本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



—[道路交通ジャーナリスト清水草一]— ◆EVの命はバッテリーなり! 国際エネルギー機関の発表では、2021年のバッテリー電気自動車(BEV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)を合わせた世界のEV新車(乗用車)販売台数の合計は、前年比2.2倍の660万台でした。担当Kとしては、急速充電設備の普及...
別窓で開く

ホンダは2022年4月、ホンダと広州汽車の合弁会社である「広汽ホンダ」で生産する高級車ブランド「アキュラ(謳歌)」の生産・販売を2023年に停止すると発表した。2020年に撤退した欧米大手自動車メーカーのステランティス傘下の高級車ブランド、DSに続き、コロナ禍となって中国から撤退した高級車ブランドの...
別窓で開く

全長11.9m×全幅2.49m×全高3.79mの大型トラック。特別な届け出なしで日本の公道を走れるクルマとしては上限サイズである。その大きさを誇る最新の大型トラック、ボルボ「FH」に公道で試乗した。ボルボトラックは北欧スウェーデンに本拠地を構える商用車メーカーだ。今回試乗した大型トラックのほか、トレ...
別窓で開く

通算16代目となるトヨタ「クラウン」の新型が、7月15日に発表された。ボディが「クロスオーバー」「セダン」「スポーツ」「エステート」と4タイプもあり、最初に投入されるクロスオーバーは従来のクラウンと一線を画したスタイリング、横置きパワートレインの4WDなど、話題にあふれた1台になっている。ゆえに発表...
別窓で開く

■ホンダや日産の主戦場は軽自動車のEVか? 日本における日産自動車やホンダのEVの敵は、トヨタ自動車ではないのではないだろうか。4月12日にホンダがEVに8兆円を投資すると発表、翌月の5月20日、日産と三菱が軽EVを発表した。ホンダは軽とは限定していないものの、日本のEVの主戦場は軽自動車になりそう...
別窓で開く

イタリアンコンパクトBEVが日本に上陸した。500eは完全新世代。118psのモーターを積み、一充電当たりの走行距離は335km。お洒落な造形が最大の魅力だ。■新設計の新型500、細部まで入念さすがイタリア車の出来 イタリアンコンパクトカーの代表格、フィアット500が電気自動車(BEV)の500eに...
別窓で開く

日産のプレミアム電動SUV「アリア」リーフとの違いは?新時代の電気自動車を解説
− 日産アリアの特徴とは −欧州を中心に、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンで動く従来の内燃機関車の新車販売禁止の流れで、自動車の電動化が注目されています。自動車の電動化とは、電気を動力として使う自動車の事を表しており、内燃機関とモーターを使って走行するハイブリッド車(HEV)や、燃料電池内で水素...
別窓で開く

【コストコ】去年から鬼リピしてる「あると便利!思わず常備しちゃう食品」7選
コストコ歴の長い人から短い人まで注目している食品の中でも、とにかく便利&常備したい食品を7つ厳選してご紹介します。オンラインストアでも買えるので「コストコが近くにない」という方もぜひチェックしてくださいね。...
別窓で開く

近年普及が進むBEV(バッテリーEV)やHEV(ハイブリッド)など、いわゆる電動車向けの次世代駆動ユニットとして注目されている「eAxle(イーアクスル)」。大きな特徴は、走行用の駆動力を発生する「モーター」、電力を制御する「インバーター」、モーターの回転数を調節してタイヤ(ドライブシャフト)に伝達...
別窓で開く

死んだヘビを飲み込んだ若鳥、大きすぎて窒息寸前に(南ア)<動画あり>
南アフリカのクルーガー国立公園で、若鳥が死んだヘビを丸飲みしようとしたところもがき始めた。ヘビが大きすぎたためで若鳥は飲み込むことも吐き出すこともできず、ついには窒息したかのように横たわってしまった。『Latest Sightings』が伝えている。...
別窓で開く


[ bev ] の関連キーワード

アキュラ コストコ トヨタ ホンダ ボルボ