本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



シーア初監督映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』サウンドトラックMV解禁
ステージでは素顔を見せない“顔なきポップスター”として、世界的注目を集めるシンガーソングライター・Sia(シーア)が初監督を務め、オリジナル楽曲でカラフルに彩る新体感ポップ・ミュージック・ムービー『ライフ・ウィズ・ミュージック』(2月25日公開)の“サウンドトラックMV(ミュージックビデオ)”が解禁...
別窓で開く

AV史上最大規模 無修正動画の中国サイト大量流出に業界が危機感——2021年BEST5
2021年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。国際部門の第3位は、こちら!(初公開日 2021年11月2日)。*  *  * 10月中旬頃から中国のサイトにアダルトビデオの無修正動画が大量流出し、不正に販売されていることが「週刊文春」の取材でわかった。...
別窓で開く

米津玄師が推薦!あいみょん、福山雅治、星野源らの「決定的瞬間」とらえた写真集
 米津玄師、星野源、あいみょんといったアーティストとのコラボレーション、大河ドラマ『麒麟がくる』のメインビジュアルなどを手掛けてきた写真家・映像監督の奥山由之さんの写真集『BEST BEFORE』が刊行された。提供:青幻舎 2010年のデビュー以来、数々の写真集や展覧会で精力的に作品を発表し続け、写...
別窓で開く

韓国歴史団体「米有力刊行物が《韓国は東南アジア》と紹介…」「モンゴルや明の属国だったも嘘…在外同胞は是正要請を」
韓国の歴史系有力市民団体であるバンク(VANK)は17日、米国の有名出版社が発行した刊行物における韓国の歴史への誤解が深刻であると明らかにした。  米国の有力出版社であるナショナルジオグラフィック社が出版した「目で見る世界の歴史:先史時代から現代まで人類物語」(2021年刊)の5...
別窓で開く

「なぜわからんのだ!」『スレイヤーズ』が原因で王族と?み合いの喧嘩に…アラブ世界で受容される“日本文化”の実情——2021年BEST5
2021年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。国際部門の第4位は、こちら!(初公開日 2021年6月25日)。*  *  * 日本のアニメ文化は海外で高く評価され、外国人が日本に興味を持つ一つのきっかけとなっている。その人気は欧米や中国のみならず、アラブ地域に...
別窓で開く

ベストオブミス2022千葉大会講師・藤元さやかの“ミスコンのススメ” 「参加者も周りもポジティブになれる影響がある大会」
「ミス・ユニバース・ジャパン」「ミス・ユニバーシティ」など世界的ミスコンテストの合同地方代表選考会「ベストオブミス(BEST OF MISS)」。その2022年度千葉大会が出場者を現在募集中だ。そのベストオブミス千葉で出場者を指導する公式講師で、2017ミスユニバースジャパンファイナリスト、2017...
別窓で開く

日本人女性は夫に尽くす? 韓国芸能界をにぎわす “日韓カップル” が生まれ続ける理由《イ・ジフンのお相手は14歳年下の元留学生》——2021年BEST5
2021年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。国際部門の第5位は、こちら!(初公開日 2021年7月10日)。*  *  *「コロナのパンデミックで日本との行き来もできないなか、お互いに対する固い信頼にもとづいて、少し前にまず婚姻届を出しました」 6月22日、...
別窓で開く

「今は犬1頭と猫1匹だけ…」借金3億を背負って「動物王国」を閉園したムツゴロウさん(86)が辿り着いた“北海道のログハウス生活”「今は自分が生きていくだけでやっとです」——2021年BEST5
2021年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。インタビュー部門の第1位は、こちら!(初公開日 2021年11月11日)。*  *  * 動物が登場する番組はテレビでもYouTubeでも鉄板の一大ジャンルだが、その元祖と言えば“ムツゴロウ”こと畑正憲さん(86)...
別窓で開く

ベストオブミス2021東京代表・西森由美子のウォーキング動画がTikTokで注目 完成されたボディメイクに賞賛が集まる
「ミス・ユニバース・ジャパン」「ミス・ユニバーシティ」など世界的ミスコンテストの合同地方代表選考会「ベストオブミス(BEST OF MISS)」の公式TikTokにて、『ベストオブミス2021東京大会』ファイナリスト22人の、大会当日の水着ウォーキング審査の動画が配信され、東京代表・西森由美子の動画...
別窓で開く

「セックス中に何度も吸うと意識が飛んで…」17歳で違法薬物“RUSH”にハマったワケと幼少期の「虐待とネグレクト」《元女子受刑者の告白》——2021年BEST5
2021年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。インタビュー部門の第2位は、こちら!(初公開日 2021年11月28日)。*  *  * 「好き放題を続けていたら受刑者になりました」 インターネット上でブログを書く「依存症子」こと、湯浅静香さん(42)は自身の体...
別窓で開く