本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「本当にほっとする」21歳のオジェ-アリアシムが9度目の正直で掴んだツアー初優勝を回顧<SMASH>
男子テニス世界ランク9位のフェリックス・オジェ-アリアシムが、現地7月30日にYoutubeで公開されたATP(男子プロテニス協会)のインタビュー動画に登場。今年2月のABN AMROワールドテニス(オランダ・ロッテルダム/ハードコート/ATP500)で悲願のツアー初優勝を飾った当時の心境を振り返っ...
別窓で開く

“9度目の正直”達成のオジェ-アリアシムへ。フェデラーから「よくやったよ!」と祝福メッセージ<SMASH>
2019年2月の「リオ・オープン」から実に8度にわたりツアー決勝に進出するも、あと一歩及ばずタイトルの逃し続けてきたフェリックス・オジェ-アリアシム(カナダ/世界9位)。決勝までは伸び伸びとプレーするものの、最後の最後で敗れてきたために「シルバーコレクター」と呼ばれていた。...
別窓で開く

21歳のオジェ-アリアシムが9度目のツアー決勝へ。今度こそ初優勝なるか「やり遂げられる自信はあるよ」<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「ABN AMROワールドテニス」(2月7日〜13日/オランダ・ロッテルダム/インドアハードコート/ATP500)では現地2月12日にシングルス準決勝を実施。第3シードのフェリックス・オジェ-アリアシム(カナダ/世界ランク9位)が同大会のディフェンディングチャンピオンであ...
別窓で開く

名手ツォンガがビッグ4との激闘のキャリアを回想。「人生最高の試合」は誰もが衝撃を受けたナダル戦!<SMASH>
男子テニス元世界ランク5位のジョー‐ウィルフリード・ツォンガ(フランス/現247位)が欧米メディア『Eurosport Tennis』のインタビューに登場。そのなかで男子テニス界の一時代を築いた「ビッグ4」(ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・マリー)について回...
別窓で開く

世界137位でツアー2戦目の新星が12位のシャポバロフから金星「もちろん興奮しているよ」と語るレヘチュカとはどんな選手?<SMASH>
男子テニス界にまた1人、新星が現れた。現在開催中の「ABN AMROワールドテニス」(2月7日〜13日/オランダ・ロッテルダム/インドアハードコート/ATP500)、現地8日に行なわれたシングルス1回戦で、世界ランク137位のイジ・レヘチュカ(チェコ/20歳)が同12位のデニス・シャポバロフ(カナダ...
別窓で開く

引退を示唆したデルポトロに、復活途上のマリーがメッセージ「信じられないほど大変なことだっただろう」<SMASH>
男子テニスツアー「ABN AMROワールドテニス」(2月7日〜14日/オランダ:ロッテルダム/インドアハード/ATP500)にワイルドカード(主催者推薦)で出場する元世界王者のアンディ・マリー(イギリス/現102位)が大会開幕前の記者会見に出席。...
別窓で開く

西岡良仁がダラス本戦、綿貫陽介は予選突破となるか【2月7日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
2月7日からの週は、男子が3大会、女子が1大会開催される。 日本人男子選手はアメリカで開催の「ダラス・オープン」に出場。直近のチャレンジャー2大会で優勝と準優勝に輝いた西岡良仁は本戦ストレートインし、1回戦はミッチェル・クルーガー(アメリカ)と初対戦の予定だ。内山靖崇、綿貫陽介、添田豪は予選から戦っ...
別窓で開く

元王者マリーがクレーシーズン全大会をスキップする決断「クレーでプレーしていたら事態が悪化」<SMASH>
2月7日から開催される男子テニスツアー「ABN AMROワールドテニス」(2月7日〜14日/オランダ:ロッテルダム/インドアハード/ATP500)に出場する元世界王者のアンディ・マリー(イギリス/現102位)が大会開幕前の記者会見に出席。今年5月の全仏オープン(5月22日〜6月5日/フランス・パリ/...
別窓で開く

男子は錦織/マクラクラン、女子は青山/柴原が五輪ダブルスの代表権獲得。錦織の単複出場は12年のロンドン大会以来<SMASH>
公益財団法人日本テニス協会(以下:JTA)は6月29日、東京オリンピックの男子ダブルスにマクラクラン勉(イカイ)と錦織圭(日清食品)が、女子ダブルスには青山修子(近藤乳業)と柴原瑛菜(橋本総業)のペアが、出場圏内に入ったことを発表した。 シングルスですでに出場権を獲得している錦織は、2012年のロン...
別窓で開く

錦織圭が準々決勝で敗退。“らしさ”は存分に見せるも実力者チョリッチを崩せず〈SMASH〉
現地3月5日、男子テニスツアー「ABN AMRO ワールドテニス」(3月1日〜7日/オランダ:ロッテルダム/インドアハード/ATP500)のシングルス準々決勝が行なわれ、世界ランク45位の錦織圭が同26位のボルナ・チョリッチ(クロアチア)と対戦。6−7(2)、6−7(4)で2時間1分に及ぶ試合に敗れ...
別窓で開く


<前へ12次へ>