本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



西部陸海新通路 地域諸国に発展のチャンスを—中国外交部
外交部の毛寧報道官は30日の定例記者会見で、西部陸海新通路の越境協力について、「西部陸海新通路はこれまでに、世界113の国と地域の335の港とつながっている。この開放協力、共同発展の絆は今後も中国と地域諸国により多くの発展のチャンスをもたらすだろう」と述べました。...
別窓で開く

現役会社員が説く「働く女性の不安」に寄り添うビジネス書登場
主婦の友社は9月28日、小学館社員であり、日本テレビ系列『それって? 実際どうなの課』で「できる女」として話題の下河辺さやこさんによる書籍『男尊社会を生きていく昇進不安な女子たちへ』を出版しました。同書は、現役会社員の著者が働く女性のリアルをあぶりだし、実体験に基づく仕事哲学を鋭く、ときにユーモラス...
別窓で開く

輸出企業の市場見通しが顕著に改善—中国
中国国際貿易促進委員会は29日、第3四半期の対外貿易情勢調査研究報告書を発表しました。それによりますと、中国の輸出企業の市場見通しには顕著な改善が見られ、東南アジア諸国連合(ASEAN)、欧州連合(EU)、米国が第3四半期の主な新規受注先となっています。...
別窓で開く

インド・モディ首相が安倍元総理に感謝する「クアッド」の枠組み
日本経済新聞コメンテーターの秋田浩之が9月29日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。安倍元総理の国葬儀を機会とした弔問外交について解説した。2018年10月29日、日・インド首脳会談〜出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/98_a...
別窓で開く

<日中国交正常化50年>経済相互依存急拡大=東シナ海共同開発など連携と軍拡抑制を目指せ
1972年9月29日に日中両国が国交を正常化して50年になる。半世紀前、中国は戦後賠償を放棄し、日本は中国の経済成長を支援した。以来日中経済関係は急激に拡大。中国は日本にとって最大の貿易相手国となり、両国を行き来する人はコロナ前には年間1000万人を超えた。日中両国は激動の時代を迎えているが、経済的...
別窓で開く

「私たちがここ東京にいることは重要だ」 安倍氏国葬「弔問外交」を積極活用した国は
2022年9月27日に行われた安倍晋三首相の国葬は「弔問外交」の舞台にもなった。岸田文雄首相は前後の3日間で、外国の要人約40人と会談。ただ、1回あたりの時間は15分にとどまり、踏み込んだ会話ができたかは議論が分かれそうだ。ただ、日本が直接は関わらない「弔問外交」も活発に行われた。...
別窓で開く

中国の電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)が、同社にとって初の完成車の海外工場をタイに建設する。BYDの現地法人が9月8日、タイ最大の工業・物流系デベロッパーであるWHAグループと工場用地の購入などに関わる契約を結んだ。WHAグループが開発・運営するタイの工業団地には、中国の上海汽車集団や長城汽...
別窓で開く

「安倍元総理提唱の『開かれたインド太平洋』。世界史に名前が残る」第2次安倍政権・外交安全保障を支えたキーマンが語る
第2次安倍政権で、内閣官房副長官補、国家安全保障局次長を務めた、同志社大学特別客員教授の兼原信克が9月26日(月)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。安倍元総理の外交・安全保障の功績について語った。...
別窓で開く

「安倍元総理が私たちに残したもの」国葬を前に兼原信克氏が語る
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が9月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。安倍元総理の功績について解説した。安倍晋三元首相インタビュー=2010年10月4日 写真提供:産経新聞社安倍元総理が残した日本の外交・安全保障9月27日、東京・日本武道館で安倍...
別窓で開く

■過去30年間、成長を遂げてきたのが一転9月15日夕、貨物大手フェデックスは6〜8月期の決算速報を発表した。6〜8月期にかけて貨物取扱数量は減少し、同社の一株利益は予想を下回った。先行きに関して経営陣は、世界全体でコストカットを強化する企業は増え、世界の貨物輸送需要がさらに減少するとの懸念を表明した...
別窓で開く


[ asean ] の関連キーワード

クアッド 東シナ海 太平洋 インド