が再タッグ 人喰いの若者描く問題作『ボーンズ アンド オール』公開決定
第79回ヴェネチア国際映画祭で監督賞と新人俳優賞のダブル受賞に輝いた、ティモシー・シャラメが主演を務めるルカ・グァダニーノ監督最新作『Bones and All(原題)』が、邦題を『ボーンズ アンド オール』として2023年2月17日より公開されることが決定した。...
別窓で開く

ティモシー・シャラメ主演、人喰いの若者たちを描いて賛否両論の問題作の公開が決定
今年の「第79回べネチア国際映画祭」で監督賞と新人俳優賞をW受賞した、ティモシー・シャラメ主演、ルカ・グァダニーノ監督最新作『ボーンズ アンド オール』(原題:BONES AND ALL)が、2023年2月17日より日本で公開されることが決定した。...
別窓で開く

エイリアンの手? 浜辺で見つかった奇妙な物体が物議を醸す(ブラジル)<動画あり>
これまでにも世界各地の浜辺で不思議な形をした謎の生物や物体が見つかっているが、このほどブラジルのビーチで発見された白骨化した手のような物体が物議を醸している。それは人間の手よりも大きく、まるで“エイリアンの手”のようにも見えた。『New York Post』『The Mirror』などが伝えた。...
別窓で開く

Superflyデビュー15周年を祝う一夜限りのワンマンライブ「Superfly 15th Anniversary Live “Get Back!!”」を開催! 3年ぶりの有観客ステージで彼女が示した、歌うことへの軽やかな決意
有明アリーナに集まった満員のオーディエンスの視線が一点に集まる。3年ぶりにSuperflyがステージに帰ってきたのだ。円形のセンターステージを客席がぐるりと囲む空間は、歌を届けることへの彼女の決意とこの日の特別感が現れているようだった。「一夜限りのスペシャルライブ」と銘打たれた今回のライブは、Sup...
別窓で開く

インディペンデント・スピリット賞、ノミネーションが発表
インディペンデント・スピリット賞のノミネーションが発表された。最多ノミネーションを受けたのは、ダニエル・クワンとダニエル・シャイナート監督の『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』。今年3月に北米公開され、スマッシュヒットとなった。評価も高く、オスカー候補入りも期待されている。...
別窓で開く

『Dr. House』のヒュー・ローリーが多才ぶりを発揮!アガサ・クリスティー原作『なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?』を映像化!
“ミステリーの女王”アガサ・クリスティーによる、1934年に発表された「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」。この小説を、『Dr.HOUSE/ドクター・ハウス』の主人公グレゴリー・ハウス役で有名なヒュー・ローリーが脚本・監督・出演の3役をこなし、映像化しました。...
別窓で開く