本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



シンシナティ大会にはアルカラス、チチパス、新鋭ルネなどシングルストップ選手がダブルスにも出場!<SMASH>
男子テニスツアー「ウェスタン&サザン・オープン」(8月14日〜21日/アメリカ・シンシナティ/ハードコート/ATP1000)では、ダブルスのドローも発表され、シングルストップ選手たちの多くが参戦することが判明した。 自国開催の大会では、その国のシングルストップ選手がダブルスにも登場することはよくある...
別窓で開く

170cmの西岡良仁が190cmのハードヒッターを次々と撃破。ATP500準優勝の裏にあった「腹筋の強化」と戦略の変更
 予期せぬ成功の起点には挫折や落胆がある、というのはよく聞く話である。 米国ワシントンDC開催のシティ・オープンで準優勝した西岡良仁の場合も、そうだった。 シティ・オープンは「ATP500」と呼ばれるツアー大会のカテゴリーに属し、これはグランドスラム、そしてマスターズ1000に次ぐ格付け。...
別窓で開く

西岡良仁が第1シードのルブレフを破り2年半ぶりのツアー決勝へ!「攻撃的になることを心掛けた」<SMASH>
男子テニスツアー「シティ・オープン」(8月1日〜7日/アメリカ・ワシントンDC/ハードコート/ATP500)は現地8月6日にシングルス準決勝が行なわれ、ここまで快進撃を続けてきた世界ランク96位の西岡良仁が登場。第1シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア/8位)を6−3、6−4のストレートで下し、同大...
別窓で開く

西岡良仁が前週大会の優勝&準優勝者を破ってシティOPベスト16入り!「裏優勝は僕」とジョークも<SMASH>
男子テニスツアー「シティ・オープン」(8月1日〜7日/アメリカ・ワシントンDC/ハードコート/ATP500)は現地8月3日にシングルス2回戦が行なわれ、世界ランク96位の西岡良仁が登場。第11シードのアレックス・デミノー(オーストラリア/21位)を3−6、7−6(6)、6−2の逆転で下し、同大会3年...
別窓で開く

錦織圭、大坂なおみらが東京五輪2回戦へ、内山靖崇はアトランタでペールと!【7月26日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
7月26日からの週は、男子のツアーが2大会と、24日から引き続き東京オリンピックが開催されている。 東京オリンピックでは、日本人選手は錦織圭、マクラクラン勉、大坂なおみ、土居美咲の4名が1回戦を突破し、2回戦は下記の組み合わせとなる。...
別窓で開く

「世界の誰にだって勝てる」キリオスの才能を同郷のレジェンドが称賛。ただし精神面での課題も指摘<SMASH>
1987年のウインブルドンを制し、キャリアハイのランク4位を記録したレジェンド選手パット・キャッシュ氏は、自身と同じオーストラリア出身のニック・キリオス(58位)について「世界の誰にでも勝てる選手」と太鼓判を押している。 先のウインブルドンで約5か月ぶりの公式戦を戦ったキリオスは、実戦不足と芝での調...
別窓で開く


<前へ1次へ>