本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「活躍が続けばチェルシーが公式に動き出す」英席巻の三笘薫、ビッグクラブの争奪戦を地元メディアが予測!「見ていて楽しい選手だ」
 ブライトンの三笘薫は先週末のボーンマス戦で劇的な決勝点を叩き出し、英公共放送『BBC』が選出する「第22節のベスト11」に選出された。 トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドのOBであるガース・クルックス氏は選考にあたり、「この日本代表選手は、1970年代に若き日のピーター・ウォードが現われて以...
別窓で開く

米国に撃墜された中国のスパイ気球、米専門家の見立てとは 中国人民解放軍と中国共産党との間に対米外交で対立?
米メディアは大騒ぎ、諜報機関は極めて冷静 3日間にわたって米国(特に米メディアと反中国議員たち)を騒然とさせた中国の偵察気球は2月4日午後(米東部時間)、南部サウスカロライナ州沖合の大西洋上で米軍の最新鋭ステルス戦闘機「F-22」搭載の空対空ミサイル「サイドワインダー」によって撃ち落とされた。 中国...
別窓で開く

三笘薫のゴール期待値を凌駕する得点力はプレミア10傑入り!英専門メディアも注目する“凄まじい現状”「慰留する方法があるのか」
カタール・ワールドカップ後のリーグ再開以降、ブライトンの三笘薫の勢いが止まらない。 以前は持ち前の突破力とパス能力によるチャンスメイクが印象的だったものの、今ではフィニッシュにも積極的に絡み、多くの貴重なゴールを挙げ続けた結果、2月4日時点でプレミアリーグでは通算5得点に到達。...
別窓で開く

槙野智章氏 「唯一この選手だけは…」とサッカーの常識を覆す身体能力を持った選手を実名で明かす
 サッカーの元日本代表DF槙野智章氏(35)が元サッカー日本代表の内田篤人氏のDAZN冠番組「内田篤人のFOOTBALL TIME」にゲスト出演。DAZNの公式YouTubeチャンネルで公開された未公開トークで、槙野の常識を覆す身体能力を持った現役選手について明かす場面があった。 トークテーマは「今...
別窓で開く

目的は違えど“振れる”。野球バットがフライパンのハンドルとして生まれ変わりました
プロ野球選手が使用する木製のベースボールバット。職人たちの手によりミリ単位で微調整を繰り返しながら製造されており、素材である木材にも厳しい目で仕分けされています。削った時に木の節(ふし)が現れてしまうと、その節からバットが折れるおそれがあるため、そうした木材は不適合材としてバットに使用されることはあ...
別窓で開く

次の古橋や旗手は? “スコットランドのクラブがチェックすべきJリーグの5選手”を地元メディアが紹介!「昨季最大の驚き」「川崎の中盤の要」「足技に優れた守護神」と評されたのは?
 セルティックがアンジェ・ポステコグルー監督を招聘し、Jリーグをよく知る指揮官が引き抜いた古橋亨梧が活躍して以降、スコットランドサッカー界には日本人選手が増えている。 昨季途中には前田大然、旗手怜央、井手口陽介が古橋の後を追った。セルティックはこの冬も小林友希と岩田智輝を獲得し、日本人選手を6人とし...
別窓で開く

TWICEのモモが“新インスタの女王”に! 躍進の背景に東南アジアのファンの影響力
(TWICE (C)ロイター/The Sport Seoul/Sipa) 韓国発のガールズグループTWICEのモモ(26)が3日、日本人でインスタグラムフォロワー数第1位となって話題だ。TWICEは昨年5月にメンバー個人のアカウントを開設。1年経たずして長年インスタの女王に君臨していた渡辺直美(35...
別窓で開く

ネッツ渡邊雄太に再び逆境?フィニー・スミス加入でポジション争いが激化し、米メディアは厳しい予想<DUNKSHOOT>
現地時間2月5日、ブルックリン・ネッツとダラス・マーベリックスの間で電撃トレードが合意。この取引によりネッツは、自身の放出を要求していたカイリー・アービングと、ベテランのマーキーフ・モリスをマブズへ送ることとなった。 代わりにチームへ加入するのが、スペンサー・ディンウィディーとドリアン・フィニー・ス...
別窓で開く

Netflixシリーズ『舞妓さんちのまかないさん』W主演の出口夏希、『ZIP!』レポーターの間瀬遥花が所属する「インセント」が新人を募集【2023年のホープに続け!特別オーディション】
深夜ドラマや歴史ある特撮シリーズ、映画主演、恋愛リアリティ番組、話題の2.5次元作品への抜擢など、次世代を担う「ネクストブレイク」が続々と頭角を現している。そんななか2023年さらなる飛躍が期待される次世代タレント・役者・モデルが所属する芸能プロダクションの新人募集特集「2023年のホープに続け!特...
別窓で開く

キリオスとチチパスがまたも関係悪化。「関係を壊したのはキリオスだ」「みじめな言葉だな」と“舌戦”を展開<SMASH>
以前はツアー大会でダブルスを組むなど親交が深かった男子テニスのニック・キリオス(オーストラリア/世界ランク20位)とステファノス・チチパス(ギリシャ/同3位)。ところが、両者の関係性は昨年7月のウインブルドン3回戦を皮切りに悪化。現在も雪解けには至っていない。そんな彼らが再びテニスファンをざわつかせ...
別窓で開く