本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【モビリティ】経済効果は8.5億円?自動運転バスが実用化されている茨城県「境町」の挑戦
− 地域モビリティの収益構造に一石を投じた境町 −自動運転と聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか。AIを搭載したスタイリッシュな車両がさっそうと走り抜けていく、人とAIが対話をしながら安全かつスピーディに人を運んでくれる、そんなイメージを持つ人も多いでしょう。そうとらえると、自動運転なんてまだ...
別窓で開く

コスモスクエア〜舞洲で自動運転の実証実験 夢洲を経由 4月に体験運行も
人間の手を借りない自動運転レベルが目標です。ノウハウを結集して協働 大阪メトロは2022年2月15日(火)、関係9社との共同により、大阪市臨海部で自動運転モビリティの実証実験を行うと発表しました。 この自動運転の取り組みは、2025年に開催予定の大阪・関西万博に向け、会場輸送などでレベル4の自動運転...
別窓で開く

ここで乗れるぞ「自律運行バス」 国内初の定常運行開始 羽田イノベーションシティ
羽田空港エリアに新しくオープンした大規模複合施設で、国内初となる自律運行バスの定常運行が始まりました。実証実験の域を超え、施設来訪者であれば誰でも無料で乗れます。「先端産業の拠点」を象徴する存在 2020年9月18日(金)、羽田空港エリアの天空橋駅(京急/東京モノレール)に直結する大規模複合施設「羽...
別窓で開く


<前へ1次へ>