本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



シンシナティ大会にはアルカラス、チチパス、新鋭ルネなどシングルストップ選手がダブルスにも出場!<SMASH>
男子テニスツアー「ウェスタン&サザン・オープン」(8月14日〜21日/アメリカ:シンシナティ/ハードコート/ATP1000)では、ダブルスのドローも発表され、シングルストップ選手たちの多くが参戦することが判明した。 自国開催の大会では、その国のシングルストップ選手がダブルスにも登場することはよくある...
別窓で開く

大坂なおみはシンシナティ1回戦でジャン・シューアイと対戦【8月14日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
8月14日からの週は、男女とも「ウェスタン&サザン・オープン」が開催される。 日本人男子選手は、ダニエル太郎が予選に出場したが、初戦敗退となり、他に出場選手はいない。この大会の第1シードはダニール・メドベージェフ(ロシア)、第2シードはラファエル・ナダル(スペイン)となっている。...
別窓で開く

170cmの西岡良仁が190cmのハードヒッターを次々と撃破。ATP500準優勝の裏にあった「腹筋の強化」と戦略の変更
 予期せぬ成功の起点には挫折や落胆がある、というのはよく聞く話である。 米国ワシントンDC開催のシティ・オープンで準優勝した西岡良仁の場合も、そうだった。 シティ・オープンは「ATP500」と呼ばれるツアー大会のカテゴリーに属し、これはグランドスラム、そしてマスターズ1000に次ぐ格付け。...
別窓で開く

前週準Vの西岡はペールと、大坂はカネピとナショナル・バンクOPで対戦【8月8日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
8月8日からの週は、男女とも「ナショナル・バンク・オープン」が開催される。 日本人男子選手は、前週の「シティ・オープン」で準優勝の西岡良仁が出場。1回戦は予選を勝ち上がったブノワ・ペール(フランス)と対戦予定だ。両者は2018年にドバイで対戦したことがあり、その時はペールが制した。一方、ダニエル太郎...
別窓で開く

「引退するまで戦い続けたい」快進撃を続けた西岡良仁がキリオスに敗れ2度目のツアー優勝を逃す<SMASH>
男子テニスツアー「シティ・オープン」(8月1日〜7日/アメリカ・ワシントンDC/ハードコート/ATP500)は現地8月7日にシングルス決勝が行なわれ、ここまで快進撃を続けてきた世界ランク96位の西岡良仁が登場。同63位のニック・キリオス(オーストラリア)に4−6、3−6のストレートで敗れ、ATP50...
別窓で開く

西岡良仁が第1シードのルブレフを破り2年半ぶりのツアー決勝へ!「攻撃的になることを心掛けた」<SMASH>
男子テニスツアー「シティ・オープン」(8月1日〜7日/アメリカ・ワシントンDC/ハードコート/ATP500)は現地8月6日にシングルス準決勝が行なわれ、ここまで快進撃を続けてきた世界ランク96位の西岡良仁が登場。第1シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア/8位)を6−3、6−4のストレートで下し、同大...
別窓で開く

西岡良仁が前週大会の優勝&準優勝者を破ってシティOPベスト16入り!「裏優勝は僕」とジョークも<SMASH>
男子テニスツアー「シティ・オープン」(8月1日〜7日/アメリカ・ワシントンDC/ハードコート/ATP500)は現地8月3日にシングルス2回戦が行なわれ、世界ランク96位の西岡良仁が登場。第11シードのアレックス・デミノー(オーストラリア/21位)を3−6、7−6(6)、6−2の逆転で下し、同大会3年...
別窓で開く

大坂なおみが約2か月ぶりの大会出場!男子は西岡、ダニエル、綿貫、内田が出場【8月1日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
8月1日からの週は、男女とも2大会ずつ開催される。 日本人男子選手は、西岡良仁が「シティー・オープン」の本戦ストレートインし、ダニエル太郎と綿貫陽介は予選から戦い本戦入りした。1回戦で西岡はジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)、ダニエルはジェフリー・ジョン・ウルフ(アメリカ)、綿貫はカイル・エドム...
別窓で開く

元王者マリーのウクライナへの賞金全額寄付に感銘を受け、ワシントンの大会も「正式に寄付をすること」を発表<SMASH>
ロシアの軍事侵攻で苦しむウクライナの人々を何とか助けたいという想いを胸に、かねてから同国を支援する意志を強く示してきた男子テニス元世界王者のアンディ・マリー(イギリス/現50位/35歳)。今年3月にはウクライナの子どもたちへ向けて、今季出場するツアー大会で獲得した賞金を全額寄付すると表明していた。...
別窓で開く

テニス界の“ビッグ3”を世界4位のチチパスが称賛!「彼らがいたからこそ、僕たちのレベルアップにつながった」<SMASH>
男子テニス世界ランク4位のステファノス・チチパス(ギリシャ)がテニス系海外メディア『Go Tennis』のインタビューに登場。自身のキャリアに影響を与えている「ビッグ3」(フェデラー、ナダル、ジョコビッチ)の存在の大きさについて語った。 ATPツアーで10度のシングルスタイトルを獲得している23歳の...
別窓で開く