本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



新型旅客機「777X」のデビュー&「797」は…? ボーイング幹部が語る“未来予想” 日本は独特な市場?
日本近郊だけやけに「デカい飛行機」が多いのは理由があります。北東アジアは「ワイドボディ」の需要が高い傾向 新型コロナウイルス感染拡大により受けた大きな打撃から、徐々に復調の兆しを見せている航空業界。その現状について、アメリカの航空機メーカー、ボーイング社の同社の民間航空機部門 マーケティング担当副社...
別窓で開く

いよいよ解禁! タイ旅行でマニア垂涎の飛行機カフェを楽しもう
 2022年6月、タイと日本がそれぞれの入国制限を大幅に緩和し、ほぼ以前通りに行き来ができるようになってきた。タイ好きの間では、すでにエアチケットの手配を始めている人も少なくないようだ。そこで、今タイ人に注目されている観光スポットとして、飛行機に乗れるカフェを紹介しよう。 飛行機カフェとひと言でいっ...
別窓で開く

単通路機の革命児 エアバスA321XLRは敵なしか 航空会社熱望の性能 かつての名機と共通点
エアバスが開発を進める小ぶりな単通路でも長距離を飛べる旅客機「A321XLR」。実はボーイングが初めて実用化させたジェット旅客機「707」との共通点があります。そこから、A321XLRの可能性を見ていきます。2023年就航を目指す エアバスが現代では珍しいコンセプトの単通路旅客機「A321XLR」の...
別窓で開く

暴力団員が航空機に持ち込んだ手榴弾が爆発? “空の安全対策”が問われた「タイ航空機爆発事件」を解説
 今回紹介する、ゆっくり亭さんが投稿した『【機内で手榴弾が】タイ航空機爆発事件【ゆっくり解説】』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、1986年に発生したタイ航空機爆発事件について解説していきます。...
別窓で開く

高度3600メートルで航空機が空中分解……! 乗員乗客346名全員死亡「トルコ航空DC-10パリ墜落事故」はなぜ起きたのか?
 今回紹介する、ゆっくりするところさんが投稿した『【ゆっくり解説】高度3600mで突然ドアが開き、大空に座席ごと放り出された人々…『トルコ航空DC-10空中分解』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、1974年3月3日にフランスで発生した、トルコ航空981便のマクドネル・ダグラス DC-10...
別窓で開く

「サメ肌」まとったボーイング777出現へ どんなメリットが? ルフトハンザカーゴ貨物機
「サメ肌」激薄なのに効果はばつぐんだ!空気抵抗を減らし燃費向上 エコにも ドイツのルフトハンザカーゴで運航されているボーイング777F貨物機全10機の機体表面に、2022年から、サメの皮の微細構造を模倣した表面フィルム「AeroSHARK」を搭載します。...
別窓で開く

霞んでゆく新型旅客機「ボーイング797」計画 なぜ開発断念濃厚? その概要や経緯
ボーイングが新たに開発を予定していた「NMA」、いわゆる「ボーイング797」が計画を中止する流れが濃厚です。この「NMA」、どのような飛行機で、そしてどういった原因で計画中止になりつつあるのでしょうか。220席から270席程度 小回りもきく「ボーイング797」 アメリカの航空機メーカー、ボーイングの...
別窓で開く


<前へ1次へ>