本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



BaaS APIと金融グレードのセキュリティ みんなの銀行(2/3)
前回は、BaaS(Banking as a Service)で第三者にAPI(Application Programming Interface)を公開するということを、銀行窓口とみんなの銀行アプリの銀行機能提供の流れを比較しながらご紹介し、「認証」と「認可」の組み合わせについてもお話しました。...
別窓で開く

BaaS APIと金融グレードのセキュリティ みんなの銀行(1/3)
デジタルバンク「みんなの銀行」ではBaaS APIを準備中ですが、高度なセキュリティを求められる銀行を始めとする金融事業者では、APIを公開するにあたり、それ以外の事業者に比べてより高いレベルでAPI、OAuth(FAPI)の実装が求められます。...
別窓で開く

Cheerコードでクリエイターを応援!「みんなの銀行 ピクシブ支店」誕生の背景って?
国内初のデジタルバンク「みんなの銀行」のパートナー支店第1号として、2021年9月30日にスタートとした「みんなの銀行ピクシブ支店」について、マーケティンググループの竹田がお話します。※この記事はオウンドメディア『みんなの銀行 公式note』からの転載です。...
別窓で開く

全米各州の一番リッチなセレブって誰? 「ジェフ・ベゾスが見当たらないぞ」「マイケル・ジョーダンを忘れてるよ」
ビジュアライズ(可視化)されたデータをInstagramに投稿している「statspanda」というアカウントが、「全米各州の一番リッチなセレブ」と題したマップを公開しています。https://www.instagram.com/p/CVTZ9tEhKil/このマップは、10月14日にアメリカの金融...
別窓で開く

これまでの銀行選びといえば、給与口座として使う生活費用のメインバンク、資産形成用のサブバンクの2〜3行を使い分けるのが主流だった。しかし今では、まるでアプリを試すかのように、カジュアルに銀行を選ぶことができるようになった。というのも、まるで無関係の企業が銀行サービスを始めているからだ。おまけに、利息...
別窓で開く

BaaS(Banking as a Service)を実現するシステムの話|みんなの銀行
なぜ日本では“BaaS(Banking as a Service)”を提供している銀行が少ないのか。国内初のデジタルバンク「みんなの銀行」の、勘定系システム開発と運用を担うゼロバンク・デザインファクトリーでバックエンドのエンジニアリーダーを務める髙杉健吾さんに、BaaS実現にあたって重要となる「シス...
別窓で開く

銀行の最先端チャレンジ BaaS(Banking as a Service)とは?|みんなの銀行
国内ではまだあまり聞き馴染みのない“BaaS(Banking as a Service)”というビジネスモデルについて、デジタルバンク「みんなの銀行」でBaaS事業を推進する担当者が、その背景とともにざっくりご紹介します。※この記事はオウンドメディア『みんなの銀行 公式note』からの転載です。...
別窓で開く

日本初の「デジタルバンク」として Google Cloud に勘定系を構築。Cloud Spanner で銀行基幹システムで求められる可用性を実現
※この記事は「Google Cloud」公式ブログに掲載されたGoogle Cloud Japan Teamによるインタビュー(顧客事例)を、許諾を得て転載しています。...
別窓で開く

頭取?社長?CEO? 銀行トップの対外呼称が決まるまで|みんなの銀行「社内総選挙」前夜(前編)
——サービス提供開始を目前に控えた2021年5月の中旬、デジタルバンク「みんなの銀行」の取締役会において「代表取締役の対外呼称」についてのディスカッションが行われました。ここでは役員陣の実際の意見をもとに構成したストーリーに、一部脚色を施して公開します。※この記事はオウンドメディア『みんなの銀行 公...
別窓で開く

韓国・新韓銀行の日本法人、日本の金融会社にクラウドバンキングシステムを供給
新韓(シンハン)銀行の日本現地銀行であるSBJの子会社であるSBJDNXが、日本のデジタル専門銀行にクラウドバンキングシステムを提供する。1日、新韓銀行によると、SBJは日本の金融会社である東京きらぼしフィナンシャルグループが設立を準備しているデジタル専門銀行にクラウドバンキングシステムを提供する契...
別窓で開く


<前へ1次へ>