本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日野のEVトラックついに発売 普通免許OK 超低床 前輪駆動 宅配ユース徹底追及!
運転メチャ楽?宅配のニーズを徹底追及したEVトラック 日野自動車は2022年6月28日(火)、バッテリーEV(電気自動車)トラック「デュトロZ(ズィー) EV」を発売しました。 日野が宅配のニーズを徹底的に追及したモデルで、昨年4月の発表から1年2か月を経ての発売となりました。...
別窓で開く

日本で本格始動の韓国現代自動車、販売台数は振るわず=韓国ネット「日本はガラパゴスのまま」
2022年6月25日、韓国・イーデイリーは「IONIQ5、日本での販売は約10台…中長期を狙え」と題する記事を掲載した。韓国の現代(ヒュンダイ)自動車は5月から、日本で本格的に新型BEV(バッテリー電気自動車)「IONIQ5」とFCEV(燃料電池車)「NEXO」のネット販売を始めた。...
別窓で開く

リーフに続く日産の最新BEV、アリアの販売がスタートした。まずは5月に発売したB6(2WD)というベーシックモデルに試乗した。■車内の雰囲気は、先進性とリビングのような親しみやすさ 当初の予定よりも事情によりだいぶ遅れたようだが、ようやくアリアに乗ることができた。まずは、66kWhのバッテリーを搭載...
別窓で開く

2022年5月20日、日産から「サクラ」、三菱から「eKクロスEV」が発表された。それぞれ、日産「デイズ」、三菱「eKクロス」をベースとした、軽自動車BEV(電気自動車)だ。今回は、サクラ/eKクロスEV発売を受け、軽自動車BEVは普及するのかを次の4つの観点から分析していきたい。(1)車両本体価格...
別窓で開く

2022年、日本では数多くの電気自動車(BEV)が販売を開始している。交通コメンテーターの西村直人さんは、これまで乗用車、軽自動車、小型トラックと合わせて10種の電気自動車に試乗してきた。実際の乗り心地や使いやすさはどうなのか。西村さんが解説する——。■2022年はBEVの本格的な普及年になったトヨ...
別窓で開く

iX3は人気の高いX3のBEV。内外装はそのままに286psのモーターと総電力量80kWhのバッテリーを搭載。満充電の航続距離は508km。駆動方式はRWDだ。■BMW・iは次世代を担う核心的な存在へ BMWは2011年に電動車のサブブランドとしてBMW・iをローンチした。画期的なメガシティビークル...
別窓で開く

◆カーマニアの絶望と希望来るべきガソリン車の新車販売禁止に向けて、各自動車メーカーが続々とEV(電気自動車)を発売しているなかで、カーマニアは絶望していました。その理由の1つは、EVはどれを乗っても一緒と感じるから。排出ガス規制があるなかで、各メーカーがやりくりしていることは承知しておりますが、でも...
別窓で開く

【フィリピン・エキスポ2022】大盛況で、入場待ちの列500メートルに!
 2022年6月12日、上野恩賜公園特設会場・竹の台広場(噴水広場)で、フィリピン・エキスポ3日目(最終日)が開催中だ。昨年12月16日のビサヤ地方の台風被害復興支援などをテーマに、フィリピンのイメージアップを図り、日本との相互理解を深めることが目的。 入場時に、厚生労働省の「新型コロナウイルス接触...
別窓で開く

【フィリピン・エキスポ2022】上野公園、来場者にCOCOAアプリのインストールをお願い
 2022年6月12日10時から、上野恩賜公園特設会場・竹の台広場(噴水広場)で、フィリピン・エキスポ3日目(最終日)が始まる。昨年12月16日のビサヤ地方の台風被害復興支援などをテーマに、フィリピンのイメージアップを図り、日本との相互理解を深めることが目的。 入場時に、厚生労働省の「新型コロナウイ...
別窓で開く

ピース・綾部祐二、ビバリーヒルズでスタイリッシュな待ち合わせ 現れた人物にネット爆笑
お笑いコンビ・ピースの綾部祐二が11日にインスタグラムを更新。ビバリーヒルズで待ち合わせをする様子を動画で公開し、現れた意外な人物に「最高」「直美じゃなかったー笑笑」などの声が相次いだ。 綾部が「A great night in Beverly Hills.(ビバリーヒルズでの素晴らしい夜)」と投稿...
別窓で開く