本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウインブルドンでランキングポイントは付与されず! 選手からは“エキジビジョンマッチ”との批判も「本気なのか?」<SMASH>
今年6月末に開催されるテニスの四大大会「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/芝/グランドスラム)での「ロシアとベラルーシ選手の除外」に対し、ATP(男子プロテニス協会)とWTA(女子テニス協会)は、ともに「公平性を保つための措置」として、出場する選手にランキングポイントを付...
別窓で開く

アルカラスによる“革命”か、ジョコビッチやナダルの“ルネサンス”か。混沌とした男子テニス界を徹底分析【全仏OP展望】
いったいこの数年間で、何度、“世代交代”の言葉が叫ばれてきただろうか?【動画】マドリードを制したアルカラスのナダル、ジョコビッチ戦をプレーバック ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)にアンディ・マリー(イギリス)の「...
別窓で開く

愛弟子アルカラスの四大大会初優勝なるか?「答えはイエスだ」と語るフェレーロが挙げた鍵<SMASH>
先週の男子テニスツアー「マドリード・オープン」で大会史上最年少での優勝を飾るとともに、早くも今季4勝目を挙げた19歳のカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク6位)。すでに多くのレジェンドからグランドスラム初優勝にも大きな期待を寄せられているが、本人も「今シーズンのうちに四大大会を制覇したい」と大...
別窓で開く

ジョコビッチに数々の栄冠をもたらした元コーチが激白。関係解消理由は「数を減らしたいと望んだ」<SMASH>
男子テニス現世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)の元コーチで、今年3月初旬に同選手との関係を解消したマリアン・バイダ氏が、米テニス専門メディア『Tennis Majors』のインタビューに応じ、互いに別々の道を歩んだ理由を明かした。...
別窓で開く

元世界5位のアンダーソンが現役引退を表明。「浮き沈みもあったが、何事にも変えられないもの」<SMASH>
男子テニス元世界ランク5位のケビン・アンダーソン(南アフリカ/現107位)が日本時間5月3日に自身のSNSを更新し、現役引退を表明した。 現在35歳のアンダーソンは203センチの長身を生かした強烈なサービスとストロークで数々の強敵を打ち破り、ATPツアーでは計7つのタイトルを獲得。...
別窓で開く

テニス界の超新星アルカラスが家族やチームとの関係を明かす「僕は車を買う許可を得るのに両親と戦っている」<SMASH>
今年3月の「マイアミ・オープン」で四大大会に次ぐマスターズ1000初優勝を飾り、前週の「バルセロナ・オープン」でもタイトルを獲得。今季だけでもツアー3勝を挙げているのが、18歳のカルロス・アルカラス(スペイン/世界ランク9位)だ。 4月25日に発表された最新の世界ランキングでは自身初のトップ10入り...
別窓で開く

ジョコビッチ初戦敗退をコーチが分析!「ワクチン未接種で大会出場が不透明になり心を揺さぶられている」<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「モンテカルロ・マスターズ」(4月10日〜17日/モナコ・モンテカルロ/クレーコート/ATP1000)で、初戦敗退を喫した世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。今年5月に35歳を迎える彼は「身体を気遣うため」という理由で新型コロナウイルスのワクチン未接種を貫い...
別窓で開く

フリッツが痛みを乗り越え、今季無敗のナダルを破り母国でマスターズ初優勝!「子どもの頃からの夢のひとつ」<SMASH>
男子テニスツアー「BNPパリバ・オープン」(3月10日〜20日/アメリカ・インディアンウェルズ/ハードコート/ATP1000)は現地3月20日に決勝を実施。第20シードのテイラー・フリッツ(アメリカ/世界ランク20位)が第4シードのラファエル・ナダル(スペイン/同4位)を6−3、7−6(5)のストレ...
別窓で開く

小柄な西岡良仁がツアーで活躍できるカギは、フットワーク、ゲーム性、対応力【山中夏雄コーチ】<SMASH>
錦織圭のアメリカ留学をサポートした盛田正明テニスファンド(MMTF)のコーチとして、アメリカのIMGアカデミーに常駐し、日本のジュニアたちの成長を支えている山中夏雄氏。このコラムでは日本のトッププロたちが、いかにして成長してきたのか、日米テニス界の違いなどを教えてもらう。...
別窓で開く

試練のシーズンを送るジョコビッチが15年間師事したコーチと関係解消「彼がしてくれたこと全てに感謝している」<SMASH>
男子テニス世界ランク2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、長く自身のコーチを務めてきたマリアン・バイダ氏との契約を解消したことが明らかになった。 2006年から約15年にわたってバイダ氏の指導を受けてきたジョコビッチ。右ヒジのケガに苦しんだ17年シーズンに2人は一時的に解散したものの、翌18年に...
別窓で開く