本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「プロパガンダに利用されかねない」ウインブルドン主催者が“ロシア排除”を決めた真意を明かす!「代替案などひとつもない」
現地時間4月26日、テニス4大大会・ウインブルドン(全英オープン)を主催するオールイングランド・クラブのイアン・ヒューイット会長が記者会見に臨み、ロシア軍のウクライナ侵攻を受けて、ロシアおよびベラルーシ出身選手の大会出場を禁じた決定に関して、その具体的な理由を明かした。英『Sky Sports』が伝...
別窓で開く

「狂気の沙汰だ!」ウインブルドンの“ロシア排除決定”に露側から痛烈批判が続出!「賞金とポイントを補償せよ」
現地時間4月20日、テニス4大大会のひとつであるウインブルドン(全英オープン)の主催者が公式声明を発表。ロシア軍によるウクライナ侵攻が深刻化するなか、同大会からロシアおよびベラルーシの国籍を持つ選手たちを除外すると明かしたのだ。...
別窓で開く

「公平ではない」女子テニス協会会長がロシアとベラルーシ選手のツアー出場を容認か「選手たちは罪のない犠牲者」<SMASH>
事態が悪化の一途をたどっているロシアのウクライナ侵攻を受け、スポーツ界ではロシアおよび同国の軍事攻撃を支援するベラルーシに対して制裁を課す動きが加速している。 そんななか、WTA(女子テニス協会)の会長を務めるスティーブ・サイモン氏が、英公共放送『BBC』のインタビューに応じ、ロシアとベラルーシの選...
別窓で開く

国旗を削除したロシアのテニス王者に「ただでは済まない」と国内で非難殺到! それでも本人は「平和を願いたい」
ウクライナへの侵攻が始まって以来、ロシア、そして彼らを支援するベラルーシをスポーツ界から“追放”する動きは、強まっている。 パラリンピックの開幕が間近に迫っていた先月28日にIOC(国際オリンピック委員会)は、両国の選手と関係者を国際大会から除外するように各競技連盟に勧告。...
別窓で開く

テニス統括団体がロシアとベラルーシへの制裁を決定。団体戦出場を禁止、モスクワのツアー大会は中止に<SMASH>
IOC(国際オリンピック委員会)がロシア人の競技者を国際大会から除外するように通告するなど、ロシアによるウクライナ侵攻はスポーツ界にも大きな影響を及ぼしている。それを受けてテニス界でも、ロシアおよびそれを支援するベラルーシに対して各統括団体が制裁措置を課すことを決めた。...
別窓で開く

西岡良仁が初めてモスクワへ。1回戦はマクドナルドと。【10月18日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
10月18日からの週は、男女とも2大会ずつ開催される。 日本人男子では、西岡良仁がロシアのモスクワで開催の「クレムリン・カップ」に初出場。1回戦でマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)と対戦予定だ。両者は2019年に2度対戦しており、いずれも西岡が勝っている。この大会の第1シードはアンドレイ・ルブレ...
別窓で開く


<前へ1次へ>