本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



王毅外交部長、タイ外相との会談で得られた共通認識を紹介
王毅国務委員兼外交部長は現地時間5日、タイ首都のバンコクで同国のドーン・ポラマットウィナイ副首相兼外相と会談し、会談終了後には共同記者会見に臨みました。王外交部長は、「今年は両国の全面的な戦略協力パートナー関係樹立10周年だ。両国関係は安定した発展を遂げ、将来の展望は開けている。...
別窓で開く

林氏、ロシア発言時の対応焦点=G20外相会合
 林芳正外相は5日の記者会見で、7〜8両日にインドネシアのバリ島で開かれる20カ国・地域(G20)外相会合に出席すると発表した。最近の国際会議ではロシアが発言する際、ウクライナ侵攻への反発から西側諸国の退席が相次ぐ。今回はラブロフ外相が出席する見通しで、林氏がどう対応するかが一つの焦点となる。...
別窓で開く

【北京IPO】電線・ケーブルの浙江晨光電纜が28日に公募開始、4667万株を発行予定
 北京証券取引所への上場を目指している、浙江晨光電纜(834639/北京)が6月28日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。4667万株を発行予定で、公募価格は4.3元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は1984年に設立した浙江省平湖電線廠を前身として2000年に設立された民営企...
別窓で開く

米中首脳会談、7月にもリモートで開催=対中制裁関税引き下げへ—米、中国の対露姿勢を評価
米中関係筋によると、バイデン政権は中国製品に課す制裁関税を引き下げる方針である。物価の大幅上昇に米国民の不満が高まっていることも背景にある。トランプ前政権が課した制裁関税を引き下げれば、米中対立の緩和や世界経済の発展にも寄与すると期待されている。バイデン大統領は習近平中国国家主席との首脳会談をリモー...
別窓で開く

全世界の今年の燃料補助金が約100兆円に…脱炭素に逆行=韓国報道
世界各国が生活物価安定のために支出する燃料補助金(燃料油価格激変緩和補助金)が今年、8300億ドルになるという観測が出た。これは化石燃料の使用を誘導して炭素の排出量を増やすもので、脱炭素政策に逆行するという指摘が伴う。今月11日(現地時間)の日本経済新聞によると、カナダのシンクタンク「国際持続的発展...
別窓で開く

FTAAPの全面的かつ高水準な発展の実現に努める=商務部
商務部の高峰報道官は26日、「中国は引き続き全面的で高水準なアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の実現に取り組み、デジタル経済、グリーン経済などの分野で活動計画を立て、FTAAPの発展を推進する新たな指導的文書の制定に積極的に参与する」と表明しました。...
別窓で開く

米バイデン政権、対中制裁関税引き下げへ=米中対立、緩和に向かう?—5月末にも米中首脳会談か
米政府関係筋によると、バイデン政権は中国製品に課す制裁関税を引き下げる方針である。物価の大幅上昇に米国民の不満が高まっているためで、バイデン大統領はアジア訪問から帰国後に決断する。トランプ前政権が課した制裁関税を引き下げれば、米中対立の緩和や世界経済の発展にも寄与すると期待されている。...
別窓で開く

APEC貿易相会合が開催 中国はさらに開放していく=商務部
アジア太平洋経済協力会議(APEC)第28回貿易相会合が21日と22日、タイの首都バンコクで開催され、APEC の21の経済体の貿易相や代表、商工業界の代表、世界貿易機関(WTO)など国際組織の責任者が出席しました。商務部の王文涛部長は発言の際、「中国は世界や地域経済の安定した成長に持続的に推進力を...
別窓で開く

米国は、大統領も外交・安保首脳部も「日韓に注力」=韓国報道
ジョー・バイデン米政権の発足後、米国はアジアの核心同盟国である日本・韓国との外交・安保協力に、かなり力を注いでいる。バイデン大統領は今月の20〜24日に、韓国と日本をつづけて訪問する予定である。就任後ヨーロッパを3回訪問したバイデン大統領がアジアを訪問するのは、今回が初めてである。...
別窓で開く

岸田首相の東南アジア・欧州歴訪、真の狙いは「ロシア−ウクライナ問題」ではなかった—香港誌
香港メディアの亜洲週刊はこのほど、岸田文雄首相の4月29日から5月6日までの東南アジアと欧州の5カ国歴訪の旅を評する毛峰東京支局長の署名入り記事を発表した。以下は、その要約だ。■岸田首相は「ロシアーウクライナ」問題より、もっと“身近な危機”を重視岸田首相は6日、インドネシア、ベトナム、タイ、イタリア...
別窓で開く


[ apec ] の関連キーワード

ウクライナ ftaap 東南アジア ロシア ipo

<前へ1234567次へ>